Sponsored Link

金星が他の惑星と異なる特徴を持つ5つの謎と探査機「あかつき」の目的

太陽系第2惑星・金星は、我々の地球と距離が最も近く、大きさも地球に近いため地球とは姉妹惑星と呼ばれています。

しかし、姉妹惑星とは名ばかりで、地球とはまったく異なる環境であることも判っています。
さらに、この金星は他の太陽系の惑星とは異なる特徴も持っています。

そんな謎多きお隣りの惑星・金星に我が日本の探査機「あかつき」も金星軌道上を周回して探査をしています。

ここでは、金星の異なる特徴や、探査機「あかつき」の目的について簡単に解説して行きます。



太陽系の惑星で最も地球に似ている金星

金星が地球と良く似ていて”姉妹惑星”と呼ばれている大きな要因が、その大きさと質量です。



金星は地球よりも一回り小さく、大きさが地球の0.95倍で質量が0.82倍とほぼ同じと言っても良いくらい似ています。
また、金星と地球との距離も近く、最短距離で約4,200万キロ。地球から見える明るさも最大でマイナス4等級で、月の次に明るく見える天体です。

そんな地球似の天体のためか?昔の人の間では、金星にも生命がいてなおかつ人類と似た知的生命体の金星人がいるともウワサされてきましたが、20世紀後半以降探査探査が進み、結果そのような事実などなく、とても生命が生息出来るような環境ではないことも判明しています。

Sponsored Link


金星の特徴

金星は他の惑星とは異なる特徴を持っています。
その特徴が故に、地球に似ていても環境がまったく違う要因となっているとも言われています。

自転方向が逆

地球を含め、7つの惑星は全て左回りで自転していますが、金星だけは何故か右回りで自転しています。
さらに自転周期(225日)も公転周期(243日)と長く、これも他の惑星とは異なる部分でもあります。

ぶ厚い二酸化炭素に覆われた大気

金星にも地球と同じように大気が存在します。そのため金星にも生命がいるかも知れないという期待もありましたが、その大気は地球とはまったく異なるモノ。ほとんどが二酸化炭素で覆われ、地表がまったく見えないほど金星全体を厚く覆っています。

高温高圧の表面

厚い二酸化炭素の大気と、自転周期が長すぎる、そして地球よりも太陽に近いことが原因で、金星の表面は温度が摂氏500度近くで、気圧も90気圧と超圧力の大気圧となっています。

さらに、雲からは硫酸の雨が降り、秒速100メートルといった強風も吹き荒れていて、完全に生命を拒絶している過酷な環境になっています。

極端に弱い磁場

地球と姉妹惑星と呼ばれるだけに、金星の内部構造も地球と良く似ていて、中心部には金属の鉄・ニッケルからなる核があり、その上層部にはマントルも存在していて磁場を造り出す環境が揃っています。

にも関わらず金星の磁場はとても弱い。そのため金星の表面には太陽からの有害な放射線が容赦なく降り注いでいて、これもまた生命が生息できる環境を妨害しています。

この磁場が弱い原因については、自転速度が遅いというのが関係しているのではと考えられています。

衛星を持っていない

太陽系の惑星の中で、衛星を持っていないのは金星と水星だけです。
太陽に近い内惑星に衛星が無い原因は、太陽の引力が関係しているものと思われ、惑星の引力で衛星になる前に、太陽の強い引力で引き込まれてしまうのでは?と考えられています。

もし、金星に地球の月と同じような衛星が存在していたとしたなら、より姉妹星に近くなり生命も存在できる環境になっていたかも知れません。

近いのに謎の多い金星の探査

金星にはこれまで数々の探査機が送られ、外からは見えない金星の地表の地図まで作成されるほど調査が進んでいます。

参考サイト:【レーダー観測でつくられた金星地図】

そして日本でも単独で金星探査機「あかつき」が、金星の周回軌道投入に成功して話題になっています。


「画像参照:JAXA 金星探査機「あかつき:(PLANET-C)

「あかつき計画」の目的は、その金星の独特の特徴を突き止めるため。
特に金星の、通常の気象学では説明がつかないスーパーローテーションという、4日で金星を一周するような高速で激しい強風のメカニズムを解析する事。
この謎が解明できれば、他の惑星の気象現象のメカカニズムも解明することに役立てるのではと期待されています。

ちなみに、この「あかつき」の金星観測をシュミレーション画像でリアルに体験出来るソフトがあるとの事。
そのソフトは「Mitaka」というもので、Windows専用ではありますが個人利用に限り無料で使えるとの事です。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ