Sponsored Link

11月の流星群の見頃予想はしし座とおうし座の流れ星がピーク

夜がかなり肌寒くなる11月。この時期になると、夜空も澄んで綺麗に星が見える季節になります。

夜空が見渡せる時期。となると気になるのが流星群。
11月の流星群で、見頃になるのが、
「しし座流星群」
「おうし座流星群」です。

今回は、この11月に見られる、
2つの流星群についてお話します。

流星の正体とは?

流星群の解説をする前に、そもそも流星(流れ星)って、どんなモノなのか?ウィキペディアで調べても載っていますので、大多数の人はご存じかも知れませんが、単純に言うと、流星の正体は”宇宙のゴミ”です。

宇宙空間を無数に漂う数ミリ~数センチ程度の塵が、地球の大気圏に突入し、その際、大気との摩擦熱で発光し、地上からは高速で流れる発光体として見える。

塵が大気圏に突入するときのスピードは、
秒速数キロ~数十キロという猛スピードです。

そのため、大気との摩擦熱が生じ、発行し一気に燃えてしまい、塵というだけあって、元々が極小さな天体のため、一瞬で燃え尽きるため、ほとんどが地表に到達する前に消滅してしまいます。

ちなみに、稀に比較的大きな小天体が大気圏に突入して来ると、それは燃え尽きず地表に落下、隕石となり、時に大きな発光をし空を照らす流星もあり、これを火球と言い、流星群に混ざって火球が発生する場合もあります。

(参考・流星(上)と火球(下))

「画像参照:Wikipedia」

流星はいつでも見れるのか?

流星の正体は宇宙空間を漂う塵のため、昼夜を問わず常に地球に落下しています。そのため、基本的に1年を通しているでも見ることは出来ます。

しかし、普段の状態で流星に出会うのはなかなか難しく、いつ明るく光る流星が落ちて来るかわからないため、言わば偶然に近いカタチでしか出会うことしかできませんし、観測条件が良くないと観測も難しいでしょう。

例えば、流星に出会える条件として言えるのが、
非常に基本的な事かも知れませんが・・・

  • 晴れて澄んだ夜空である事。
    (晴天でなくとも稀に、雲の隙間から見える事も。)
  • 周りに、星が見にくい灯りが少ない事。
  • 常に夜空を見上げる意識を持てる人。

夜空が綺麗に見えやすい田舎に住む人などは、流星を目撃する機会も多いかも知れませんが、普段空を見上げる機会の少ない都会の人は、やはり、それなりの条件の良い場所に行って、流星探しをするしかないかと思いますが、光度の高い流星だと、街灯りの中からでも、もしかしたら見える場合もあるでしょう!?

ともかく、普段は偶然にしか出会うことが出来ない流星。より確実に流星を見たいなら、流星群が発生する時期を狙うのが一番でしょう。

Sponsored Link


11月に観測できる流星群

さて、夜が肌寒くなる11月と言っても、北国に住む人以外は凍えるほど寒くはなく、比較的に夜空も見上げやすい時期なのではないでしょうか?!

そんな11月は、条件次第ではなかなかベストな流星群も発生します。

流星群は、主に彗星が撒き散らしたダストテイルという塵の集合体の中に、地球が入った場合に大量発生する流星の事です。

流星群の特徴は、天上のある一点方向から放射状に流れて来て、その一点方向にある星座から”○○座流星群”と一般的に呼ばれています。

そして、今回ご紹介するのが、
11月に見られる「しし座流星群」と「おうし座流星群」です。

しし座流星群の見頃

しし座流星群は、かなり規模の大きな流星群で、過去に1時間で2,000個以上の大出現を見せた例もあります。

しし座流星群を生み出している母天体の彗星は、テンペル・タットル彗星といい、33年で太陽を周回している短周期彗星です。

過去は大量出現したしし座流星群も、現在では1時間で10~20個くらいしか見れません。

ただ、出現率の大きい見頃(極大期)を狙えば、好条件で流星を観測できる可能性があります。

そんな、しし座流星群の見頃は、11月17日~18日。

この記事を書いている2016年から数年間の見頃予想では、
  • 2017年11月18日の夜半(午前0時以降)
  • 2018年11月18日の夜明け前
  • 2020年11月17日の日の入り後

このあたりが、比較的条件も良く、
観測できる可能性が大きいとの予想が出ています。

おうし座流星群の見頃

おうし座流星群は、11月上旬に出現する粒子群。

11月6日前後に見頃を迎えますが、この流星群は南群と北群の2つの流星群に分かれており、南軍が11月6日前後。北群が11月13日前後。といったように、どちらか条件が良い方を選んで観測することも可能になります。

母天体は、太陽を約3年半で周回する、
エンケ彗星ではないかと言れています。

しかし、見頃といってもこの流星群の出現率は少ないと予想され、その理由は、流星群の素となる彗星が放出した塵が、かなり昔に形成されたらしく、それにより塵の密度が減っていると考えられています。

それでも、条件が整えば、もしかしたら出現率が大きくなる可能性もありますので、この流星群の情報も抑えて置いてみても良いかと思います。

おうし座流星群の数年間の好条件の予想は。

「南群」
  • 2016年11月6日の夜半頃
  • 2018年11月6日の夜半頃
「北群」
  • 2018年11月13日の夜半頃
  • 2020年11月13日の午後9時以降

流星群観測は必ずしも放射点方向を見る必要はない

「しし座流星群」「おうし座流星群」と、いづれも放射点である星座方向から流星群の名前が付けられていますが、だからといって流星が流れる方向が必ずその星座方向とは限りません。

もちろん、基準となるその星座方向も見上げるのが基本ですが、流星は全天のどこからからでも流れて来ます。

つまり、あまり放射点方向ばかり見上げていると、せっかく流れてきた流れ星を見逃してしまう可能性だってあります。

ですので、流星群の観測は、なるべく全天が眺められるよう、出来れば寝そべっていられるような姿勢が良いのですが、さすがに11月の夜は冷え込みますので、そこは防寒対策を万全にして観測に臨んだ方が良いと思います。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ