Sponsored Link

木星大赤斑の至近距離画像で判明した正体と消滅しない理由

このサイトでも何度もお伝えしていますが、NASAが打ち上げた木星探査機ジュノーが次々と木星の謎を解明してくれています。

そんな新事実が明らかになりつつある木星ですが、何と言っても木星の象徴と言うべき大赤斑についてもジュノーは観測しています。

ここでは、大赤斑を含むジュノーが捉えた木星の最新画像と、その正体。

さらに、いくつかの木星情報をご紹介したいと思います。

木星の巨大な渦巻き「大赤斑」とは?

宇宙、天文に詳しくなくても、太陽系の惑星の中で大きなリング(環)を持つ土星や、縞模様の中に大きな目玉(斑点)を持つ木星くらいは誰でも知っているかと思います。

そんな木星の特徴的な斑点の事を”大赤斑”と呼び、その大赤斑は地上から望遠鏡でも確認出来るほど巨大なモノです。


「画像参照:Wikipedia」

そもそも木星自体の大きさが地球の11倍もあるため、大赤班は目立つけど、それほど大きくないようにも見えますが、実際は地球がまるまる2つも入るほどの大きさがあります。

そんな大赤班の正体は、木星の大気層の中で作られた嵐の渦で、地球で言うところの台風やハリケーンに近い現象さと考えられており、時速約100キロという強烈な速さで渦巻いています。

ただ、地球の台風は数日~数週間で消滅しますが、現在木星に存在する大赤斑は、発見から300年以上経過してもなお存在し続けています。

何故、これほどの長期間に渡り存在し続けているのか?
原因はハッキリとしていませんが、おそらく木星の巨大な重力で、渦を巻くエネルギーが継続しているものと思われます。

ジュノーが至近距離で捉えた木星の大赤斑の姿

木星探査機ジュノーは、大赤班の上空9,000キロという至近距離に近づき撮影に成功しました。


「画像参照:nasa.gov

この大赤班について、最近の観測で明かになったのが、大赤斑の上空800kmのエリアは摂氏1,300℃以上の高温になっていうことが判明。

原因については、大赤班で起こる激しい嵐の圧力よって発生した音波が、上空の大気を過熱しているモノと考えられています。

これほど巨大な大赤班ですが、発見されてから約300年。
徐々に小さくなりつつあるのが、ジュノーの観測で明かになっています。

さらに、楕円形だった大赤班も上画像↑のように円形に近づいて来ているのも、この観測で判明しています。

ですが、これが今後どうなって行くのか?は不明で、このまま円形になっていくのか?

それとも地球の台風のように消滅してしまうのか?

もしかしたら、今後の観測で解明されるかも知れません。

Sponsored Link


木星の大気はどうなっているのか?

巨大で長く勢力を保つ嵐(大赤班)を発生させている木星の大気ってどうなっているのか?

探査機ジュノーは、木星の大気も観測し謎を解き明かそうとしています。


木星はご存じのようにガス惑星で、地球のような岩石惑星とは違い、陸地や海が存在しないガスで形成されています。

現在わかっている木星の大気構成は、水素(比率:約90%)やヘリウム(比率:約10%)が主で、約1,000キロにも及ぶ厚さがあり、そんな厚い大気層でも、大赤班のような嵐を造り出すには、大気の対流というエネルギーが必要になって来ます。

では、大気の対流を生み出す動力源は何なのか?

それは、巨大な惑星である木星内部に生じる熱源。

中心部の温度は摂氏3万度を超えていると考えられており、ここからの熱源により、ガスを対流させ巨大な嵐を生み出すエネルギーにもなっていると考えられています。

木星において大赤班は特に巨大な嵐ですが、ジュノーの詳細な観測により、木星の大気層には数えきれないほどの数の嵐が発生していることも確認されています。


「画像参照:極地方に密集する嵐の渦(NASA)」

木星は太陽系最古の惑星か?

ガスで形成されている木星。
水素やヘリウムで出来たその構成は太陽に良く似ています。

この木星の構成から、最近の研究で木星は太陽系の惑星の中で、最も古い惑星ではないか?
との説が持ち上がっています。

つまり、太陽系が生まれたとき、一番最初に出来た天体は太陽であり、太陽が出来たときの周りを囲む、言わば太陽形成時に余った物質が集まって木星が出来、さらに余った物質で、地球を含む他の惑星たちが造られたのではないか?という説です。


「画像参照:原始太陽系想像図(Wikipediaより)」

木星を形成しているガス物質が太陽に似ている理由はそこにあり

もし、木星にもう少し質量があれば(とは言っても、今の木星の70~80倍以上の質量)

その質量で内部がさらに高圧になり熱核融合が発生して、
木星は”第二の太陽”となって、太陽系は連星なっていたかも知れません。

そして、太陽系に第二の太陽が誕生していた場合、生命に溢れた地球は誕生しなかったでしょう。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ