Sponsored Link

地球外知的生命体存在の証拠?赤色矮星からの謎の信号の正体

地球外生命体探査で今、一番アツいのが赤色矮星です。

宇宙に数多く存在する赤色矮星のひとつが今注目されています。

それは、赤色矮星の方角から地球外知的生命体が発信して来ているのでは?と思われる謎で不自然な信号が受信された事。

果たして、それは本当に地球外知的生命体からのモノなのでしょうか?
それとも、やっぱり何かの間違いなのか?
少し気になるところではあります。

不思議な電波を観測!その正体は?

冒頭で、地球外生命体探査でアツいのは赤色矮星と述べましたが、正確に言うと、赤色矮星が従える惑星や衛星に、地球外生命体が存在する可能性があるのでは?ということで、今、赤色矮星に多くの観測の目が向いていることは確かです。

そんな赤色矮星を観測している中で、プエルトリコのアレシボ天文台が、地球から約11光年離れた赤色矮星「Ross128」の方角から、自然現象で届く電波とは違った”不自然な電波”が観測されたと発表があり、天文ファンを中心に話題になっているようです。

ちなみに、アレシボ天文台はくぼ地を利用した直径305メートルの球面反射面が設置された世界最大級の電波望遠鏡。


「画像参照:アレシボ天文台の外観(Wikipediaより)」

1963年に建設されて以降、太陽系外惑星の発見や中性子星の発見など、様々な宇宙観測に貢献して来ています。

そんなアレシボ天文台の電波望遠鏡が受信した、不自然な信号とはどういうモノなのか?

それは約10分間で周期的に脈動する電波を捉えた事。

つまり、一定の間隔で電波が発信されたということは人工的な交信なのかも知れないという事で、もしかしたら「Ross128」の惑星系の1つに人類と同等、もしくはそれ以上の科学文明を持つ知的生命体が居て、彼らから地球に向けて発信された電波ではないか?という可能性が浮上して来たということらしいのです。

電波発信源のRoss128とは?

Ross128は、地球からおとめ座方向に約11光年離れた場所にある赤色矮星です。

11光年と比較的近い場所にある星ですが、大きさは太陽の5分の1ほどで、質量も6分の1。
明るさに至っては太陽の0.035倍しかないため、肉眼はおろか、市販の天体望遠鏡でも観測が難しい暗い天体です。


「画像参照:大きさ比較「太陽(左)Ross128(右)(Wikipediaより)」

最近の観測で暗く温度の低い赤色矮星には、いくつもの地球型惑星系が発見されていますが、Ross128については現在のところそのような惑星系は発見されておらず、さらにこの恒星は爆発型変光星であることも確認されています。

爆発型変光星は活動が活発で、頻繁にフレアも起きて増光が激しく電磁波も吹き荒れ、もし地球型の惑星が存在しても生命が育まれる可能性は低いと考えられています。

Ross128がこのような恒星の性質から、科学者たちは人工的な交信である可能性を否定。

またその他にも、次のような理由があるそうです。

Sponsored Link


科学者が地球外知的生命体からの電波を否定する理由

「Ross128」から届いた不自然な電波の現象。

科学者たちはこれを地球外知的生命体のモノとは決めつけず、当初から可能性は他にあると推測しています。

それは、Ross128と同じ方角に別の天体があり、そこからの電波ではないか?

また、地上からの電波の反射や、人工衛星からの電波干渉ではないか?とも考えられると言います。

やっぱり異星人からの信号ではなかった!その正体

一部、ネット等を中心に騒がれた謎の電波でしたが、程なくしてその正体が判明!

やはり、科学者たちが推測したとおり、人工衛星(静止衛星)からの電波干渉が原因でした。

でも、何故Ross128の方角から電波が届いたのか?

理由は、Ross128が多くの静止衛星が集まっている天の赤道の近くに位置していることだといい、偶然にもそれが重なって誤解を生んだと考えられています。

なお、静止衛星は高い高度を周回しており(約3万6,000キロ上空)、これにより電波干渉も起こりやすいと言われています。

ガッカリするのは早い?異星人からの通信を受信する可能性はある?!

今回の騒動?では残念な結果となりましたが、実はこれまでに遠い宇宙の彼方からの電波を受信して、まだその正体が判明していない事例があります。

その事例とは「Wow!シグナル」と呼ばれるモノ。

「Wow!シグナル」は1977年。
アメリカのオハイオ州立大学の電波望遠鏡が捉えた、いて座方向から届いた72秒間の謎の強い電波。

実はこの72秒間という時間が大きな意味を持ち、電波を受信した望遠鏡は地上に固定されている方式のモノで、地球の自転と一緒に移動し天体を観測しています。

つまり、天体から発信された電波を受信できる時間は地球の自転速度と合致し、もし今回のRoss128のように、人工衛星からの電波や地上からの電波だと72秒間の電波受信時間は説明がつかず、ある特定の天体から届いた以外考えられられないと言います。

この電波を観測した研究者は興奮し、そのときの記録用紙に「Wow!」と書き込んだことから「Wow!シグナル」と呼ばれるようになりました。


「画像参照:赤い丸で囲んだ72秒間の信号にWow!と書き込んだ(Wikipediaより)」

また、この「Wow!シグナル」の特徴は、狭い周波数である1つのチャンネルで送られて来た事。

もし、他の天体が発信する自然現象的な電波であれば、広い範囲の周波数で届くのが通常。

こういった理由から、地上や人工衛星からの電波干渉でもなく、天体からの自然の電波でもなければ、地球外知的生命体が発信する電波なのか?

と期待され、再度の受信を試みましたが、それ以来まったく受信は出来ておらず、現在においても謎のままです。

ちなみに、「Wow!シグナル」が届いたのはこの↓↓方角からだそうです。


「画像参照:Wow!シグナルの発信源(Yahoo!キッズ図鑑参照)」

このWow!シグナルについては科学者たちも興味深いシグナルと考え、今後も最新の電波望遠鏡を使って観測を試みる計画もあり、いづれはその正体が判明するモノと思われます。

果たして、人類以外にも電波を操ることが出来る知的生命体が存在するのか?
今後の観測が楽しみなところです。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ