Sponsored Link

巨大満月ス-パームーン現象が次に日本で見れるのはいつ?

数年前から巨大な満月「スーパームーン」が話題になっています。

数ある天体ショーの中でも、スーパームーンは最も見応えがあって、観測しやすい。
言わば、夜空を見上げれば、誰でもすぐに見られるのがスーパームーンです。

でも、誰でも見れるスーパームーンですが、滅多にお目にかかる現象ではありません。
そんなスーパームーンですが、日本ではいつ見られるのでしょうか?

そもそもスーパームーンって何なの?

スーパームーン。
単純に言えば、「見慣れたハズの満月。でも何故か?いつもよりデッカく見える!」。それがスーパームーンです。

普段より大きく見える満月は、大きく分けて2通りあります。

一つは、日の入り直後、大気がまだ暖まった状態のとき、
大気の揺らぎで満月が大きく見える現象。
これもなかなかレアな現象なのですが、

それよりももっとレアなのが、月が地球に最も接近したときと満月が重なる。これが本物のスーパームーン現象です。

ちなみに、月は地球の周りを公転する衛星ですが、その公転軌道は真円ではなく、楕円軌道で周っており、最も地球から離れた地点の距離(遠地点)が405,495キロで、最も地球に接近した距離(近地点)が356,652キロ。

つまり、近地点付近で満月になったときがスーパームーンになるワケです。

Sponsored Link


一気に話題になった2015年のスーパームーン

確か、日本でスーパームーンという言葉が広まったのは2015年のことのような気がします。

それは、この年に見られたスーパームーンが”中秋の名月”と重なった事。
2015年のスーパームーンは9月28日の事でした。

中秋の名月は前日の27日だったのですが、それでも大きなお月見チャンスとして話題になったことを覚えています。

「参考動画:Super Moon – September 27,2015

本当にスゴいのは2016年のスーパームーン

2015年のスーパームーンも話題になりましたが、よりスゴいのが2016年11月14日のスーパームーンです。

このスーパームーンがは、何と!70年ぶりとなる超レアな巨大満月との事で、前回が1948年1月26日だったとのことで、その明るさはミニマムムーン(月が地球から最も離れたときの満月)の30%増で、大きさはそれより14%にもなると言います。


「画像参照:国立天文台 天文情報センター」

次のスーパームーンはいつ?

2015年、2016年と、毎年のようにスーパームーンを見ることは出来ます。

つまり、それって意外とレアではないことなのかも?

そこで押さえておきたいのが、毎年のように訪れるスーパームーンの日程で、現時点で調べた今後4年間でいつ発生するのか?について掲載しておきます。

「今後4年間でスーパームーンが見られる予想」
  • 2017年12月4日
  • 2018年1月2日
    このとき月が地球に接近する距離は356,570キロ
  • 2019年2月19日
    このとき月が地球に接近する距離は356,760キロ
  • 2020年2月20日
    このとき月が地球に接近する距離は356,910キロ


「動画参照:YouTube (プライバシー ポリシー)

スーパームーンが地球に地震を引き起こす?

月は、地球に巨大な潮汐力をもたらし、海の水の満ち引きを引き起こすことは有名です。

しかし、この潮汐力は月が地球に接近することでより一層巨大になり、地球に何らかの悪影響を起こすのでは?と不安視する声もあります。

特に、このような滅多にないスーパームーンのときなど、大地震が起きるのでは?というウワサも流れたりしますが、正直これには何の根拠もありません。

その理由は、月は27日間で地球を1周います。
ということは、27日に1回は月が地球に最接近するという事で、満月も一定周期で必ず起こる現象です。

つまり、スーパームーンという現象は滅多にないことかも知れませんが、地震を引き起こすかも知れないという月の最接近は、毎月起こる事ですので、それを言っていたら地球はまともな状態を維持できない事にならないでしょうか?

ただ、最近の研究によると、潮汐力の大きい高潮時に地震が起きると、巨大地震に発展するケースもあると言います。

とにかく、スーパームーンと巨大地震などの、天変地異に直結する考えはなさそうですので、単純にダイナミックで美しい月を愛でる、穏やかな心を持った方が楽しいと思います。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ