Sponsored Link

深宇宙天体探査機の最終目的地は史上最遠天体「世界の果て」

冥王星探査を大成功させたNASAの太陽系外縁天体探査機「ニュー・ホライズンズ」。

冥王星探査だけでも偉業を成し遂げた感のあるニュー・ホライズンズですが、
まだまだそのミッションは終わりではなく、
今度の探査目標は、冥王星よりも遥かに遠い深宇宙に浮かぶ史上最遠の天体です。

その探査に向かう史上最遠の天体の名前は「世界の果て」。
まさにこれ以上先は無い!という意味で名付けられた星のミッションに挑みます。

そんなニュー・ホライズンズが探査に挑む「世界の果て」とはどのような天体なのか?
現時点で判明している情報をいくつかまとめてみました。

ニュー・ホライズンズの次の探査目標天体「世界の果て」までの距離

2015年に地球から48億キロ以上も離れた冥王星まで到達し、素晴らしい探査を行ったNASAの無人探査機「ニュー・ホライズンズ」。


「画像参照:冥王星に接近するニュー・ホライズンズの想像図(Wikipediaより)」

ニュー・ホライズンズのミッションは、冥王星の探査で終了かと思いきや、まだまだその任務は終わらず、更に遠くの天体探査に向け旅を続けています。

その次の目標天体となっているのが、2019年1月に到達する太陽系外縁天体「2014 MU69」。

愛称はラテン語「Ultima Thule」。
日本語に訳すと「世界の果て」という意味だそうです。

天体「世界の果て」までの距離は、冥王星から約16億キロ外側にあり、地球からの距離は65億キロ以上離れている探査目標としては史上最遠の天体になります。

ちなみに、「世界の果て」まで到達したニュー・ホライズンズの地球まで通信にかかる時間は約6時間。

つまり、光の速さでも6時間もかかる距離までニュー・ホライズンズは到達するワケです。

Sponsored Link


天体「世界の果て」とは?

太陽系外縁天体「2014 MU69」、改め天体「世界の果て」とはいったいどんな天体なのか?

これほど遠く離れた天体に、ニュー・ホライズンズがわざわざ探査に向かうにはどのような目的があるのでしょうか。

天体「世界の果て」の直径は約45キロと推定されている小惑星で、太陽を公転する軌道周期は約293年。

これはキュビワノ族と呼ばれる、最も近くにある巨大惑星・海王星の重力的影響を受けないエッジワース・カイパーベルト天体です。


「画像参照:ニュー・ホライズンズ(黄線)の軌跡と世界の果ての公転軌道(赤線)(Wikipediaより)」

天体「世界の果て」が地上からの観測で現在判明している事は、カイパーベルト天体としてはかなり古いモノらしく、横長もしくは、2つの天体が合体した落花生の殻のような形状しているのでは?と推測されています。


「画像参照:天体「世界の果て」の想像図(www.space.comより)」

何故、天体「世界の果て」が探査目標に選ばれた理由とは?

この天体が発見されたのは2014年。
ニュー・ホライズンズが地球を飛び立ったのが2006年ですから、当初の探査目標にはこの「世界の果て」は入っていなかったのは明らかです。

つまり「世界の果て」は、冥王星探査を終えフライバイを行ったニュー・ホライズンズの航路上近くにあり、方向転換などで燃料消費の少ない範囲内に位置している都合の良い場所にあったという事が、探査目標に選ばれた一番の要因のようです。

また、当初、探査目標となる候補の天体はいくつもあったらしく、最終的に探査天体に選ばれたのは、「世界の果て」がニュー・ホライズンズがフライバイを行うには程よい大きさで、さらに太陽系の起源を探るには適している古い天体である事も決め手になったとの事です。

「世界の果て」の探査を終えたニュー・ホライズンズの次ぎの探査目標は?

史上最遠の天体を探査したニュー・ホライズンズのミッションはこれで終わりではありません。

次のミッションは「ワン・アース・メッセージ」というモノ。

これは別の天体を目指し飛んで行くという計画ではなく、ニュー・ホライズンズがまだ地球通信出来る状態の時、いづれ出会える可能性があるかも知れない異星人に宛てた地球からのメッセージを送り、そのメッセージを携えたニューホライズンズは太陽系を脱出するコースを取るというモノ。

また、ニュー・ホライズンズより先に太陽系を離れようとしているパイオニアとボイジャー探査機にも異星人に向けたメッセージが積み込まれています。


「画像参照:ボイジャー探査機に積み込まれた異星人に向けたメッセージ ゴールドレコード(Wikipediaより)」

しかし、このような異星人に向けたメッセージを携え太陽系を脱出しても、現実的に考えるとこれらの探査機が異星人と出会える可能性は限りなくゼロに近いワケで、言わば夢とロマンを乗せたミッションとなるでしょう。

それでも可能性がゼロでない限りは、もしかしたら意味のあるミッションとなるかも知れません。

いづれにせよ、ニュー・ホライズンズの次の探査目標である天体「世界の果て」の到着と、地球に送って来るであろうデータと画像を楽しみにしたいモノです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 この記事の内容にご満足いただけましたら
 ↓↓をクリックして下されば幸いです。
にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
「にほんブログ村」
Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ