Sponsored Link

夏休み(7月)観測できる流星群はみずがめ座とやぎ座の同時期

梅雨が明け、いよいよ夏本番となる7月。
海や山へアウトドア・キャンプに出掛ける人も少なくないでしょう。

そんな夏のアウトドアの楽しみの1つが、海や山から澄んだ星空を観測する事。
美しい天の川や星々、それに合わせて流星群も7月の星空を飾ってくれます。

そこで今回ご紹介するのが、7月に観測できる流星群。
しかも、7月は2つの流星群が見頃を迎えます。
それが「みずがめ座δ流星群」と「やぎ座流星群」です。



夏休み前半に見られる2つの流星群

7月に見頃を迎え肉眼で観測できる流星群は2つ。
「みずがめ座δ流星群」と「やぎ座流星群」です。
いづれの流星群も、夏休み前半の7月下旬に見られるモノです。

この時期、梅雨明け直後ということもあり、比較的天気の良い確率が高く、
晴れた夜空に流れる流星群を、楽しむことが出来るかも知れません。

しかし、「みずがめ座δ流星群」と「やぎ座流星群」といっても、
あまり耳なじみが無いかも?

流星群として有名どころは、三大流星群と言われる「しぶんぎ座流星群」「ペルセウス座流星群」「ふたご座流星群」ですが、これらの流星群に比べたら、比較的流れる確率が低いのが「みずがめ座δ流星群」と「やぎ座流星群」なのですが、それでも好条件に恵まれれば、三大流星群に負けないくらいのダイナミックな流れ星を見ることが可能です。

Sponsored Link


みずがめ座δ流星群の見頃

みずがめ座流星群は、5月に見頃を迎える「η(エータ)流星群」と、
7月下旬に見頃となる「δ(デルタ)流星群」の2つがあります。

当然ながら、みずがめ座方向を起点に流れて来る流星群で、
7月下旬から8月上旬にかけて出現する流星群です。

この流星群がピークを迎える極大期は、
観測する年によって異なりますが、7月27日~7月29日

夜空を見上げる基準となる方向は南向きです。

目安となる流星の出現数は、1時間あたり10個~15個程度だと言われていますが、流星の流れるスピードが比較的遅いため、肉眼でも確認しやすいのが特徴です。

やぎ座流星群の見頃

やぎ座流星群は、みずがめ座δ流星群とほぼ重なって出現する流星群です。
つまり、この流星群が見られるのも7月下旬から8月上旬にかけて。

但し、見頃となる極大期が少し違いますので、
みずがめ座δ流星群と合わせて楽しむことが出来ます。

極大期は、これも観測する年によって異なり、7月29日~8月1日あたりがピーク。
やぎ座流星群も南の空を見上げると、流れ星を探す基準となります。

流星群観測を楽しむ方法

みずがめ座δ流星群、やぎ座流星群ともに、それほど多く流れる流星群ではありませんが、観測時期がほぼ同じのため、2つの流星群を合わせると、三大流星群に匹敵する流星を見れる可能性があります。



さらに、観測する年によって極大期が日中になってしまったり、
月明かりで邪魔をされたりもしますが、極大期以外でも観測が可能ですので、
夜間に、雲も月明かりのない日に、屋外へ出て空を見上げてみると、意外に多くの流れ星を観測出来ることもあります。

特に夏の時期は、屋外に出ても涼しく、防虫対策さえしっかりすれば、
快適に天体ショーを満喫できるかも知れませんよ。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ