Sponsored Link

宙ガール愛用グッズの双眼鏡と初心者におすすめの観測天体4選

宇宙・天文に興味を持ち天体観測を初めた人も多く、その中には「宙ガール」と呼ばれる女性たちもいます。

そんな天体観測初心者の宙ガールたちの多くが愛用しているグッズが、天体望遠鏡ではなく双眼鏡。

「双眼鏡で天体観測?」と疑問に思う人もいるかも知れませんが、実は双眼鏡で星の観測は十分可能なんです。

今回は、これから天体観測をはじめてみようかな?!って考えている方に向け、いきなり扱いが難しい天体望遠鏡を買うより、簡単・お手軽な天体観測向けの双眼鏡をご紹介したいと思います。

天体観測ビギナーはまずは双眼鏡を買うベシ!

本格的に天体観測をしたいなら、もちろん天体望遠鏡を使う事がベストです。

しかし、天体観測などやった事のない初心者が、いきなり天体望遠鏡を使うのは、ちょっとハードルが高すぎると思います。

何故なら、天体望遠鏡にはいくつも種類があり、操作も難しく設置場所や移動面で時間と労力が必要となり、そもそも初心者にはどの天体望遠鏡を使えば良いか?よくわからないかと思います。



その点、双眼鏡なら手軽で持ち運びも楽!
更には、天体観測だけでなくスポーツ観戦やバードウォッチング、アウトドアなど様々なシーンで幅広く利用出来て便利。

何より、天体望遠鏡よりも安価で購入することも出来るのが魅力です。

Sponsored Link


双眼鏡で観測出来る天体とは?

双眼鏡でも天体観測は出来る!

ですが、天体望遠鏡のように高い倍率は期待できないため、木星の縞模様や土星の環などを見ることはできません。

では、双眼鏡で観測出来る天体はどんな天体なのか?

1.『月面』

まずは、一番わかりやすいのが双眼鏡で月面を覗く事。

月の観測はバリエーション豊富。
三日月、半月、そして満月と覗いて行くと様々な月面の顔が見えて来ます。

一番おすすめなのが半月。
双眼鏡では月面のクレーターを鮮明に見ることはできませんが、半月の時に覗くとクレーターのカタチがハッキリと見えて来ます。



2.『金星・火星・木星・土星』

双眼鏡ではこの4つの惑星を見ることはできます。

但し、ハッキリとした惑星の模様が見れるワケではなく、そこに確かに惑星があるという程度のボヤけたもの。

もちろん、木星の縞模様や土星の環が見れるワケではありませんのでご注意を!


「画像参照:双眼鏡で見た火星」

3.『銀河・星団・星雲』

双眼鏡で観測出来る天体で、一番醍醐味があると言えるのが銀河や星団などの遠い天体。

これらの天体は、肉眼では他の星々と見分けがつきませんが、双眼鏡で見るとぼんやりとその姿を確認する事が出来ます。


「画像参照:双眼鏡で見たプレアデス星団(昴)」

また、星団や星雲を観測するならメシエ天体
がおすすめです。

4.『彗星』

有名なハレー彗星のように、肉眼でハッキリと見える美しい彗星は滅多に観測出来ませんが、双眼鏡を使えば、肉眼ではわかりにくい彗星を見ることが出来ます。

しかも、双眼鏡なら天体望遠鏡よりも彗星を見つけやすいというのが特徴。


「画像参照:双眼鏡で見たラブジョイ彗星」

天文ニュースに耳を傾ければ、毎年のようにやって来る彗星の情報を知ることが出来ます。

天体観測に適した双眼鏡の選び方

双眼鏡で天体観測をするからと言って、何でもイイというワケではありません。

遠い天体を見るワケですから、単純に考えると高倍率な双眼鏡が良いのでは?と考えがちですが、実はそうではなく天体観測に適した双眼鏡は倍率ではなく、広い視野が確保できるモノと明るさが重要です。

そのような天体観測用の双眼鏡選びのポイントはいくつかあり。

選び方としては、口径・倍率・双眼鏡の形状の3つを押さえておくと良いでしょう。

『口径と倍率』

天体観測に適した双眼鏡の口径は50mm前後が良いでしょう。

倍率はそれほど高くなく7~10倍程度がベスト。

ちなみに口径は双眼鏡の先端部分のレンズの大きさを指します。



口径が大きければ、それだけ多くの光を集めるため明るく見ることが出来、倍率がそれほど高くないモノを選ぶ理由は手ブレを防ぐためでもあります。

また、口径÷倍率の事を「ひとみ径」と言い、ひとみ径が大きいほど明るく見えます。

夜間帯での天体観測に適したひとみ径は7㎜が最適。
ここもしっかりと押さえておくと良いでしょう。

『双眼鏡の形状』

遠い場所にある天体を望遠鏡で覗くと、必ず邪魔になるのが手ブレ。

この手ブレを防ぐために双眼鏡の形状は重要になってきます。

つまり、天体観測をするに当たり、手ブレしにくい持ち方で出来る形状の双眼鏡であるのか?という事。

もちろん、手ブレを防止するためには双眼鏡用の三脚を用意する事がベストですが、天体観測に適した形状のモノを選ぶのも重要です。

ちなみに双眼鏡の形状の種類はいくつかあり、ポリプリズム式、もしくはダハプリズム式の双眼鏡を選択すると良いでしょう。



宙ガールに人気の双眼鏡

最近の天体観測女子「宙ガール」向けに、カラフルで扱いやすい双眼鏡もたくさん発売されています。


画像を見る限り、非常に簡素なつくりの双眼鏡に見えますが、これでも十分に天体観測が出来るとの事。

双眼鏡と言うと持ち運びに便利ですが、女性が持つにはちょっと似合わない?
そんな意味でも、ファッション感覚で使える双眼鏡はイイのかも知れませんね。

また、初心者の宙ガール向けにも、天体観測用双眼鏡セットも販売されています。



まとめ

実は私も、天体観測には双眼鏡を使っています。

その理由は、天体観測と言うより綺麗な星空を楽しむ星空観測のため。
本格的な天体観測は出来なくても、双眼鏡が一台あれば、星空が綺麗に眺められ、他にも様々なシーンで重宝するアイテムとして使えます。

また、観測する対象によっては天体望遠鏡より双眼鏡の方がが威力を発揮してくれます。

双眼鏡を使えば広視野で明るく空を見渡すことが出来る。

これなら、星雲・星団・彗星など淡い天体を比較的安易に探し出す事が出来、ときには動きの速い人工衛星や国際宇宙ステーション(ISS)なども捕えることも可能です。

また双眼鏡の最大の特徴はなんといっても手軽さ。

宙ガールといった女性たちや、初心者の方が使う道具としても最適だと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 この記事の内容にご満足いただけましたら
 ↓↓をクリックして下されば幸いです。
にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
「にほんブログ村」
Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ