Sponsored Link

太陽が最期を迎えるときの寿命のメカニズムと生命に溢れる地球の運命

我々の生活の中で太陽はあって当たり前。明るく燃え続け、毎日東から昇り西へ沈んで行きます。

そんな当たり前な存在の太陽が無くなるなんて誰もが考えた事もないのではないでしょうか?

しかし、この世の全てのモノには限りがあります。太陽だって例外ではありません。
いつかは寿命を迎え燃え尽きる時が来ます。

そうなったとき、太陽はどんな最期を迎えるのか?そして地球の運命はどうなるのか?
そんな事をちょっと気になったりもしますが、ここでは太陽の最期について少しまとめてみました。



地球に生命の恵みを与えてくれている太陽。太陽無しでは人類はおろか全ての生命は生きて行くことは出来ません。
言わば太陽は地球の全生命の運命を握っている存在でもあるのです。

そのため、我々は太陽とはどんな存在なのか?少しは知っておく必要があるのではないでしょうか?!

太陽が燃えているメカニズム

太陽は巨大なガスの塊です。
その大きさは地球の約109倍の直径約140万キロもあり、太陽からみると地球などとてもちっぽけな存在です。


「画像参照:YouTube」

また質量に至ってはとてつもなく巨大で、地球の約33万倍。
この質量は太陽系全質量の99%以上で、太陽系はほとんど太陽で占められています。

我々からみると太陽はとてつもなく巨大な存在ですが、全宇宙からみると標準的なサイズで太陽より巨大な星いくらでも存在します。
しかし、この標準的サイズの太陽があってこそ地球に生命が育まれる要因ともなっているのです。

さて、この宇宙レベルでの標準サイズの太陽。
いったい、どんなメカニズムで燃え続けていることが出来るのか?

太陽は、莫大な量のガスが集まり球状を形成しています。
その中心部では巨大な重力が発生し、水素が核融合反応を起こしヘリウムに変化しています。
その水素がヘリウムに変わるときに大きなエネルギーを発生させ、熱と光を放出する”燃える太陽”となっているワケです。


「画像参照:JAXA宇宙情報センター

この熱核融合により太陽の中心温度は1,600万度に達すると推測されますが、表面に達するときは6,000度ほどに下がり、この温度が有害な放射線を軽減させ、太陽から程よい位置にある地球(太陽との距離:約1億5,000万キロ)に生命の育みを与えてくれています。

太陽の寿命

太陽は標準的なサイズのため代謝(熱核融合)が比較的緩く、長く燃え続けることが出来ると言われています。
そのため、現在の推測では太陽の寿命は約100億年。

現在は、その寿命の半ばに当たる45~46億年程度ではないかと推測されていますので、太陽の寿命が尽きるのは約50億年後くらいになるのでと考えられています。

ちなみに、太陽より質量の大きい星(恒星)は、その分核融合反応のスピードも速く大量のエネルギーを発生させるため、寿命も短命に終わってしまい、仮にそれらの星に地球のような惑星が存在したとしても、生命が育まれるにはあまりにも時間が短いため、地球のような生命の星は誕生しにくいと言われています。

Sponsored Link


太陽の寿命が尽きたらどうなるのか?

水素で燃えている太陽。いづれはその水素も底を尽きてしまいます。

すると、中心部に水素が無くなった太陽は徐々に核融合反応が外側で起こるようになり、その影響で太陽自体が膨らんでいき、膨らんだことでガスの密度も重力も、そして温度も低くなっていき表面温度が低温になっていくと赤く見えるようになるため、太陽は巨大に膨らんだ”赤色巨星”になって行きます。

巨大に膨らんだ晩年の太陽とは、いったいどれほどの大きさなのか?

予想では、太陽の最終段階の大きさは半径が1億キロを超えるまでに成長すると考えられ、重力が弱くなった太陽は核融合反応も止まり、星を形成していたガスも宇宙空間に広がって行き、最期は核融合の燃えカスである地球ほどのサイズの白色矮星が太陽があった場所に残り、ついに太陽は一生を終えることになります。

太陽の寿命が尽きることで地球はどうなるのか?

赤色巨星になった太陽は地球を飲み込むほどの大きさに成長します。

つまり、地球の運命も太陽と共にあるということですが、太陽が赤色巨星に成長する課程で地球は大気をはぎ取られ、全生命は死滅してしまうと考えられています。

しかし、その時は数十億年先の話で、地球が最期を迎える前はどうなっているのか?誰もわかりません。
人類もこの時まで存在しているとは限りませんし、もし人類が生き残っていたとしてもかなり進化して、今とはまったく別の生物になっていると考えられます。

いづれにせよ、我々が生きている時代で太陽が最期を迎えるという心配は無いワケで、この先の太陽の運命だけ知識として頭に入れておけば良いでしょう。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ