Sponsored Link

地球近傍小惑星が衝突する可能性と絶滅危機回避の方法は?

人類が終焉を迎える危険性が高いのが、核戦争や未知の伝染病の蔓延、はたまた異星人による侵略等。
異星人の侵略はともかく、核戦争や伝染病は人類が絶滅する事を防ぐ手立てはあるかも知れませんが、現時点では防ぐ手立てがなく、終焉を迎え入れるしか無いのが小惑星や彗星など、巨大隕石の地球衝突。
これまでの地球の歴史の中でも巨大隕石による衝突で、何度も大量絶滅を引き起こしましたが、人類はまだそのような危機を経験していません。

もし、今後、人類の生存を脅かすような巨大隕石が地球に飛来して来たら、どのように対処すれば良いのでしょうか?



地球の歴史は巨大隕石の衝突で変貌している

巨大隕石の衝突は、45億年の地球史の中で何度も経験していて、その度に生物が大量絶滅し、生態系も大きく変化して来ました。

そんな隕石衝突で最も有名と言ってもよいのが、
約6,500万年前に起こったとされる、中米・ユカタン半島付近に落下した直径10キロの隕石。

これにより、数億年間、地球上を支配し栄華を誇った恐竜の時代が終焉を迎え、
人類が誕生するきっかけになったと言われています。

この時、衝突した隕石の爆風、衝撃波、そして巻き上がった粉じんと水蒸気で地球上空は覆い尽くされ、暗黒と寒冷化で多くの生物が絶滅したと考えられています。

Sponsored Link


防ぐ手立てがない巨大隕石の地球衝突

もし、今の時代に恐竜を絶滅させたような巨大隕石が地球に接近し、
衝突の危険性が高まったとしたら、人類にそれを防ぐ手立てがあるのか?

例えば、核ミサイルを隕石に打ち込むとかしたとしても、
巨大な重量の天体が、猛スピードで向かって来るのを爆破するとか、軌道変更するなどはまず無理との事。

また、レーザーを照射して軌道を変える方法もあると言いますが、
現時点では、理論上の方法であり実現するのは難しく、必ず上手く行くとも言えないとの事。


「画像参照:DE-STAR

つまり、今の人類の科学力では、向かって来る巨大隕石を撃退する方法はないそうです。

巨大隕石が地球に衝突したら?

もしも、巨大な隕石が地球に衝突したなら、その破壊力は想像を絶するモノになるそうです。

それは、わずか数十メートルの隕石が衝突したとしても、1都市を簡単に壊滅させるほどの破壊力。

それが、さらに数キロ~数十キロレベルの大きさの隕石だった場合は、
地球全体に壊滅的な打撃を与えてしまいます。

そしてさらに、直径が数百キロにも及ぶ巨大な隕石(小惑星)だったとしたら、もう絶望的なのかも知れません。

「動画参照:YouTube (プライバシー ポリシー)

人類が巨大隕石の衝突を経験していない理由

人類史の中で、大量絶滅を引き起こすような巨大隕石の衝突はありませんし、
それは、人類は今も生き残って繁栄を極めているのが、何よりの証拠です。

そんな人類の繁栄を手助けしているといっても良いのが、
木星や土星などの巨大惑星の存在。

地球に衝突してしまう可能性のある天体の多くは、太陽系の外縁部からやって来ます。
つまり、それらの天体は地球の近くにやって来る前に、木星や土星軌道を通過しないと行けない。

特に木星などは、巨大な重力を持つため、近くを通過する天体を引き付けてしまい、
言わば、掃除機のような役割を果たしてくれて、
結果的に地球に危機を及ぼし兼ねない天体を掃除してくれていると言われています。

もちろん、全ての天体を木星が掃除してくれているワケではありませんが、
木星などの巨大惑星の手助け?が無かったら、もしかしたら今の人類は存在しなかったかも知れません。

危機回避のため今の人類が出来る事

今も地球の周りには、潜在的に危険な小惑星などが多数存在しています。

そんな危険な小惑星に、人類は常に観測の目を向けています。
それを「スペースガード」と呼び、世界各国に観測設備を設け実施しています。

参考サイト:【日本スペースガード協会】

ちなみにスペースガードなどの観測もあり、現在、潜在的に危険な小惑星・地球近傍小惑星は5,000個以上発見されており、そのうち地球軌道をかすめる小惑星は1,000個近くも存在すると考えられています。

これらの危険な天体をいち早くキャッチして、適切な手段を講じること。
手段と言っても、現時点では衝突を防ぐことは出来ませんが、
少しでも被害を軽減するための対策を取ることは、万が一の絶滅を防ぐことにも繋がるかも知れません。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ