Sponsored Link

恐竜絶滅の原因を裏付ける説明が出来る巨大隕石地球衝突の証拠とは?

太古の昔、数億年に及ぶ繁栄を誇った恐竜の時代を突然終わらせたとされる原因のひとつに、巨大隕石が地球に衝突したことで環境が激変し、恐竜をはじめ多くの生物が絶滅したという有力説があります。

これはあくまでも仮説であって確実な証拠ではなかったのですが、科学者たちの長年に渡る調査・研究により、その仮説を裏付ける証拠が発表されています。
果たしてその証拠とはどんなモノなのでしょうか?



恐竜が絶滅した有力仮説とは?

今から6,700万年~6,600万年もの昔。長きに渡る恐竜の時代を終わらせたとされる当時の地球に起こった大異変。

それは、宇宙から飛来した大きさ約10キロほどの小惑星が巨大隕石となり地球に落下。

このとき起こった大爆発と衝撃波とで火の海に変え、巨大な津波を引き起こし周辺地域は地獄と化しました。

さらにその後、隕石の破片や巻き上げられた粉じん、水蒸気によって太陽光が遮断され、地球は巨大隕石衝突による極端な冬の時代が訪れてしまい、恐竜のほとんどが死滅してしまいました。


画像参照:YouTube

仮説を裏付けた研究発表

この時代に巨大隕石が落下したという証拠は、メキシコのユカタン半島先端部にある直径約160キロに及ぶチクシュルーブ・クレーターが隕石衝突跡で、そこには地磁気異常、重力異常などの分布が確認され、また当時の地層には隕石の粉じんも混ざっていることも確認されたことで、巨大隕石が地球に落下したことは間違いないと判断されています。


「ILLUSTRATION BY JOE TUCCIARONE. SCIENCE PHOTO LIBRARY/CORBIS」

さらに研究発表によると、隕石が落下した後、地球にどんな異変が起こったかも報告され、
成層圏まで巻き上がった粉じんなどによって太陽光が遮断され、地球上のほとんどの場所が氷点下まで気温が下がり、海水温度も摂氏7度以下まで低下。
これにより植物は光合成が出来なくなり枯れ、植物を食べる草食動物が激減、さらにそれを食べる肉食動物も減るという食物連鎖そのものが出来なくなり、地球上の生物は壊滅状態に陥ったとされています。

また地殻変動にも異変が起こり、あちこちで地震や火山噴火が多発。
気象も荒れ、巨大なハリケーンもいくつも発生していたと言います。

この地球規模の異変は100年以上も続いたとされ、結果、長い冬の時代で全ての恐竜は絶滅したと発表されています。

Sponsored Link


何故、我々の祖先は生き残ることが出来たのか?

巨大隕石の衝突で地球全体が壊滅するほどの被害を被ったのに、何故また地球の生命で溢れる世界は復活したのか?

その理由として挙げられるのは、恐竜のような大きな生物や植物たちは、巨大隕石衝突の被害をまともに受け生き残ることが出来なかったのに対し、我々の祖先は小型の生物だったため、氷河期による寒さをしのげる場所を見つけそこで生きながらえ、小型だったため食糧も少なくて済んだことで過酷な環境を生き残ることが出来たと推測されます。

なお、巨大隕石衝突から数万年後の地層に恐竜の化石が見つかっていることから、少なくとも絶滅を免れた恐竜がいたのでは?!とも考えられています。

今後、巨大隕石が衝突する可能性はあるのか?

恐竜を絶滅させた巨大隕石の衝突は、この時以降は記録がありません。
しかし、長い地球の歴史の中でこのような巨大インパクトと言える隕石の衝突はいく度も起こっていますので、今後そのような事態に陥らないとは限りません。

「参照:YouTube」

現在でも毎年のように、いつ衝突するとも限らない小惑星が地球に接近しています。
観測技術が進歩した人類は、それらの小惑星を常に監視してはいるのですが、もし見つけた小惑星が地球への衝突コースへ入ったとしても、現在の科学力では衝突を防ぐ術が無いのが現実です。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ