Sponsored Link

系外惑星発見最新情報!最も地球に近い距離に生命がいる期待

観測技術の発達により、次々に発見されている太陽系外惑星。

そこで注目を浴びているのが、地球サイズの岩石惑星で生命がいる期待も浮上しています。

そんな発見されている地球型の系外惑星で、最も地球に近い距離の星系に生命が存在できる可能性が出て来ており、大きな話題になっています。

この情報はネットを中心に報じられていますので、ご存知の方も多いと思いますが、ちょっとアバウトな報じられ方をしていると感じましたので、このサイトでは、もう少し掘り下げたカタチでお伝えしたいと思います。

地球から11光年離れた場所に見つかった地球型惑星

今回話題に挙がっているのが、地球からおとめ座方向に約11光年離れた場所にある恒星「ロス128」の周りを回っている第2惑星?「ロス128b」。


「画像参照:系外惑星ロス128bの想像図(Wikipediaより)」

恒星「ロス128」は、もはや地球型惑星発見の定番となっているほどお馴染みな赤色矮星です。

赤色矮星は銀河の中でも約7割を占めるほど平凡な恒星で、我々の太陽(黄色矮星)の方が少数派の恒星になります。

このありふれた赤色矮星に見つかった惑星「ロス128b」は、地球の約1.3倍の大きさで表面が岩石で覆われた、地球によく似た惑星だとされています。

「動画参照:YouTube (プライバシー ポリシー)

また、恒星「ロス128」との郷里関係が、生命生存可能領域・ハビタブルゾーンに位置していることが判明しており、これにより、地球から最も近い生命生存が可能な惑星ではないか?として期待度が高まっています。

Sponsored Link


地球から最も近い地球型惑星は他に見つかったハズ!?

”地球から最も近い生命生存可能な惑星”と聞いて、「あれっ?」と疑問に思った人もいるのでは?

そう、これもまた大きな話題になった地球から4.25光年離れた場所に見つかった地球型惑星「プロキシマb」。

プロキシマbも赤色矮星「プロキシマ・ケンタウリ」のハビタブルゾーン内を公転する惑星なハズです。

なのに何故、11光年離れた「ロス128b」の方が、地球から最も近い生命生存可能な惑星なのか?

それは「プロキシマb」が置かれている環境に原因があります。

「プロキシマb」の主星であるプロキシマ・ケンタウリは、赤色矮星としては比較的若い恒星(約50憶年)で、くじら座UV型変光星と呼ばれる高速で自転し、頻繁に太陽フレアが起き急激な増光を起こし活発に活動している恒星です。


「画像参照:増光を起こすプロキシマ・ケンタウリ(Wikipediaより)」

つまり、「プロキシマb」が生命生存可能領域・ハビタブルゾーン内に位置していたとしても、主星の活発な活動に巻き込まれ、生命が育まれるには過酷な環境であると推測されています。

一方、ロス128の推定年齢は70億年で、赤色矮星としての活動は安定期に入っていると考えられており、それにより「ロス128b」には優しい太陽の光が降り注ぎ、生命誕生に適した環境が揃っているのではないか?と予想されています。

「ロス128b」に生命が宿るとしたらどんな生物がいるのか?

ロス128やプロキシマ・ケンタウリのような赤色矮星は、我々の太陽に比べたら非常に小さい恒星です。

ロス128の場合、質量は太陽の0.15倍、大きさは太陽の0.21倍しかなく、それに伴い明るさは太陽の0.035倍ほどしかありません。


「画像参照:Wikipedia」

ロス128は非常に小さな恒星ですが、惑星「ロス128b」との距離は、太陽と地球の距離関係の20分の1。

そのため、惑星「ロス128b」には、丁度良い熱と光が降り注いでいると考えられています。

では、もしこの惑星に生命が存在するなら、どんな生物がいるのか?

ロス128bが生命誕生に適した環境といっても、地球の環境とはかなり違うことが考えられます。

地球に降り注いでいる光は、明るい黄色の紫外線を主とした光。

一方の「ロス128b」は、暗い赤色の赤外線を主とした光。

熱量はそれほど変わらないと考えられますが、降り注ぐ光の種類の違いによって、そこで育まれる生命もかなり異なるモノと考えられます。

『赤色矮星で進化する生物(想像)』
  • 光合成で育たない植物
    地球では光合成で育つ植物も、赤外線下では光合成が出来ないため、異なるエネルギー(近赤外線?)で育つ植物が進化している可能性。

  • 暗い光の中で見える目の大きな生物
    生物もまた、赤外線に順応した地球とは異なる生物進化する可能性があり、暗い光の中では、良く見えるよう目が発達することも考えられます。

  • 高度な文明を持つ知的生命体がいる?
    寿命の長い赤色矮星。
    つまり、生命が進化する時間も地球より長いため、もしかしたら人類以上に進化した知的生命体がいる可能性があるかも?

良くSF映画などに登場する目が異常に大きな異星人は、赤色矮星の惑星に住む知的生命体なのかも知れませんね?


「画像参照:livedoor.blogimg.jp」

やはり生命が存在出来ない可能性も!?

生命が存在出来る可能性がある。として報じられている11光年先の惑星「ロス128b」。

しかし、この生命存在説に否定的な意見もあります。

それは、赤色矮星「ロス128」もかつては活動が活発だったため、その活動期に惑星に存在した生命存在に必要な水は蒸発し、また地表は放射線で汚染され、既に生命が誕生出来ない環境になってしまっている可能性もあるのでは?とされ。

さらには、主星と惑星の距離があまりにも近いため、天体の自転と公転の同期する”潮汐ロック”が起こっている可能性もあるといい。



潮汐ロックは、月が常に同じ面を地球に向けている状態と同じ現象で、もしこの現象が恒星と惑星に起これば、常に昼側と夜側と別れてしまい、昼側は恒星からの熱で異常に熱せられ、逆に夜側は光と熱の当たらない極寒の世界になってしまい、とても生命が存在出来る環境ではなくなってしまうと考えられています。

しかし、ある科学者は、もし潮汐ロックになってしまっても、その星に十分な大気と水が存在すれば、熱が昼側と夜側に上手く循環し、生命に適した環境になり得るとの見解を示していますが、果たして実際はどうなのでしょうか?

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ