Sponsored Link

木星が地球を守る瞬間(小惑星衝突)映像が動画サイトに公開

巨大な重力を持つ、太陽系最大の惑星・木星。
木星と地球は遠く離れていますが、木星は地球の守り神とも言われています。

そんな木星が地球を守っている瞬間が捉えられ、その映像が公開されて話題になっています。
いったい、木星が地球を守るとはどういうことなのか?
今回は、地球と木星の関係についてお話したいと思います。



そもそも木星とはどんな惑星

ご存じの方も多いと思いますが、木星は太陽系第5惑星で直径が地球の11倍もある巨大なガス惑星です。

地球から木星までの距離は平均で約6億キロもありますが、
非常に大きな惑星のため、夜空で観測出来る天体のうち、
月、金星、火星に継ぐ明るさで、最大マイナス3等級で見え、観測しやすい星でもあります。



木星の特徴は、何といっても縞模様の中に浮かぶ大きな目”大赤斑”ではないでしょうか?

大赤斑は木星の大気の渦で、言わば台風のようなモノ。
その風速は時速100キロ以上とも考えられており、
最初に大赤斑が発見された17世紀から300年以上も消えずにずっと残っていますが、
やはり大赤斑は気象現象のため、いづれは消えて無くなるものと考えられます。

Sponsored Link


地球を守っている?木星の証拠映像

木星はその巨大さが理由で、地球を危機から守ってくれていると言われています。
木星は直径が地球の11倍ありますが、質量は地球の300倍以上もあります。

そのため、太陽系外縁部からやって来て地球に衝突する危険があるかも知れない、
小惑星や彗星などを引き付けてくれている、掃除機のような役目をしてくれていて、
例えば、1994年に話題となったシューメーカー・レヴィ第9彗星の木星激突。

木星軌道近くを通過した彗星が、木星の巨大な重力に引き込まれ、20個ほどに分裂して落下。
その落下の一部始終が、メディアでも大きく報道され注目を集めました。

そしてこのほど公開された映像。

「動画参照:YouTube (プライバシー ポリシー)

これは、アマチュア天文家の方が2016年3月17日に
20センチ口径の天体望遠鏡で撮影したもので、
木星の右側に小さな物体が衝突するシーンが映っています。

この木星に衝突したとみられる物体が何かはわかりませんが、
おそらく、かなり大きな小惑星か彗星ではないかと思われます。

太陽になれなかった木星

巨大な惑星である木星ですが、体積も巨大で地球の約1,300倍もあり、
これもまた、木星の強力な重力を生み出す要因となっています。

また、木星の主成分が水素とヘリウムで出来ており、
これは太陽とほぼ同じ成分です。

太陽と同じ成分であれば、本来なら太陽のように自ら光を放つ恒星になり得る?

しかし、木星が恒星になるには質量が足りなく、
あと70~80倍の質量がないと、内部で熱核融合反応が起きないとされています。

もし、木星に恒星となり得る質量があったならば、
太陽系は現在とは違う構成になっていたかも知れません。

そうなっていたならば、太陽系は2つの太陽を持つ連星になっており、
それにより太陽が1つの時より重力のバランスが、大きく異なることも考えられ、
もしかしたら、地球のような生命溢れる星は誕生していなかったかも知れません。

つまり、太陽系、そして地球にとって木星は、
今の状態が奇跡的とも言えるベストだということになります。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ