Sponsored Link

人類居住可能惑星発見?太陽系外に条件を満たす天体見つかる

このサイトでも何度も紹介していますが、
最新の観測によって、宇宙には生命存在に期待が持てるような星がいくつも見つかっています。

それは太陽系の星の中にもあり、さらには太陽系外に見つかった惑星にもその可能性はあります。

しかし、これらの星が将来人類が居住可能なのか?は別の話。

やはり人類が住むには、限りなく環境が地球に似ていないといけないようです。

果たして、人類が移住出来る”第二の地球”は見つかるのでしょうか?

現在の人類居住先候補は火星?!

今、近い将来の人類居住先の星として盛り上がっているのが、隣りの惑星「火星」です。

ある一部の宇宙ベンチャーたちは、数年以内にも人類を火星へと送り居住させたい。と言っていますが、現実的な話をすると、火星の環境はとても人類が居住出来る条件を満たしているとは言えません。

確かに火星には大気もあり、1日の長さも地球とほぼ同じの24時間。
季節も巡る自然環境があります。

しかし、大気はあると言っても気圧は地球の100分の1程度。
こんな気圧の中に人が生身で放り出されると、ものの数秒で息絶えてしまいます。

また、1日の時間や季節といっても見せかけだけで、平均気温はマイナス40度以下。

地上に、季節を感じさせてくれる草木1本すら生えておらず、
人が生きるのに必要な水も地上には存在しない、荒涼とした世界が広がっています。
(最近、火星の地下に水の痕跡は見つかり話題になっています。)


「画像参照:Wikipedia」

さらに致命的なのが、火星の重力の低さ(地球の約3分の1)と、磁場の無い環境。

人が重力の低い火星に長期間滞在すると、筋力低下はもちろんの事、骨の劣化、内臓機能の低下など様々な障害を引き起こしてしまい、磁場が存在しないと、太陽や宇宙空間からの有害な放射線が容赦なく降り注ぎ、放射線で汚染された土壌で作物を育てる事は出来ないどころか、人間も被ばくしてしまい兼ねません。

このような過酷な条件の下、本当に人類を移住させようとしているのでしょうか?

個人的な意見になりますが、「火星移住計画」は正気の沙汰ではないと考えます。

Sponsored Link


人類が居住出来る星の最低限3つの条件

では、火星に人類が移住出来ないなら他に候補地はないのか?

残念ながら太陽系には地球以外に、人類が居住出来る場所は無く、もし”第二の地球”を求めるなら太陽系外へ出ないと行けません。

そして候補地の第1条件となるのが「ハビタブルゾーン」です。

ハビタブルゾーンとは、太陽系のような星系の中で、太陽と地球の位置関係のように、恒星と惑星(衛星)が生命を育める環境にある事。

もっと具体的にご説明すると、恒星と惑星(衛星)の距離関係が近過ぎもせず遠過ぎもしない、水が液体の状態を保てる丁度良い距離にある領域の事を言います。


「画像参照:www.kousotu.com」

2つ目の条件は、水を豊富に湛える星である事。

人類が生きていくのにどうしても必要なのが水です。
また、豊富に水がある事で食糧となる生物も育まれ、星の大気循環も安定し、住みやすい環境の確保に役立ちます。

3つ目が星自体の大きさ・質量。

星の質量もまた重要。

星の質量が大き過ぎると重力も強くなり、その強い重力の影響で大気圧も上がります。

逆に小さ過ぎると重力も低く、大気も繋ぎ止めておくことが出来にくくなるため、人類の住める環境ではなくなってしまいます。

他にも、地球の月のように大きな衛星を保有している事や、常に恒星に一方方向だけを向けていない、自転速度(潮汐ロック)になっていない事も重要になって来ます。

居住可能な確率の高い星は見つかっている?!

最新の観測技術向上により、太陽系外に次々と惑星が発見されています。

その中には、生命生存の可能性のある惑星もいくつか見つかっており、人類が居住出来る確率の高い惑星の存在も確認されています。

その惑星の名前は「ケプラー62f」。

ケプラー62fは、ケプラー宇宙望遠鏡によって2013年に発見された惑星で、大きさは地球の1.4倍ほど。

ケプラー62fの主星である恒星ケプラー62は、太陽の7割ほどの質量を持つ安定した活動をしているK型主系列星で、主星との距離もハビタブルゾーンに位置しており、収集したこの星のデータを元にコンピューターのシミュレーションを行ったところ、水の存在の高さや大気構成が地球に似ている事が確認され、人類が居住可能である可能性がかなり高いということが判明したそうです。


「画像参照:Wikipedia」

もちろん、この事実が判明したからと言ってケプラー62fに生命が居る証拠が見つかったワケではなく、あくまでも可能性としての事で、今後更なる調査では、生命存在の有無も判明するかも知れません。

ただ、残念な事に地球からケプラー62fまでの距離は1,200光年も離れており、今後いくら人類の科学文明は発達したとしても、この距離を渡る宇宙船を造ることは難しいでしょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 この記事の内容にご満足いただけましたら
 ↓↓をクリックして下されば幸いです。
にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
「にほんブログ村」
Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ