Sponsored Link

昔の火星は地球に似た環境で豊富な水が存在し生命の痕跡のある惑星

火星は、太陽系の惑星の中でも地球に最も環境が似た星だということがわかっています。
ただ、地球に似ていると言っても海や川があって木々が生い茂り生命が生存しているワケではなく、今の火星は、少しの大気が存在しているだけの赤茶けた不毛の大地が広がるだけの惑星なのですが、遥か太古の昔は豊かな水に覆われた本当に地球に良く似た環境だったとの事。

今の火星からは信じられ得ない光景が広がっていたとのことなのですが、そこはどんな環境だったのでしょうか?



現在の火星の環境

火星は最短の直線距離で地球から約8,000万キロ離れています。
つまり、それだけ太陽からも離れているということで、太陽から受ける恩恵も地球より遥かに少ない環境になります。

火星地表の平均気温はマイナス40度前後。
大気は存在しますが成分のほとんどは二酸化炭素が占め、大気密度は地球の100分の1程度に過ぎません。

そのため、常識的に考えて火星の環境は生命が生息するには困難な場所、というより絶望的とも言えます。
人類も何度も火星に無人探査機を送って調査していますが、どこまでも赤茶けた不毛の大地が広がるばかりです。


「画像参照:NASA」

太古の火星は地球にそっくりだった!?

何度も行われている火星探査。
これにより、火星にはその昔、豊富な水が地表を流れていたという痕跡が見つかっています。

その水の証拠を発見したNASA(アメリカ航空宇宙局)は異例の発表。
「かつての火星は豊富な水で満ち溢れていた」との見解に至ったとの事です。

参考サイト:【NASA’s Curiosity Rover Team Confirms Ancient Lakes on Mars】

Sponsored Link


火星に水が流れていたのは、まだ地球に生命が誕生していない遥か昔。
火星もまだ誕生して間もない40~30億年前。

その頃の火星は比較的大気も濃くて温暖な環境にあり、水も液体の状態を保って海や湖、川が存在していたとの事です。

「動画参照:YouTube (プライバシー ポリシー)

このような水の豊富な状態を数億年保っていた時代があったと発表されていて、この頃の地球はまだ原始の地球で、生命が生まれるには環境が整っていませんでしたが、火星には既に酸素も存在し微生物が生息していた可能性もあるとの事です。

(火星から飛来したと思われる隕石に付着していた微生物状の構造)

「画像参照:ウィキペディア

何故、火星の水は干上がったのか?

ご承知のとおり、現在の火星には極地方に氷が残っているものの、ほとんどの地表には水はおろか氷さえ存在しません。

太古の昔は豊富にあったと思われる水はいったいどこに行ったのでしょうか?

その原因については謎のままですが、考えられるのは火星そのものの構造にあるのではないか?という説があります。

火星は地球と比べ小さく、地球の半分ほどの大きさしかありません。



そのため引力(重力)が弱くまた磁場も弱いため、大気を長く留めておくことが出来ず、水も大気とともに宇宙に流出してしまった可能性があるかも知れない。

水も大気もほとんど失ってしまった火星は、温室効果も維持できず極寒で不毛の大地となってしまった。

もし、火星がもう少し大きな惑星で引力も磁場も強ければ、もしかしたら生命が存在する第二の地球的な惑星であったかも知れません。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ