Sponsored Link

数多い太陽系の天体の中で特徴的で奇妙な形状を持つ星5選

太陽系には、それこそ”星の数ほど”と言っていいほど、数多くの天体が存在します。

その中には、とても不規則で奇妙な天体も多く、それらが観測技術の発展ともにいくつも発見されて来ています。

それは「何でこうなったの?」と不思議に思う天体も。

ここでは、そんな天体の中、奇妙でかつ面白いカタチをした星たちをいくつかご紹介してみたいと思います。

① ドクロのように見える?ハロウィン小惑星

太陽系で奇妙な天体を地球に近い順にご紹介して行くと、まずはこの小惑星ではないでしょうか。

それは、画像を見ておわかりのように、まるでドクロのような実に不気味に見える天体。


「画像参照:indiatoday

これは、属にいう地球近傍天体と呼ばれる、地球に接近する軌道を持つ天体で正式名称を「2015TB145」と言う直径600メートル程の小惑星です。

この小惑星は、おそらくかつては彗星であり、塵やガス等の彗星成分を流出し尽くした成れの果ての姿だと推測されています。

このドクロのように見える形状から、「ハロウィン小惑星」や「スプーキー(不気味)」という別名のある小惑星。

もちろん、そのものがドクロのようなカタチをしているワケではなく、見る角度からそのようなタカチになるワケで、実際のレーダー画像によるとそれがよくわかります。


「画像参照:Wikipedia」

わずか600メートルほどの小惑星の画像が、これほどハッキリと捉えられた理由は、2015年に地球から486,000キロという距離まで接近したことであり、このときは地球に衝突する可能性も捨てきれない、非常に危険な状態だったと言います。

小惑星「2015TB145」が地球に接近する周期は1,112日。

ですが、これほどまで接近するのは2015年だけで、
今後、当面の間は地球に危険を及ぼすことはないとされています。

Sponsored Link


② まるでUFO?土星の衛星「パン」

2017年9月。我々に土星の様々な姿を見せてくれ、惜しまれつつその任務を全うした探査機「カッシーニ」が捉えた、土星の衛星・パン。

カッシーニは衛星・パンに約2万5,000キロまで接近しました。

そのときに撮影された「パン」の姿がコレ!


「画像参照:NASA/JPL-Caltech/Space Science Institute」

まるで空飛ぶ円盤UFOのような形状。

「パン」は、衛星としては非常に小さく直径約30キロほど。

現在確認されている土星の衛星の中で、最も土星に近い距離を周回(公転周期:約14時間)しています。

ちなみに、衛星・パンは土星に近いというだけあって土星の環の中にあり、その環に目立つ大きな間隙・エンケの間隙は衛星・パンの影響によって作られたモノと考えられています。



③ 環を持つ小惑星「カリクロー」

太陽系の天体の中で、土星のように環(リング)を持つ天体はいくつもあります。

それは土星以外に木星であったり天王星、海王星など惑星のような大きな重力を持つ天体にだけ環は存在すると考えらて来ました。

しかし、そんな定説を覆したのが、直径が300キロにも満たない小さな天体小惑星・カリクロー。

「カリクロー」は、土星と天王星の間の軌道を公転するケンタウルス族と呼ばれる小天体群の中にある小惑星。

直径が約260キロほどの「カリクロー」は、それほど大きな重力は持たないと考えられているのですが、にも関わらず二重の環を持っていることが確認されています。


「画像参照:カリクローの全体想像図(左)とカリクローから見た環の想像図(右)(Wikipediaより)」

また、小さな小惑星に環を存在させる要因のひとつに、衛星の存在もあるのでは?と考えられており、カリクローは環以外にも衛星も従えている可能性が高いと推測されています。

④ 太陽を逆行する小惑星「ディオレッツァ」

地球を含むほとんどの天体は、太陽の周りを反時計回りで公転していますが、中にはその反対方向に逆行している天体もあります。

その中のひとつで、史上初めて逆行小惑星として1999年に発見された「ディオレッツァ」。

ディオレッツァは直径が200キロ弱の小惑星で非常に細長い楕円軌道を持つことでも知られ、最も太陽に接近する近日点が火星と木星の軌道上にある小惑星帯で、最も離れる遠日点が海王星軌道の外側のエッジワース・カイパーベルトにあります。

ディオレッツァをはじめ多くの逆行天体は、木星など巨大な重力を持つ惑星に接近する軌道を持っており、軌道が逆行する原因となったのが、巨大惑星による影響があるものと考えられています。


「参考画像はディオレッツァではなく、同じく木星に接近する小惑星「2015 BZ509」の軌道です。」

⑤ 太陽外から飛来した天体「オウムアムア」

2017年に、エイリアンの宇宙船説まで飛び出して話題となった「オウムアムア」こと「A/2017 U1」。


「画像参照:オウムアムアの想像図(ILLUSTRATION BY EUROPEAN SOUTHERN OBSERVATORY/M. KORNMESSER)」

オウムアムアの発見当初は、太陽系外縁部からの長楕円軌道を持つ小惑星か?と思われていたのですが、詳細な調査で太陽系の外からやって来た恒星間天体であることが判明。

直径は400メートルほどの奇妙で細長い形状をした天体だけに、太陽系外からやって来たエイリアンの宇宙船ではないか?とも、オカルト的な情報も流れたりしましたが科学者たちはこれを完全否定。

炭素を多く含んだ彗星に似た小惑星であるという事を正式発表しています。

「動画参照:YouTube (プライバシー ポリシー)

現在、秒速44キロという猛スピードで太陽から遠ざかりつつあるオウムアムア。

このスピードなら太陽の引力を振り切るモノと考えられ、いづれは太陽系を離脱し、また宇宙空間を放浪する旅に出ると推測されています。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ