Sponsored Link

火星は第2の地球になり得る?テラフォーミングのNASA発表は

何かと話題の天体・火星。

最近では15年ぶりの大接近や、地下に水が発見されたり。

また、近い将来は有人探査や移住計画。
そして究極は火星をテラフォーミング(地球化)する計画等・・・

でも、この火星テラフォーミング計画にNASAが疑問符を投げかけたようです。

と言うのは、人類最先端の技術を持っているNASAが「火星をテラフォーミングするなんて無理!」と言っているようなのです。

現実味を増して来た人類が足を踏み入れる火星の地

地球と火星の距離は最も接近したときでも約8,000万キロ。

当然ながら決して近い距離ではなく、人類にとってはとてつもなく遠い距離です。

しかし、この距離も最近の宇宙開発の進歩ぶりを見ると、決して遠くない距離になりつつあるようで。

2020年代から30年代初頭にかけて、火星有人探査を行う計画や、
民間の宇宙ベンチャーも、20年代中にも人類を火星に送り込むという計画を実際に立てているほど。

「動画参照:YouTube (プライバシー ポリシー)

このような計画が発表されているのを聞くと、これから先の宇宙開発の動向が非常に楽しみなところですが、はたして人類は計画どおりに火星の地に降り立ち、そして無事に地球に帰って来れるのでしょうか?

人類が火星に行くには大きな問題点がある?!

公の場で火星有人飛行計画を発表するという事は、それだけ技術が進歩している事の表れであり、本当に2020年代には計画が実行されるのかも知れません。

しかし、人類が最低でも片道半年以上かかる火星に行って帰って来るには、技術ではどうにもならない問題があります。

それは、長期間の無重力生活です。

例えば、国際宇宙ステーション(ISS)に長期間滞在した宇宙飛行士が地球に帰還したときのニュース映像等を観たことがあるでしょうか?


「画像参照:ISSから帰還したカプセルから引き上げられるJAXAの金井宇宙飛行士(AFP BB NEWSより)」

長期間、無重力の宇宙で過ごした宇宙飛行士は、筋力が衰え自力では立つことも出来ず、スタッフに抱きかかえられて地上に降り立ちます。

つまり、火星に行く人類もこれと同じことが起きるのです。

半年以上の長い間、宇宙を旅し火星に到着。

航行中、筋力の衰えを防ぐために筋力トレーニングしていたとしても、かなり筋力が衰えた状態になっているでしょう。

そんな状態になった宇宙飛行士たちが火星の地に立つことが出来るでしょうか?

もちろん、火星には抱えてくれるスタッフもいません。


ちなみにあるデータによると、人が半年間無重力で過ごすと筋肉が50%萎縮する恐れがあるそうです。

火星の重力が地球の3分の1しか無いことを考慮しても、50%筋力が衰えた状態で自力で火星の大地で活動する事は、かなり難しいのではないでしょうか?

ただ、SF映画に出て来るような人工重力を造り出す装置が宇宙船に付いていれば別でしょうが・・・


「画像参照:人工重力発生装置の付いた宇宙船の造形(映画「オデッセイ」より)」

いくら技術が進歩したとしても2020年代までに、
そんな装置を開発することは無理なのではないか?・・・と。

Sponsored Link


火星活動の問題点は筋力低下だけではない!?

無重力での筋力萎縮問題が解決され、無事に火星の地に人類が立てたとしても、火星がかなり過酷な地であるこは変わりはないでしょう。

火星探査で短期間火星に滞在するのであれば、特に問題はないでしょうが、
今、話題になっている”火星移住”となれば、人が生活するには難しすぎる数々の問題点がのしかかって来るでしょう!?

「太陽系で最も地球に似ている天体・火星」

と言っても、火星が地球に似ている点はほんのわずか。

自転速度が地球とほぼ同じの約24時間である事と、四季が存在する事。
他、地下に水が埋蔵されている事ぐらいです。

それ以外は、とても地球に似ているとは言い難い環境であるのが火星です。

例えば、重力は地球の3分の1程度しかなく、この重力で長期間生活すれば、筋力低下どころか?体中の機能に異変が起こってしまう可能性があります。

また、火星には磁場が存在しません。

これは何を意味するのか?

磁場は、太陽や宇宙からやって来る有害な宇宙線を防いでくれます。

そんな磁場が無いことで、容赦なく振り注ぐ宇宙線(放射線)で火星の地表は汚染されいます。

火星移住者が、食糧を確保するために汚染された火星の土壌を使って作物を栽培しようとしても無理があるでしょう。

他、火星の近くには小惑星帯があり、そこからやって来て火星に落下する隕石の数は地球以上だと考えられます。

もちろん、大気が十分に厚ければ、地球のように大気摩擦で隕石のほとんどが地表に到達するまでに燃え尽きるでしょう。

しかし、火星の大気は地球の100分の1ほどで希薄のモノで、多くの隕石が燃え尽きず地表に落下することでしょう!?


「画像参照:火星に点在する隕石落下痕(Wikipediaより)」

つまり、火星移住者は、頻繁に降って来る隕石の恐怖にも怯えながら生活しないといけないワケです。

火星地球化(テラフォーミング)は無理!とNASAが公式見解

スペースX社のC.E.O.イーロン・マスク氏は、人類を火星に送るために計画を進めています。

そんなイーロン・マスク氏が火星を目指す理由の1つとして語っていることが「火星は人々に夢を与えてくれる。」です。

彼はNASAよりも早く、2020年代までに火星に人類を送り、今後は火星を人が住める植民地化していく計画だと言います。

つまり、太陽系の天体で最も地球の環境に近い火星を、もっと地球環境に近づける「火星テラフォーミング」する事。

でも、いくら火星は地球に似ているからと言っても、似ているのはほんの少しだけ。

実際の火星は人類の植民を拒絶する無慈悲な環境下にあります。

現在考えられている火星のテラフォーミング方法は、
火星の極地方に眠る氷と二酸化炭素を溶かし、気化させ乾いた大地を水で溢れさせ、同時に薄い大気を人間が住める厚い大気圧に改造するというモノ。

しかし、この構想に”待った”をかけたのがあのNASA。

NASAは「現在の科学・テクノロジーでは火星のテラフォーミングは不可能」と発表しました。

NASAの発表によりと、火星に埋蔵された二酸化炭素は、火星の大気を厚くし冷えた大地を暖められるほど十分な量が含まれておらず、
また、せっかく人工的に造り出した大気層も火星の低い重力では留めて置くことが出来ず、宇宙空間に流失してしまう恐れがあると言います。


「画像参照:NASA」

ちなみに上図はNASAが発表した、火星の大地を暖めるために必要な温室効果ガスは地球が100%だとすると、火星には0.6%しか無いという事を表しています。

つまり、火星に埋蔵されている温室効果ガスだけでは、とてもテラフォーミングは無理という事になるワケです。

また他にも火星をテラフォーミング出来ない理由があり、

例えば、火星の低重力。

火星の重力は地球の3分の1程度しかありませんので、人がこの低い重力化で長期間生活すると、身体機能に著しく悪影響が出てしまう事が懸念されます。

そして、もっと重大なのが磁場の問題。

磁場の存在しない火星で、容赦なく降り注ぐ生物にとって有害な宇宙線(放射線)をどうやって防ぐのか?
これはとてつもなく大きな問題点であって、これをクリアしないととても火星で生活することなんて出来ないでしょう。


このような火星の問題点。
火星移住計画を考えている人たちは、もちろんこの事はわかっていることと思います。

果たして、NASAでさえ無理と言っているこの計画を、どうやって進めて行くのでしょうか?

今後の展開が楽しみなところです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 この記事の内容にご満足いただけましたら
 ↓↓をクリックして下されば幸いです。
にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
「にほんブログ村」
Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ