Sponsored Link

連星衝突で新星誕生?肉眼で観測出来る赤い星が2022年出現

ここ最近、世間を騒がすほど話題となる天体ショーが見られていませんが、2022年に一大天体イベントが観れそうな予測が出ています。

それは、連星である2つの恒星が衝突合体し、巨大な1つの新星が誕生し赤く輝くと言います。
そしてそれは、肉眼でもハッキリと観測出来るほど明るく、さらに街灯りの強い都市部でも観測出来ると言います。

果たして、一大天体イベントとなり得る新星誕生とは、いったいどういう現象なのでしょうか?

星の誕生とは違う新星の意味

「新星」と聞くと、”新しい星の誕生”か?と思うかも知れませんが、ここでいうところの”新星”とは、変光星のことをそう呼びます。

変光星は、何等かの要因で星が劇的に増光する事で、
ここでご紹介する新星は連星~つまり隣り合う2つの恒星が衝突することで、大幅に増光して見えることを指します。

ちなみに、似たような言葉で”超新星”というのは、星の一生の終わり。
太陽の8倍以上の質量を持つ恒星が、一生を終えることで起きる重力崩壊。その反動で大爆発が発生し一時的な増光が観測される、超新星爆発となります。

このような増光することで、新しい星が誕生したように見える現象を、天文用語で”新星”と呼んでいます。

Sponsored Link


2022年に観測出来る新星とは?

我々の太陽系から約1,800光年離れた場所に「KIC9832227」という連星があります。
この連星は、大きい方の恒星が太陽の1.4倍ほどの大きさがあるとの事。

この連星を観測していたアメリカのカルヴァン・カレッジの研究チームが、近接する恒星同士が衝突融合し、爆発的に増光した赤い変光星を、肉眼でもハッキリと輝いて見ることが出来る。
と、その現象が2022年頃に起きると予測しています。

新星が肉眼で見える明るさは絶大で、全天で最も明るく見える、おおいぬ座の一等星・シリウスよりも明るく、2等星ほどの光度で見えるとの事です。

新星となる連星「KIC9832227」の場所は白鳥座方向で、夏の星座として南の方角に見ることが出来ます。


「画像参照:YAHOO!JAPANきっず図鑑

研究チームの予測によると、本来のKIC9832227は、地球から1,800光年の距離があるため、肉眼では見ることの出来ない12等級ほどの暗い星です。

これが近接する恒星同士が互いのガスで繋がり、見た目はピーナッツ状の天体になっているといい、その影響で公転周期が速まっており、このまま行くと2022年頃には衝突し融合、結果、高輝度赤色新星に変貌するとの事です。


「画像参照:衝突融合前の連星イメージ(Youtubeより)」

高輝度赤色新星とは?

高輝度赤色新星とは?Wikipediaに掲載されている情報をまとめると。

連星が衝突融合して生まれる爆発現象の事。
2つの恒星が融合する事で、熱融合反応が一時的に加速され、爆発的に輝く現象が起こるものと考えらていますが、その光度は超新星爆発ほどは明るくはないとされています。

なお、これまでにも何度か高輝度赤色新星は観測されて来ていますが、KIC9832227ほど近距離で起こる高輝度赤色新星は稀で、そのため一大天体ショーとなり得るほどの明るさで観測出来るとの事です。


「画像参照:高輝度赤色新星(いっかくじゅう座V838星)Wikipediaより

2022年の連星融合天体ショー~でも実際は?

2022年頃とされている連星合体。
研究チームによると、この現象が起こるのは、誤差は±7カ月とされています。

「動画参照:YouTube (プライバシー ポリシー)

この天体を観測・研究しているチームは、連星が衝突するタイミングを綿密に計算して予測をしていますが、やはり大きな時間幅がある天文的時間レベルで考えると、必ずしも2022年頃に起きるとは限らない可能性はあります。

もしかしたら、それはもっと先の話で、数十年後、それとも数千年先に起こるかも知れません。

でも、2022年を期待して、天体衝突という一大スぺクタクルショーを是非見たいものです。

2022年頃に夜空に大きく輝く赤い星。
天文に詳しくない人でも、簡単にそれを見つけることは出来るでしょう。

ちなみに、地球からKIC9832227までの距離は約1,800光年。
KIC9832227から発せられる光が地球に届くまで1,800年かかるワケで、2022年に地球で観測出来るとなると、日本の歴史でいうところの弥生時代には、既にKIC9832227は高輝度赤色新星になっていたということになります。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ