Sponsored Link

ストリートビュー検索で国際宇宙ステーション閲覧の使い方

今や世界中のどこでも画像で閲覧できるようになった、グーグルの地図写真サービス「Googleストリートビュー」。

それがついに宇宙まで来たか?!というまでに!

国際宇宙ステーション(ISS)の内部を、ストリートビューで閲覧できるようになったという情報です。

これで自分も憧れの宇宙飛行士になった気分になれる?
宇宙版のストリートビューとはどんなサービスなのでしょうか?
早速、使ってみました。

まずは国際宇宙ステーションについて知っておこう!

Googleストリートビューで、内部を閲覧できるようになった国際宇宙ステーション(略称:ISS 以降ISSで表記)

この宇宙ステーションは、地上から約400キロの軌道上を周回している有人で運用している施設です。

大きさは全幅108.5メートル、全高20メートル。
例えて言うなら、サッカーコートほどの大きさを持つ巨大な観測・実験施設です。


「画像参照:Wikipedia」

ISSは”国際”という名前が付いているように、アメリカをはじめ、日本、カナダ、ロシアなど全15カ国が協力して建造され、2011年から運用されています。

なお、建設開始は1999年からで、主に現在は退役したスペースシャトルによって機材が軌道上に運ばれ、宇宙飛行士によって組立・建造。

この建造にかかった費用は約8兆円と言われ、日本も約7,000億円ほど負担しているとの事。

国際宇宙ステーションの構造

ISSの構造は以下のとおりとなっています。


「画像参照:JAXA宇宙航空研究開発機構」

  • 居住モジュール
    宇宙飛行士が生活する施設。
    常時6名の宇宙飛行士たが滞在し、個室やトイレ、トレーニングスペース等が確保されています。

  • 実験モジュール
    ここがISSのメインとなる設備。
    宇宙飛行士たちが実験・研究を行っており、アメリカ、欧州、日本が設置した実験モジュールが機能しています。

  • ノード(結合モジュール)
    モジュール同士を繋ぐ接合モジュール。
    ここは居住モジュールも兼ねており、他貨物室の役割も持っています。

  • 太陽電池パドル(SAW)
    ISSの”命の綱”とも言える電力供給モジュール。
    太陽電池パネルが設置されており、常に発電出来るようにするため、パネルは太陽の方向を向くよう自動で稼働しています。

日本の実験モジュール「きぼう」

日本がISSに独自で開発・設置した実験モジュール「きぼう」。


「画像参照:JAXA宇宙航空研究開発機構」

最大4名まで長期間滞在できるように設計されており、船内実験はもちろんの事、ロボットアームも設置されており、船外での実験も出来るようになっています。

Sponsored Link


国際宇宙ステーション内を散歩?ストリートビューの使い方

Googleが新たに閲覧可能とした、ISS内を散歩出来る?ストリートビュー。

ISSの様々な場所を閲覧できる他、窓から見える地球や宇宙の姿も見ることが出来、「宇宙飛行士になった気分になれる。」と好評を得ているようです。

使い方は簡単!

まずは、こちら↓↓からISSのストリートビューにアクセスします。



基本的な使い方は、通常のストリートビューとほぼ同じ。
マウス操作で、閲覧したい場所にカーソルを移動させれば、自由にISS内を動き回れます。

でも、素人にはワケのわからない複雑な機材でいっぱいのISS内部。
そんなときは、画像の上にあるドットをクリックすると、機材の名称や説明が表示され、わかりやすくなっています。

また、このクリック機能にはISS内での宇宙飛行士の生活風景も見ることができ、宇宙飛行士がどんな暮らしをしているのかもわかるようになっています。

なお、ISS内の移動方法は、カーソルを合わせることで矢印が表示されますので、それをクリックすることで移動することが出来ます。



国際宇宙ステーションの運用終了後はどうなる?

実は、ISSの運用期間は2024年前後と予定されています。

運用終了後は、地球の大気圏に突入させ、大気摩擦で焼却処分される事になっています。

となると、このストリートビューが閲覧できるのも期間限定か?
とも思えますが、今のところISS運用終了後にどうなるのか?は説明がありませんし、莫大な費用のかかる国際宇宙ステーション後継施設の建設予定はありません。

しかし、今後、人類の宇宙開発は月面や火星へと進んで行く予定です。

そのような時代が訪れるようになったら、月面基地や火星のストリートビューが、簡単に閲覧できるようになるかも知れませんね?

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ