Sponsored Link

異星人が存在する証拠発見か?深宇宙からの信号の正体が判明

広大な宇宙で、生命が存在する星は地球だけなのか?
また、宇宙のどこかに人類と同じような知的生命体の異星人はいないのか?
こんな疑問をもとに、人類は太陽系外の惑星探しや、異星人探しを大真面目に行っています。

そんな中でもたらされたビッグニュース。
地球からそれほど遠くない恒星系から、人工的と思えるような強い信号が観測されたとの事。

もしかして、これは異星人が存在する証拠を発見したのか?
気になるこのニュースについて、いくつか調べてみました。



強い信号の発信源はどこなのか?

太陽系外に知的生命体の探査を行っている、
イタリアの天文研究チームが発表したビッグニュース。

地球からそう遠くない、ヘラクレス座方向の約95光年離れた場所にある
「HD 164595」という恒星系から、強い信号が放たれているとの事を発見。


「画像参照:ゼレンチュクスカヤ電波望遠鏡(ウィキペディア)

この「HD 164595」は、我々の太陽とほぼ同じ質量で、
太陽より少し古い約63億歳と推定される星。
(ちなみに、太陽の年齢は約46歳です。)

つまり、恒星のタイプだけでいうと、
この恒星系に生命が育まれていてもおかしくないという事になるのかも知れません。

また、95光年という距離は天文学的にはかなりの近距離。
しかも、地球に届くような強い信号を発しているのが、異星人であったとしたなら、
科学文明は、かなりの高水準に達した異星人なのではないか?と推測されると言っています。

ただ、現時点では「HD 164595」に発見されている惑星は1個。
「HD 164595b」という、海王星サイズの大きな惑星で、
しかもこの星は、生命生存に適した位置のハビタブルゾーンには属さない惑星です。

となると、この恒星系には、
まだ発見されていない惑星が存在するかも知れないという事で。

その未発見の惑星、ないしは惑星に属する衛星から、
信号が発信されているのでは?と想像出来るのですが・・・

Sponsored Link


異星人が存在するとしたらどんな異星人なのか?

95光年先の宇宙から、地球まで届く信号を発信できる異星人がいるとしたら、
それはどんな文明を持つ異星人なのか?

実は、旧ソ連のニコライ・カルダシェフ博士という天文学者が、
1964年に「カルダシェフの定義」という、
知的生命体の文明水準をタイプ別に分類し、提唱しています。

その「カルダシェフの定義」によると、そのタイプは3つに分類され
  • 「タイプ1」:1つの惑星上で利用できる規模のエネルギーを使いこなしている文明。
  • 「タイプ2」:恒星規模のエネルギーを使いこなしている文明。
  • 「タイプ3」:銀河規模のエネルギーを使いこなしている文明。

ちなみに、我々人類はタイプ1の技術水準にも達しておらず、
現時点での人類の技術は、タイプ0からタイプ1の間の水準だといいます。

95光年先の宇宙から強い信号を発して、それが地球に届く文明を持っているなら、
それは、少なくとも人類の科学文明を超越した、
タイプ1以上の異星人文明ではないか?
と推測できるそうです。

人類より進んだ文明を持つ異星人だったら接触するべき?

地球へ届いた強い信号の持ち主が、
「カルダシェフの定義」でいうところのタイプ1以上の異星人なら、
人類は、この異星人にコンタクト~信号の返信をするべきなのか?

これについては、一部の宇宙生物学者や、”車椅子の天才”と言われる
イギリスの理論物理学者スティーヴン・ホーキング氏らが警鐘を鳴らしています。


「画像参照:スティーヴン・ホーキング博士(ウィキペディア)

例えば、生物学的な見解からいうと。

もし、高度な科学文明を持つタイプ1以上の異星人なら、
人類とコンタクトを結ぶことで、地球に訪れる可能性もあり、
そうなると、地球の生物にとって免疫力を持たない、
危険な微生物・ウィルスなどを持ち込む可能性もあるという事。

また、ホーキング博士は、
自身の論理的持論で、異星人の存在を100%肯定しており。

高い知能と文明を持つ異星人は、
理不尽に地球を攻撃したり、植民地化する恐れもあると警告しています。

つまり、もし人類以上の高度な文明を持つ異星人がいたとしたら、
安易に接触を持たない方が良いと警鐘を鳴らしているワケです。

強い信号の正体が明らかに!

異星人が発信したかも知れない宇宙からの強い信号。

人類初の地球外知的生命体の発見か?と期待が高まったのですが、
どうやらそれは、幻で終わったようです。

実は、強い信号の発信源は地球からだった!というあまりにも残念な結末。

人類の文明もかなり進んでいることは誰もが承知。
地球では、地上や人工衛星などから様々な電波を発信しています。

それが今回は、何らかの原因でこれらの電波が混信し、
95光年先からの信号と勘違いしてしまったとう結論に達してしまいました。

「なぁ~んだ、やっぱり!」とため息が聞こえてきそうですが、
それでも科学者たちは諦めず、
異星人がいるという証拠を掴もうと必死で、探査を続けています。

そんな努力が、いつかは実を結び、
広い宇宙に人類以外の文明を見つけ、危険な接触ではなく、
友好的な交流が出来る”仲間”がつくれる日を信じたいものです。

Sponsored Link

One Response to “異星人が存在する証拠発見か?深宇宙からの信号の正体が判明”

  1. 主任 より:

    もし今回のニュースを異星人が見てたらひどく滑稽な話に思われたでしょうねw

    現在の人類文明はカルダシェフスケールで0.8前後だそうです。
    とあるゲームでは、こうした文明はタイプ3を超える超文明からしたら”監視惑星”とカテゴリされ、その文明の代表者にのみ接触が許されるとか。
    これはゲーム内での話ですが、案外その通りだったりするのかも?とか思ってます。

    自分もホーキング博士と同じく、地球外知的生命体の存在は確実だと思います。
    ただ、恒星間航行が出来るほどの技術を持った文明が地球を植民地支配などするのか?とも思いますが…

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ