Sponsored Link

太陽の仕組みを地球に例えた場合の比較動画を解説してみた

今、ある動画が話題になっています。

それは「SUN ON EARTH」という動画で、日本語に訳すと「地球の上の太陽」。

つまり、太陽を地球に置き換えたらどうなる?
といった太陽という天体の構造、仕組みを知るための教育動画です。

でもこの動画、英語解説なのでちょっと日本人にはわかりにくいかも?!

そこでここでは、この動画がどのような内容なのか?
簡単ではありますが、解説してみたいと思います。

絶大な存在の太陽!

毎日、朝は東の空から昇り、夕方は西の空に沈んでいく太陽。

この日常のサイクルを、どれくらいの人がありがたい事だと感謝しているでしょうか?

たぶん私を含めほとんどの人が、当たり前の事だから何も感じていない事でしょう。



でも、この当たり前が、我々地球に住む生物にとって偉大な事で、太陽が一瞬でもその輝きを失ったら我々は生きて行くことが出来ません。

つまり、太陽は無くてはならない絶大な存在なのです。

しかし、太陽がどうしてあのように明るく輝いていて、我々に”生”を与えてくれるのか?

学校では習っているので、なんとなくは知っているか?とは思いますが、それを、肌で感じさせてくれるくらい詳しく解説しているのが、今回ご紹介する「SUN ON EARTH」という動画です。

Sponsored Link


もし太陽が地球に置き換わったら?という動画

今回ご紹介する動画は、太陽の構造を知る上でとてもためになる動画だと思います。

科学教育モノだと、どこかの科学者や専門家が登場して、眠くなるような難しくて、堅苦しく講義をしたりしますが、この動画はそうではなく、お子さんにも理解できるようアニメーションで分かりやすく解説してくれてます。

ただ、この動画は英語解説なので、もし英語がわかりにくいなら、YouTUBEには字幕機能も付いていますので、

↑↑画像右下の「設定」で日本語を選択していただき、「字幕」のアイコンをクリックすれば自動で日本語訳を表示してくれますので便利です。

「動画参照:YouTube (プライバシー ポリシー)

この動画が言っていることの概要は、地球の構造と太陽が持つ4の構造を置き換えて比べてみている事。

それにより、もし、太陽が地球だったらどうなるのか?と置き換え方が、普段地球に住む我々が、肌に感じるように理解できる内容になっています。

「SUN ON EARTH」動画を解説してみた

動画は、太陽の小さな欠片を地球まで運んできたらどうなるだろう?というところから始まっています。

太陽を地球まで運ぶと言っても、そもそもが太陽と地球の構造は全く違います。

それを仮に置き換えるなら、
地球の陸地(固体・solid)なら、太陽はガス(gas)となり、
地球の海(液体・liquid)は、太陽ではプラズマ(plasma)に置き換えられます。

この構造上の違いを踏まえて、地球に置き換えたらどうなるのか?
以下の4の層に分けて解説しています。

1.地球の大気に相当する彩層(the chromosphere)

彩層は、太陽の一番外側にある地球に例えると、言わば大気に相当する部分でプラズマ大気層です。

彩層の高さは、地球がそのままスッポリと入るくらいで1万~1万2,000キロ。


「画像参照:YouTUBE」

温度に至っては、約6,000~2万度という超高熱の場所になります。

しかし、彩層の密度は非常に薄く、地球の大気の100万倍も薄いため、もしそこに地球の大気を持って来たとするなら、大気は彩層に一気に圧縮され、TNT爆薬12キロ分に相当する衝撃波が生まれてしまいます。

この衝撃波がどれくらいか?というと、人間の骨や内臓が破壊されるほどの威力があるとされます、

2.地球の地表に相当する光球(the photosphere)

光球は、太陽の表面部分で地球の地表に相当する部分で、輝く太陽の光の部分が光球になります。

太陽の表面(光球)の部分を拡大してみると、粒状班と呼ばれる小さな斑点に見える対流模様を確認することが出来ます。

この粒状班は光球上に数百万個も存在しており、見た目は小さな斑点ですが、実際はとてつもなく巨大で、地球に置き換えたら一つの粒状班でアメリカ合衆国にも匹敵するほどです。


「画像参照:太陽表面の粒状班(Wikipediaより)」

光球の温度は約6,000度。
また、粒状班の下には、内部からの熱の対流が起こっており、この対流でガスの撹拌も行っています。
なお、熱エネルギーはTNT爆薬25キロ分に相当すると考えられています。

3.超高密度な領域・放射層(the radiative zone)

放射層では、200万度にも達する強烈な熱が発生しており、そこでは高密度に圧縮されたプラズマ粒子がひしめき合っています。


「画像参照:YouTUBE」

もし、この放射層の領域を地球に持って来たとするなら、超高密度なため、そこは極限の圧縮状態。
その圧縮により、原子爆弾級の大爆発が起こることが想定されます。

放射層は、あまりにも高密度なため、中心部で作られたエネルギーが光子になって、表面に出ようしてもなかなか出ることが出来ず、表面に出るまで数十万年もかかるとされています。

4.熱核融合反応が起こっている中心核(the core)

太陽エネルギーの素となっているのが中心核。


「画像参照:YouTUBE」

中心核の大きさは、太陽全体の1%以下ですが、質量は太陽全体の3分の1を占めるほど超高密度な領域です。

この高密度な状況が引き起こすのは、水素原子同士がぶつかり合って融合し、ヘリウムを生成する熱核融合反応です。


「画像参照:熱核融合反応のイメージイラスト(YouTUBEより)」

中心核は太陽全体の重さで圧縮されており、温度は摂氏1,500万度という、地球上では到底考えられない強烈な熱を発生させています。

熱核融合の威力は想像を絶するモノで、仮に地球上に一般住宅サイズの中心核があったとしたなら、半径300キロ周囲を巻き込むほどの核爆発を起こし、その衝撃波は、地球を何周も周回するほどの破壊力があると想定されるとの事です。

つまり、太陽の中心での核融合が地球で起こったら、おそらくはこの世の終わりを告げる被害が起こるという事のようです。

太陽のエネルギーは地球とは比較にならない

動画「SUN ON EARTH」では、太陽の環境を地球に持って来た場合を解説していましたが、要するに、太陽の規模・エネルギーは地球とは比較にならないほど強大だという事を表現しています。

そもそも、太陽と地球の大きさからして比較のしようもなく、太陽は地球の109倍もの大きさがあります。


「画像参照:YouTUBE」

これは、あくまでも計算上による比較ですが、これにより、太陽の構造や強大さが良くわかる内容となっており、子供さんの科学の勉強にも良い動画教材ではないでしょうか?!

また、宇宙には太陽以上に巨大な恒星が数限りなく存在しており、これらまた比較するとなると、壮大過ぎて想像の域を完全に超えてしまうのではなでしょうか?

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ