Sponsored Link

夏キャンプのおすすめはペルセウス座流星群で星空堪能しよう

夏休みレジャーの定番は、海や山に出掛けるキャンプアウトドア。

夜間も屋外で過ごす事が多くなるかと思います。

そんな夏の夜におすすめなのが、星空観賞~ペルセウス座流星群。

ペルセウス座流星群は、夏休み真っ盛りの7月後半から8月中旬にかけて見ることが出来、年間を通して出現率の高い”三大流星群”の一つでもあります。

年間三大流星群の一つ「ペルセウス座流星群」とは

ペルセウス座流星群は、1月に出現する「しぶんぎ座流星群」と、12月の「ふたご座流星群」と並ぶ、出現率の高い”三大流星群”の一つに数えられる流星群です。



この流星群が出現するのは、夏休みに入る7月20日頃~8月20日頃の約1カ月間。

そのうち、最も流星が多く出現する極大期は8月12日、13日だと言われています。

三大流星群の中で、しぶんぎ座流星群と、ふたご座流星群は寒い冬場に見られる流星群ですが、
ペルセウス座流星群は、夜間も涼しい夏場に見ることが出来ますので、かなり見やすい流星群になるのではないでしょうか!?

Sponsored Link


ペルセウス座流星群が見える方角

ペルセウス座流星群は、夏の星座で知られるペルセウス座方向を放射点にして流れて来る流星群です。

ペルセウス座が見える方角は北東方向。


「画像参照:国立天文台 天文情報センター」

基本的にはこの方角に基準を合わせて、夜空を見上げるのですが、
実は流星群は、全天のどこからでも出現して来ますので、
「ペルセウス座流星群だから!」と言うことで、北東の方角だけに視点を向けていたら、せっかく出現した流星を見逃してしまう事にもなりますので、なるべく全天が見渡せる広い視野を持って観測をされることをおすすめします。

流星群は何故出現するのか?

流星群が出現する主な原因は夜空に長い尾を引く”ほうき星”~彗星にあるとされています。

彗星からは大量のガスやチリが放出され、それがダストトレイルと呼ばれる流星物質の集団となって宇宙空間に漂っています。

そのダストトレイルに、地球の大気が触れたり、地球そのものがダストトレイルの中に入ってしまった場合に流星群が発生します。


「動画参照:YouTube (プライバシー ポリシー)

ちなみに、ペルセウス座流星群の素となる彗星は、133年周期で太陽を周回しているスイフト・タットル彗星です。

流星群観測に期待外れをしてしまう現実

有名な流星群だからと言って、過度に期待して観測に望まないようにしましょう。

と言うのも、初めて流星群を観測する人の多くが、たくさんの流星が雨のように降って来るというイメージをしているようです。

流星群は、最も多く流れるピーク時でも1分間に1~2個見れれば良い方。

ペルセウス座流星群も、一晩で多くても40~50個程流れると思われます。

但し、ペルセウス座流星群は、明るい流星が見れるという特徴がありますので、夜空をしっかり見上げていれば見落とすことが少なく、”流星群”の醍醐味を味わうことが出来ると思います。

流星群は毎年同じように見れるワケではない!

ペルセウス座流星群のピークは、8月12日~13日に訪れます。

しかし、毎年同じように見れるというワケではなく、流星物質にも濃度にムラがあるため、多く流れる年とそうでない年がどうしても出てしまいます。

また、その年によってピーク時が昼になってしまったり、夜がピークでも満月などの月明かりで見えにくかったりで、必ずしも万全に観測が出来るとは限りません。

では、ちゃんとペルセウス座流星群が観測出来る年はいつなのか?

これについては、国立天文台などが長期の予想を立ててくれていますので、そちらを参考にして流星群観測に望むと良いでしょう。

なお、今後5年間のペルセウス座流星群の出現予想として観測条件が良いのが、

昼間がピークにならず、月明かりにも邪魔されない
2018年、2021年、2024年が観測にとってはベストとの事。

これらの年は、夜間安定して流星が出現されると予想されており、
夏場のレジャーのイベントの一つとして、大いに楽しめるのではないでしょうか!?

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 この記事の内容にご満足いただけましたら
 ↓↓をクリックして下されば幸いです。
にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
「にほんブログ村」
Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ