Sponsored Link

人類宇宙進出の問題点は身体への影響原因解明とリスク回避?

これまで、選ばれし特別な人間しか行けなかった宇宙。
しかし、近年宇宙ビジネスが脚光を浴び、民間企業も宇宙へ進出しようとしていて、近い将来、我々のような一般人でも宇宙へ行ける日がやって来るかも知れません。

ただ、宇宙は未だ謎だらけで危険な場所で、リスクがあることは確か。
そんな場所へ、人類、そして一般人が簡単に行けるモノなのでしょうか?

もし、宇宙に行ってもそこに待つの問題点は何なのか?
危険なことは無いのか?身体に悪影響は無いのか?
一度は宇宙に行ってみたいというあなた。いろいろ心配な事はありそうです。

期たるべき宇宙新時代とは?

1961年の旧ソ連から、初めて宇宙に行ったユーリイ・ガガーリン以降の半世紀以上、これまで宇宙に行ける人は、延べにして1,000人以上ですが、ほとんどが優秀な軍人や科学者など限られていました。

しかし、最近になって民間のベンチャーも「宇宙ビジネス」に取り組みはじめ、宇宙に眠るまだ手付かずのビジネス市場に期待をかけています。

この宇宙ビジネスは、民間が人工衛星の打ち上げを代行、また人工衛星を通信インフラの整備に利用したり、太陽光発電や月や小惑星などに眠る資源・エネルギーの開拓、他にも宇宙旅行といった観光ビジネス等にも今後のビジネスの進展に期待がかかっています。

今後、宇宙ビジネスが進展して行くと、我々のような一般人も気軽に宇宙に行ける時代がやって来るかも知れません。
それは、それほど先の話ではなく、弾道飛行などの”疑似宇宙旅行”の時代はスグにでもやって来る可能性があります。


「画像参照:弾道宇宙旅行フライトスケジュール(http://www.club-t.com/space/)

さらには、2020年代には実現させるといった「火星移住計画・MARS ONE」など、これからは宇宙が身近に感じる時代がすぐそこに迫っていることのように思われます。

人間が宇宙に行くことで起こる身体への悪影響とは?

「一度は宇宙に行ってみたい!」
という、淡い憧れを持っている人は少なくないのではないでしょうか?!

だだ、地球という環境で生まれ育った我々にとって、簡単に「宇宙に行きたい!」と思うのは危険な考えかも知れません。

それは、宇宙は地球の環境とはまったく違った、人間にとって異質な世界であるという事。
宇宙に行くと、環境はもちろんの事、地上での常識がまったく異なるという事で、身体への負担に大きく影響が出て来るようです。

そんな宇宙に人間が行くと、身体にどんな影響が出てしまうのか?
アニメーションを使って、わかりやすく解説した動画がありましたのでご紹介します。

「動画参照:YouTube (プライバシー ポリシー)

アニメでわかりやすくといっても、そもそもが英語解説ですので、チンプンカンプンかも知れませんので、少し補足するとこのようになります。

宇宙に行くと筋肉や骨が衰える

宇宙に行くと、地球と同じ重力を感じることは出来ません。

それは、宇宙船や宇宙ステーションの中は無重力であって、月面は地球の6分の1、火星では3分の1ほどの低重力しかありません。
そんなところで、長時間人間が過ごしたらどうなってしまうのか?

地球では基本的に1Gといった重力がかかっています。
人間はその1Gという重力下で生まれ育ち、自らの体重を支えるため、環境に身体が順応しています。

そんな人間が、無重力や低重力の環境に長時間いるとどうなるのか?

それは単純なことで、重力が無くなると自らの体重を支える必要が無くなります。
そうなると、これまで体重を支えてきた筋肉や骨の機能が衰え、もろくなってしまいます。

そんな状態になって地球へ帰ると、筋肉が衰え足腰が立たなくなり、骨ももろくなったことで簡単に骨折してしまいます。

そんな悲劇を少しでも緩和するために、宇宙飛行士たちは宇宙滞在中に、毎日の日課で身体能力が低下しないよう身体を鍛えています。


「画像参照:GIPHY

また、骨の異常で身長にも変化が起き、身長が伸びてしまったり、腰痛にも悩まされると言います。

宇宙に行くと心臓への負担が大きい

無重力や低重力の環境は、心臓にも負担をかけます。

地上の1Gに適応した人間は、病気もでない限り心臓が適切な血圧を保ち、体中に血液を循環させてくれます。
しかし、宇宙に行くとそれが適切でなくなってしまい、血圧が高くなってしまいます。

宇宙に行ったばかりの宇宙飛行士の顔が、パンパンにむくんでいるところを見たことがあると思いますが、それも血液の循環が適切に行われていないせいで、あのような状態になってしまっています。

この影響は心臓の大きさにも出てしまい、宇宙では小さく縮んでしまうとの事。



このような状態になってしまうため、大気圏再突入時は元に戻るため、心臓にかかる負担が大きくなってしまうとの事。

もし、心臓が弱い人が宇宙に行ってしまったら、大変な事態になってしまう可能性もあります。

宇宙に行くと視力が低下する!?

宇宙での視覚障害。いくら身体が丈夫な宇宙飛行士でも、こればかりはどうにもならないと言います。

これまで長期間宇宙に滞在した宇宙飛行士の多くが、視覚障害に悩まされているらしく治らない人もいると言います。

原因はやはり無重力。

人間の眼球は、1Gの状態でこそ正常に機能するように出来ています。
それが無重力の宇宙に行くことで、脳にある液体が眼球の一部を押しつぶしてしまい、それにより機能障害が起きてしまい、視力維持のバランスが壊れる。

この視覚障害の事を視覚障害脳圧症候群と呼び、国際宇宙ステーションに長期間滞在した宇宙飛行士の半数以上が、この病気に悩まされていると言います。

Sponsored Link


宇宙で生活することは不可能なのか?

ここまで、様々な宇宙で起きる身体への影響を解説して来ましたが、他にも脳への影響や、免疫システムの障害などのも立証されており、このような影響のある宇宙で、地球で生まれ育った人間が宇宙で生活することは可能なのか?と疑問に思ったりもしますが、今後、宇宙ビジネスの需要拡大、さらには地球人口の増加に伴い、人類は宇宙に住まなくてはならない時代がやって来るかも知れません。

もし、人間が宇宙で生活しなければならなくなった場合、このような人体への影響にどのような有効な対策を取るのか?

低重力下で人間が生活するのであれば、月面や火星に住むのは無理かも知れません。

そうなれば、宇宙に地球と同じような環境を造るしかない。
宇宙に”疑似地球環境”を造るとなると、現時点で構想としてある「宇宙植民地(スペース・コロニー)です。


「画像参照:Wikipedia

スペース・コロニーは、地球の衛星軌道上の宇宙空間に、中が空洞の巨大な施設を建設。その施設を回転させることで、空洞の内壁部分に遠心力が発生し、地球と同じ1Gの重力を作り出すことが出来る。

そんな人工的に重力が作られた”土地”に、地球環境をそっくり移植すれば、人類はそこで生活出来ることになります。

このような巨大施設を造るという構想はありますが、様々な技術的課題や、莫大なコストがかかるという事から、実現は難しいと考えられますが、今後人類が本当に宇宙進出をするのであれば、このような課題もクリアしておかなくてならないと、宇宙進出は頓挫してしまう可能性もあるのではないでしょうか?

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ