Sponsored Link

オリオン座流星群の出現予想とピーク時間帯に好条件で観測出来る年

秋の天体ショーの見どころの一つ「オリオン座流星群」
1年を通して観測出来る流星群としては流星の落下速度が”しし座流星群”に次いで速いため、火球のような明るい流星も出現することもあり見応えのある流星群の1つと言えます。

ここでは秋の夜空を彩ってくれるオリオン座流星群の出現長期予想と見える方角はピーク時間帯等の観測方法について解説します。



10月に出現するオリオン座流星群ですが、ここ数年はその出現率が減って今一つダイナミックさに欠けると言われていますが、それでも年間を通して出現率の多い流星群ですので、見落としてしまうのはとても惜しい天体ショーだと思います。

オリオン座流星群の見え方

ここ数年で極大期に多くの流星を見せてくれたオリオン座流星群は2006年から2010年だったようで、1分間で4~5個の流星を見せてくていました。

その後は出現率も減り、1分で1~2個程度。
それでも落下速度が速いため、1つ1つの流星に迫力があり明るく有痕率も高い事が特徴で、もし見つけることが出来れば、願い事もお願いしやすいのではないでしょうか?!

また、出現率がピークだった2006年頃の状況は、今後約70年は見られないとのことです。

参考動画:【2007年のオリオン座流星群】

Sponsored Link


オリオン座流星群の母体やメカニズム

流星群の正体は彗星の通った後に残る塵が地球に降り注ぐ現象で、流星本体の大きさは数ミリから数センチ程度の塵が主体です。

なお、オリオン座流星群の場合の母体となる彗星は有名なハレー彗星だと言われています。
ハレー彗星は短周期彗星で約76年で太陽を周回していますので、前回地球に最接近したのは1986年。次回訪れるのは2061年です。

彗星にしては比較的短期で回帰するハレー彗星ですが、回帰回数が短いからといって流星群の出現率が多くなるとは限りません。

流星群が多く流れるためには、彗星が残した塵の跡(ダスト・トレイル)の中を地球が通らないと行けませんので、オリオン座流星群はしばらくの間はダスト・トレイルからは少し外れた軌道を通るものと思われます。

オリオン座流星群の観測方法

オリオン座流星群の見える方角は、有名なオリオン座を見つけることが出来れば簡単です。


「画像参照:tenki.jp

基本的に流星群は、その方角を起点に放射状に流れてきますので、オリオン座の起点を意識しておけば、全天を通して流星が流れて来ます。
そのため、夜空が見渡せるなるべく視界が開けた場所、そして街明かりなど人工の光に邪魔されにくい場所に行って、座って観測するか、出来れば寝そべって観測すると流星をより見つけやすいかと思います。

オリオン座流星群の今後の観測予想

2010年以降、年々出現率の減っているオリオン座流星群。そのため今後は注目度も下がるかも知れませんが、それでも相手は予測が難しい自然現象です。
人間が考えるような予想を上回る結果を出してくれるかも知れませんので要チェックです。

そこで、予想を裏切る良い天体ショーを魅せてくれることを期待して、今後5年間のピークの日と時間帯、そして観測条件を調べてみました。

  • 2016年:ピーク日時(10月21日昼間)この年は残念ながらピーク時間が日中となるため期待薄?!
  • 2017年:ピーク日時(10月21日20時)流星群観測の天敵となる月明りも無いため最高の条件で観測出来そうです。
  • 2018年:ピーク日時(10月22日2時)ピークの時間帯は夜中。そして夜空は月明りに邪魔されそうです。
  • 2019年:ピーク日時(10月22日8時)ピークの時間帯は夜明け後。この年もあまりよくなさそうな予感!?
  • 2020年:ピーク日時(10月21日昼間)この年もピークの時間帯が昼間になるため期待が薄そうです。

以上、2020年までのオリオン座流星群の予想を調べてみましたが、以降の状況がわかりましたら随時追記いたします。

この予想を見る限りでは、天気にも左右されますがベストコンディションで観測出来そうなのは2017年だけのようです。
しかし、オリオン座流星群の出現期間は10月初旬から11月初旬の1カ月間もありますので、その間条件の良い日に夜空を眺めてみるのも良いかも知れません。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ