Sponsored Link

存在確実も未発見の太陽系第9惑星は他星系からやって来た新説

冥王星が惑星の定義から外れてしまった今、現時点で太陽系には8つの惑星しかありません。

しかし、人類の観測の目がほとんど届かない謎の多い太陽系外縁部に、新たな巨大天体「惑星X」の存在が確実視され、それが太陽系第9惑星だということが期待され、今後の発見が待たれるところです。

存在が確実視されるも、未だ発見に至っていない「惑星X」。
ここに来て、新たな推測が生まれて来たようなのですが、それっていったい何なのか?



太陽系第9惑星の存在が確信できる理由

未だ発見されてもいないのに(2016年現在)、天文学者たちは、太陽系第9番目の惑星の存在に確信を持っています。

その理由は、太陽系外縁部のエッジワース・カイパーベルト天体を調べていたときの事。
調査対象になっていた天体がすべて、偏った軌道をとっていることに気づきます。



天体たちが偏った軌道をとっている意味。
それは、何等か未知の天体による大きな重力で、
その周辺にある小天体が、軌道にゆがみ生じてしまっていると推測できるという事です。

つまり、それこそが、太陽系第9惑星の存在を意味しているという事のようです。

参考動画:【太陽系第9惑星存在の証】

他の天体の軌道をゆがめてしまうほどの天体は、かなり巨大な天体ではないか?
ということで、その質量は地球の10倍以上にもなると予想されています。

Sponsored Link


巨大な天体なのに見つからない理由

太陽系第9惑星。巨大な天体だと予想されているのに、見つからない理由。

それは、自ら光を放つ恒星と違い、惑星のような天体は光を出さない。
そして、地球からあまりにも離れているため、太陽光もほとんど届かず、
言わば、暗闇の中にある天体を探すのは、至難の業だという事のようです。

ちなみに、地球から第9惑星までの距離は、300億キロから1,800億キロも離れていると予想され、
元太陽系第9惑星だった冥王星までの距離が、約50億キロですので、その距離がいかに遠いかおわかりかと思います。

しかし、ゆがんだ軌道を周っているエッジワース・カイパーベルト天体から、
第9惑星の、おおよその軌道は推測できるとのことで、
その軌道を辿って行けば、近い将来発見できる可能性は高く、時間の問題とまで言われています。

新説~太陽系の第9惑星は他恒星系からやって来た「惑星X」だった?

発見されるのが待たれる第9惑星(まだ発見されていないため現時点では「惑星X」)。

各国の天文台は、一番乗りで「惑星X」を探し出すため、
望遠鏡の照準をエッジワース・カイパーベルトに向けています。

そんな折、スウェーデンの天文チームから「惑星X」について新説が発表されています。

それは、「惑星X」はもともとは他の恒星系に属していた惑星だったのでは?という事、
つまり、その恒星系が太陽系の近くを通過したときに、太陽の強い重力に捕えられ、太陽系へ移動してしまったという説。

「動画参照:YouTube (プライバシー ポリシー)

研究チームの発表によれば、惑星Xが太陽系に移動して来たのは、
まだ、太陽系が生まれて間もない頃の約45億年前だとされていますが、

それ以降も、他の恒星系が太陽系に接近して来た説はいくつかあり、
以前、ご紹介したショルツ星もその1つ。

ショルツ星は、7万年前に太陽系に接近し、地球に氷河期をもたらしたと言われています。
もちろん、その事に確証はありませんんが、
ショルツ星の接近と、氷河期の時代が重なることから、そのような説も生まれていますが、

もしかしたら、惑星X~第9惑星の起源はこのときにあるのか?
また、太陽系外縁部には、ほかにも他恒星系からやって来た天体があるのかも知れません。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ