Sponsored Link

太陽系の大きさをわかりやすく例えるため地球を縮小して比較してみた

我々が住む太陽系。人類は太陽を含め、ほぼ全ての惑星まで調査の手を伸ばしており、現時点で地球から最も遠い準惑星の冥王星まで探査機を送っています。

そこまで探査機を飛ばせるのであれば、意外と太陽系は狭いのかも?と思うかも知れません。もしそう思うなら大きな勘違いで太陽系は我々人類の目からしたらとてつもなく大きいのです。

ここでは、そんな太陽系の大きさを具体的に例えてお伝えしてみたいと思います。



太陽系の構成と大きさ

太陽系は中心に熱核融合で燃える恒星・太陽があり、その周りに水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星の8つの惑星が取り囲み、そしてその大外に準惑星の冥王星が存在します。

最近では、冥王星のさらに外側を周る太陽系第9番目の惑星が存在する可能性が高いと話題になり、その発見も時間の問題とされています。

なお、この太陽系の星々の距離を地球を起点に測ってみると

  • 太陽:約1億5,000万キロ
  • 水星:約9,000万キロ
  • 金星:約4,200万キロ
  • 火星:約8,000万キロ
  • 木星:約6億3,000万キロ
  • 土星:約12億8,000万キロ
  • 天王星:約27億キロ
  • 海王星:約44億キロ
  • 冥王星:約48億キロ



ちなみに、謎の第9惑星は冥王星軌道の遥か外側を公転していて、その距離は900~1,800億キロの超楕円軌道ではないかと予想されています。

地球の大きさを直径1センチに例えたら?

現時点で太陽系の一番外側を周る星として冥王星までの距離が約48億キロとしていますが、これではちょっと太陽系の大きさがわかりにくいと思いますので、例えて言うなら地球の大きさをパチンコ玉程度の直径1センチだとしたら、太陽系がどれだけ大きいか良くわかると思います。

直径1センチの大きさの地球の場合、
太陽の大きさは約1メートル10センチで、地球から太陽までは117メートルとなります。

そして地球から冥王星までは約4.6キロと、これだけ縮小しても半径5キロが太陽系の大きさですので、実際の太陽系はとてつもなく大きいということがおわかりか?と思います。

Sponsored Link


1センチの地球サイズで太陽系に最も近い恒星系はどれくらい?

冥王星までが太陽系の大きさではありません。
冥王星の外側にはさらに、小天体の集まりであるエッジワース・カイパーベルト。
さらにその外側にはオールトの雲と呼ばれる宙域があるとされ、そこまでが太陽圏で大きさは光の速さで1年かかる1光年ではないかと言われています。


「画像参照:国立天文台 天文情報センター

そして、太陽系の隣りの恒星系は約4.5光年離れたアルファ・ケンタウリです。
これを直径1センチの地球サイズで距離を想定すると太陽からアルファ・ケンタウリまで約3万2,000キロになり、お隣りの恒星と言えどいかに遠いかわかるかと思います。

しかし、逆に言えば恒星同士がこれだけ距離が離れているのであれば、お互い星同士の干渉も受けず、太陽系は独立したカタチで存続出来ているということも言え、この密度の薄さが地球に生命が育まれる要因の1つになったとも考えられています。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ