Sponsored Link

太陽が2つ以上存在する連星系惑星は例外でなく常識だった

私たちの太陽系は、命の源である燃える星・太陽を中心に、現時点では8つの惑星とその他の天体が周り構成されています。

つまり、私たちにとって太陽は1つというのが常識なワケです。
しかし、宇宙は太陽系だけでなく、果てしなく広い。
そんな広い宇宙では、必ずしも太陽が1つというワケではなく、2つ以上ある連星は当たり前のように存在するのです。



最近話題になった太陽が3つある恒星系

最近Webニュース等でも流れていた太陽を3つ持つ惑星「KELT-4Ab」。

この惑星は地球から約685光年離れた場所にある星で、
木星の大きさの1.7倍もある巨大な惑星。

「KELT-4Ab」は巨大な惑星のため、おそらく木星や土星のようなガス惑星であることが推測出来るのですが、それよりも、この惑星には太陽は3つあるという事が判明して話題になっています。

「KELT-4Ab」が持つ太陽の1つめは、「KELT-4Ab」自身が公転する母恒星「Kelt-4A」。
この恒星は、ほぼ私たちの太陽と同じ質量の星(太陽の1.2倍)で、
惑星「KELT-4Ab」と母恒星の距離は非常に近く、地球が太陽の周りを365日かけて公転するのに対し、KELT-4Abは3日ほどで公転するという異常なほど近距離で、もしKELT-4Abが衛星を従えていたとしても、高熱にさらされ、とても生命など生存出来るような環境ではないと考えられます。

そしてさらに、KELT-4Abには他に2つの太陽(恒星)が存在しており、
これら2つの太陽はKELT-4Abから遠く離れており(公転周期約4,000年)、
大きさも私たちの太陽の半分ほどの大きさで、
比較的温度の低い赤色矮星だと考えられています。

つまり、この恒星系は、主星である「Kelt-4A」の周りを、
少なくとも惑星の「KELT-4Ab」と他の2つの恒星が公転している、ちょっと変わった恒星系で、
惑星「KELT-4Ab」には常に3つの太陽が輝いて見えるハズです。

Sponsored Link


太陽を2つ以上持つ恒星系は珍しくない

宇宙には、太陽が2つ以上ある恒星系は意外に普通に存在し、決して珍しくありません。

例えば、太陽系のお隣りの恒星系であるアルファ・ケンタウリも太陽が3つある連星です。

しかも、お隣りだけあって太陽系から4.3光年ほどしか離れておらず、
我々人類も、近い将来この恒星間航行出来る探査機を開発し、この恒星系の探査を行う計画があります。

このように、連星は意外と身近な存在かも知れませんし、
夜空に輝く星のうち約25%は、連星だと言われています。

もしかしたら太陽系も連星になっていた?

宇宙ではそれほど珍しくない連星。

実は、私たちの太陽系ももしかしたら連星になっていたかも知れません。
そんな、2つめの太陽候補は木星です。

木星は、太陽のように自ら光を放たない惑星ですが、
別名を”太陽になり損ねた星”と言われるほど、星の構成が太陽に良く似ています。

太陽の成分は水素とヘリウム。
木星もまた水素とヘリウムが主成分となったガス惑星です。



つまり木星は、成分的には太陽になり得る要素を持っているのですが、
自ら輝き出す熱核融合反応は起こらなかった。

その理由は、太陽のように核融合反応を起こすには質量が不足していた。
木星がその核融合を起こす条件として、質量があと70~80倍は欲しいところ。

しかし、木星が太陽になれなかったことが、逆に地球に生命をもたらす要因にもなっています。

もし、木星が自ら輝き出したとしたら、
地球に人類はおろか生命も存在しなかったでしょう。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ