Sponsored Link

冥王星地表を撮影した新事実の最新画像が鮮明動画で公開

人類の観測史上で、地球から最も遠い天体・冥王星の探査を続けている
太陽系外縁天体無人探査機「ニュー・ホライズンズ」。

ニュー・ホライズンズは、未知の天体である冥王星に接近し、
次々に衝撃的で新事実なデータ、そして最新画像を送って来てくれています。

ここでは、ニュー・ホライズンズの探査情報で明らかになった
冥王星の事実画像をご紹介したいと思います。



ニュー・ホライズンズが訪れた冥王星の場所とは?

冥王星は1930年にアメリカの天文学者クライド・トンボー博士が発見した、
太陽系第9番目の惑星です。

とはいっても、惑星だったのは2005年まで。
トンボー博士の発見以降、冥王星に似た大きさの天体が次々に発見されはじめ、
また惑星としては、地球の衛星・月よりも小さな天体だったため、
惑星の定義として、冥王星は該当しないと判断され、
2006年以降は準惑星として分類されるようになりました。


「画像参照:ウィキペディア

そんな準惑星・冥王星は地球からかなり遠く、
また、離心率が大きな楕円形の公転軌道を持っているため、
最も太陽に近づいた近日点での地球との距離は約48億キロ。
最も太陽から離れた遠日点での地球との距離は約54億キロも離れており、
ニューホライズンズも、地球を飛び立ってから9年半かかって冥王星に到達しています。


「画像参照:Astro Arts

ニュー・ホライズンズの探査目的

ニュー・ホライズンズの探査目的は、冥王星探査だけでなく、エッジワース・カイパーベルトにある太陽系外縁天体の探査が目的で、冥王星もまたカーパーベルトにある天体の1つです。

参考動画:【探査機「ニュー・ホライズンズ」の軌跡】

2015年7月に冥王星軌道に到達したニュー・ホライズンズは、2016年1月までに冥王星、並びにその衛星を軌道上から探査し、すでにその役目を終え次の探査目標である「2014MU69」という天体に向かっています。

ちなみにニューホライズンズが「2014MU69」に到着しスイングバイを行う予定は2019年1月で、地球から約60億キロも彼方にある天体の探査を行う予定です。

この「2014MU69」という天体。大きさは直径が45キロほどしかない小惑星。
こんな小さな天体が、ニューホライズンズの次なる目標に選ばれた理由は、探査コースで燃料消費が少なく済むのが理由と、エッジワース・カイパーベルトでの典型的な天体であることが選ばれた理由のようです。

さらに、ニュー・ホライズンズは冥王星や「2014MU69」の探査だけでなく、
エッジワース・カイパーベルト内にあるいくつかの天体をスイングバイしたのち、
太陽系を離れるコースに入るとのことです。

Sponsored Link


ニュー・ホライズンズが捉えた冥王星地表の詳細画像

さて、すでに冥王星探査を終えたニュー・ホライズンズ。
冥王星探査では大きな成果をあげ、次の目的地に向かっています。

これまで冥王星を観測するには、地球からあまりにも遠いため、
詳細なデータを取るどころか、冥王星の表面さえも上手く撮影ができませんでしたが、ニュー・ホライズンズが実際に冥王星まで行ってくれたおかげで、冥王星の様々な詳細が明らかになりました。

そんなニュー・ホライズンズが冥王星を詳しく探査し、地球に送ってくれて来たデータを編集し、詳細な地表画像の動画が公開され、話題を呼んでいます。

「動画参照:YouTube (プライバシー ポリシー)

冥王星の表面は、マイナス200度以上といった超極寒の世界。
そのため、そのほとんどが氷に覆われた世界ですが、氷の世界でも様々な顔を覗かせているのがよくわかる詳細な画像に驚きで、とても地球から50億キロも離れた天体とは思えないほどです。

そして、さらに遠くの天体に向かっているニュー・ホライズンズ。
果たしてどんな未知のデータや画像を送ってくれるのでしょうか?
とても楽しみです。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ