Sponsored Link

地球外生命体の可能性が確率大とNASAが公言する天体とは?

人類の宇宙探査の最先端を進むアメリカ航空宇宙局(NASA)
このNASAの良識ある研究者が、驚くべき発言をしたのがコレ↓

「10年以内に(太陽系内に)地球外生命体を発見できそうだ。」

これって、地球以外に生命がいるって確信があるって事?!
NASAが地球外生命体発見を本気で行っているなら、
信憑性が高いとも言えます。
果たして、太陽系に我々以外の生命はいるのでしょうか?
いるとしたら、その星はどこなのでしょうか?



NASAが衝撃発言をした理由

「(近々)地球外生命体を発見できる。」と公言したのは、
2015年11月、世界的講演会「TED」に登壇した、
NASAの惑星科学ディレクター、ジェイムズ・グリーン氏。

何故、グリーン氏がこんな発言をしたのか?

それは、NASAは本気で地球外生命探査ミッションに取り組んでおり、
近年、このミッションの成果が見えて来て、
太陽系内には、生命誕生に必要な3つの要素(液体の水・熱エネルギー・有機物)
この要素を備えた天体がいくつか存在していることを発見し、
さらに、本腰を入れそれらの天体に探査の目を向けていくという事。

この探査が成功すれば、人類史上初めてのエイリアンと出会えるかも?
と大きな期待を寄せていて、それが少しづつ確信に変わりつつあるとの事で、
このような発言が飛び出したということのようです。

Sponsored Link


生命誕生に必要な3つの要素を持つ天体とは?

NASAが、地球外生命探査ミッションで、生命存在出来るかも知れない?!
と候補に挙げた天体は4つ。

  • 火星(第4惑星)
  • エウロパ(木星の衛星)
  • タイタン(土星の衛星)
  • エンケラドス(土星の衛星)
です。

以下、これらの天体がどんな星なのか?
について、簡単に解説します。

地球外生命体存在の可能性、第一候補「火星」

火星は、地球の公転軌道の外側を公転する、お隣りの惑星で、
赤く見える惑星としても有名です。


「画像参照:ウィキペディア

大きさは地球の約半分。

惑星のサイズは地球より小さいですが、太陽系の惑星の中で、
地球に最も近い環境を持っている惑星です。

地球に最も近い環境で、最大の要素は大気。
非常に微量ですが、大気が存在し(大気圧6~10HPa)
(ちなみに、地球の大気圧は平均1,000HPa前後)

その成分は、二酸化炭素95%、窒素3%、アルゴン1.6%で、
他に微量の酸素や水蒸気なども含まれています。

このように、火星には微量ながら大気が存在することから、
古くから、生命が存在しているのでは?
と期待が寄せられてきている天体ではあります。

地球外生命体存在の可能性、第二候補「エウロパ」

エウロパは、木星の衛星でガリレオ衛星第2衛星としても有名。

この天体は、表面を厚い氷で覆われており(約3キロ以上?)
そのため、地表温度はマイナス200度にも達する超極寒の世界。
地表にはどこにも、生命が存在出来る場所などありません。

しかし、その厚い氷の下には、地熱で温められた液体の水(海)が、存在すると考えられており、
もしかしたら、その海に生命が存在する可能性があると考えられています。


「画像参照:AstroArts

地球外生命体存在の可能性、第三候補「タイタン」

タイタンは土星の衛星で、厚い大気を持つことでも知られています。


「画像参照:ウィキペディア

タイタンに生命が存在する可能性があるとされる理由は、その厚い大気。
大気成分は、ほとんどが窒素で、さらにメタンも含まれています。

また、タイタンには地球以外で、湖や川が流れていることも確認されており、
その湖や川の成分は水ではなく、メタンが主成分ではないか?と考えられています。

但し、タイタンもまたマイナス200度近い超極寒世界。
常識的に、そのような環境では、生命の存在は無いものと考えられますが、
地下には、液体の水が存在する可能性もあり、そこに生命がいるかも知れない?!
という考えもあります。

地球外生命体存在の可能性、第四候補「エンケラドス」

エンケラドスもまた、土星の衛星。

直径は約500キロほどの、氷で覆われた小さな天体です。

しかし、NASAの地球外生命探査で最もアツいのが、このエンケラドス。

何故、小さな氷の天体に生命存在の可能性が高いのか?

それは、エンケラドスもまた、厚い氷の下に液体の水が存在すると考えられており、
その証拠に、エンケラドスの地表から、間欠泉(氷成分)が噴出しているのが確認され、
間欠泉を噴き出すには、地下に熱源があるということを示唆しており、
これにより、液体の水が存在する可能性が非常に高いということが考えられています。


「画像参照:エンケラドスから噴き出す間欠泉(ウィキペディア)

NASAが発言した「10年以内に地球外生命を発見!」というのは、
おそらく、このエンケラドスの事で、
エンケラドスから噴き出す間欠泉を採取して調べれば、
生命の痕跡が得られると期待しているからだと思われます。

地球外生命体が発見された場合はどんな生物?

NASAが「地球外生命体を発見出来るだろう。」と発言した件で、
実際にそれが発見された場合は、いったいどんな生物なのでしょうか?

それは、我々人類のような知的生命体で、
火星人?、木星人?それとも土星人なのか?

残念ながらそれはあり得ないでしょう。

太陽系内では、知的生命体は人類だけだとNASAも考えています。

ここでご紹介した生命体が存在する可能性がある天体は、
生命誕生に必要な3つの要素を持つとは言っても、
いづれも過酷な環境であることは間違いないでしょう。

そのため、もしそれらの天体に生命がいたとしても
原始的生命体ではないか?と想像されるとの事。

それでも、地球以外に生命がいるということが証明できれば、
地球だけが特別な存在ではないということになり、
今後の生命探査に、より一層、期待が持てることになるのではないでしょうか。

Sponsored Link

One Response to “地球外生命体の可能性が確率大とNASAが公言する天体とは?”

  1. 主任 より:

    うーむ、さすがに10年以内は言いすぎな気はしますが…
    ジュノーは木製軌道に到達するまで5年かかったので、今後5年以内に新たな探査機を送る計画でもあるのでしょうか…?

    地球の深海ですらまるで探査が行き届いていないのに、ましてやエウロパなど…と思ってしまいますが何か秘策でもあるのでしょうかね

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ