Sponsored Link

本格的な地球外生命体探査の可能性を木星衛星エウロパに向ける理由

太陽系内に地球以外で生命体は存在し、その可能性はあるのでしょうか?
そんな疑問とロマン追及のため、人類は今後、本格的な地球外生命体の探査に乗り出す計画を立てています。

そんな生命体の存在を期待させてくれるのが、木星のガリレオ衛星のひとつ「エウロパ」
この星の地下深くには液体の海が広がりその中に生命が存在するかも知れないというのです。



木星は太陽から8億キロ近くも離れた遠い位置にあり、太陽からの光や熱が届きにくい場所にあります。
そんな木星の衛星であるエウロパもまた極寒の世界。
平均温度はマイナス170度と言いますから、地球の自然界では考えられない強烈な寒さです。

常識的に考えてみれば生物はマイナス170度の世界では生きられません。
しかし、そこはエウロパの表面での温度であり、その内部については別の話。

エウロパに生命がいるかもしれないその理由

以前から知られていましたが、エウロパの地表は厚い氷に覆われていてその氷の下には、木星の強い重力による潮汐力による摩擦で、エウロパの内部が熱せられ、その熱で氷が溶けて内部に海が広がっていると予想されています。

しかし、海があるからといって、それだけではそこに生命がいるとは想像することは出来ません。
生命が存在するかも知れないという理由は、氷の成分に酸素が含まれているからであって、その氷が解ければ地球の海のような状態になっていることも考えられるからです。

エウロパ内部は、マイナス170度といった極寒の世界ではなく、少なくとも酸素を含んだ液体水が存在する可能性があるワケで、理論的にはそこに生物がいてもおかしくないと考えらています。


「画像参照:ウィキペディア」

エウロパに生命がいるとしたらどんな生物?

地下に海が広がると考えられているエウロパ。
もちろん海の上は厚い氷に覆われていますので、まったく光の届かない世界だということが想像出来ます。

そんな世界にもし生物がいるとしたら、どのような生物でしょうか?

まず考えられるのは、非常に原始的な生物で微生物か細菌類など。
それより大きな生物だと、目の退化した(そもそも目など無い)深海魚のような水生動物、甲殻類なども考えられます。

また、液体の海があるとしてもかなり低温ということが考えられますので、代謝率の高い大型の生物生存の可能性は低いと考えられます。

Sponsored Link


本格的なエウロパ生物探査計画とは?

現在まだ計画段階なので、どんな方法でエウロパの厚い氷の下を調査するか?については確定しておらず、いくつか案は出ていて、そのひとつが動画サイトで公開されています。

「動画参照:YouTube (プライバシー ポリシー)

無人探査機をエウロパの地表に着地させるのも至難の業ですが、そこから氷を溶かしながら地下に潜っていく技術は相当難しいモノがあると言います。

現在計画を練り、どのようにエウロパの海を探るかは探査機の開発を進めているそうですが、この地球外生命探査は2020年代後半から2030年代前半までには実行に移すと言いますので、もし成功しエウロパに生命を発見出来れば、当然ながら親類史上初の大発見です。

果たして、地球以外に生命が居るのか?居ないのか?
それがハッキリする日はそんなに遠くない未来のようです。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ