Sponsored Link

木星は地表のない太陽系最大のガス惑星なのに太陽になれなかった理由

木星は太陽系で最も大きな惑星で、地球のような表面を岩石で覆われた惑星ではなく、星全体がガスで構成され陸地など存在しない星でガス惑星と呼ばれています。

実はこのガス惑星である木星の造りは太陽と良く似ていて、主に水素とヘリウムで構成されています。
木星は太陽と似ているのに、何故自ら燃える恒星になれなかったのか?
また、巨大な惑星である木星が与える地球への影響などについて調べてみたいと思います。



木星の基本データ(地球との比較)

木星は太陽系最大の惑星と言うだけあってとても大きい星です。
我々の地球と比較してみると一目瞭然で、かなり大きいことがわかります。


「画像参照:Wikijunior

そして以下が木星と地球を比較した基本データとなります。
 木 星  地 球
太陽からの平均距離 7億7,830万キロ 1億4,960万キロ
赤道半径(直径) 71,492キロ 6,378キロ
平均密度 1.33g/cm³ 5.52g/cm³
体積(地球を1とした場合) 1,321.33 1
質量(地球を1とした場合) 317.83 1
重力(地球を1とした場合) 2.37 1
公転周期 4,332.589日 1365.257日
自転周期 0.414日 0.9973日
衛星数 65個 1個
このように地球と比較すると木星の巨大が分かると思うのですが、大きさは地球の約11倍で、体積で比較すると地球が木星の中に1,300個以上も入るほどの大きさです。

しかし、その巨大さのわりには質量(重さ)が地球の約300倍強しかなく、それに比例して重力も約2.5倍ほどの比較的軽い星だと言えます。

「動画参照:YouTube (プライバシー ポリシー)

木星が太陽になれなかった理由

冒頭でもお話しましたが、木星は主に水素やヘリウムで出来ており、これは太陽に良く似た構成になっています。

となれば、木星は太陽のように燃える恒星になっていてもおかしくないのでは?という考えもありますが。

燃える。つまり太陽のような熱核融合反応を起こすには、巨大な木星でもその質量は圧倒的に不足していて、あと70~80倍以上の質量が必要になると考えられています。

仮に、木星にそれだけの質量があったとしたら、太陽系は太陽が2つある連星になっていたハズです。
このような状態だった場合、太陽系の重力のバランスも大きく崩れ、多分地球のような生命溢れる星は誕生していなかったのではと考えられます。

Sponsored Link


地球が木星から受ける影響

地球と木星は距離が6億キロ以上も離れているため、地球が木星から直接受ける影響はありません。

しかし、地球の外側に巨大な重力を持つ木星が存在することによって少なからず恩恵は受けています。

その恩恵とは、木星や土星といった質量の大きな惑星が複数存在することによって太陽系が絶妙なバランスを保っていられる事。
つまり、太陽と木星の大型惑星の間に地球がある事が大きな意味を持っており、これにより重力バランスが取れていて、もしこのような状態で無かった場合は、地球の軌道は大きく反れていた可能性があるとの事です。

また、太陽系外縁部からやって来る小惑星や彗星など、地球に最接近し万が一にでも衝突しそうな天体を、木星の巨大な重力が引きつけてくれているというバリア的な恩恵もあります。

もちろん、それは全ての危険な天体を引き付けてくれているワケではありませんが、木星の存在により地球はだいぶ安全になっていることも事実のようです。

人類の今後の木星探査

人類は今後も木星に無人探査機を送る予定です。
それはもちろん、木星本体の調査をするミッションもありますが、大きく注目を浴びているのが、木星のガリレオ衛星の1つ「エウロパ」。

エウロパは表面を氷に覆われた極寒の星ですが、木星の巨大な重力による潮汐力でエウロパ内部が摩擦熱で暖められ、それによって氷が溶け、地下に液体の海が広がっていると考えらています。

「衛星・エウロパの内部構造(想像図)」

「画像参照:ウィキペディア

つまり、液体の海があるということはそこに生命が存在する可能性もあるワケで、人類はそれを期待し2020年代から2030年代にかけてエウロパの詳しい調査をする予定でもあります。

また、まだ先の話ではありますが、有人でも今後木星探査を行う計画もあるとの事。
この木星探査は2040年代に行うとされていますが、技術的な問題と莫大な費用など大きな課題をクリアしないとこの挑戦の実現は難しそうです。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ