Sponsored Link

宇宙レベルの意識で考えると寝ていても高速移動で旅している

「宇宙船地球号」という言葉、一度は耳にしたことがあるかと思います。

これは、もともと地球を宇宙船に例えて、地球上の資源の有限性を訴えるための概念の一つなのですが、単純に地球は宇宙を旅する宇宙船という表現の仕方もあります。

つまり、地球は宇宙の海原を旅している一隻の船って例えです。

実はコレ!かなり的確な例えと言っても良く、
実際に地球は、広大な宇宙空間を高速で移動しているという事実があるのです。

地球の自転速度は時速約1,700キロ

1日は24時間。
当たり前の事で、皆この24時間という時間で、寝て・起き・行動する。
といったサイクルで生活していて、あまり気にする人はいないのではないでしょうか。

と同時に意識はしなくても、この24時間という時間は地球がグルリと一周(自転)する時間であるという事も誰もが知っている事と思います。

この地球の自転という事をもっと具体的にいうと。

地球を一周する距離(円周)は40,075キロです。
この距離を単純に24時間で1周するとなると、時速約1,674キロだそうです。

つまり、我々は寝ていても、常に時速約1,700キロ近くで動いているという事になります。

Sponsored Link


しかし、これだけの高速で動いているのに、
実際は動いているように感じなく、
さらには、丸い地球なのに何故振り落とされないのか?
って疑問に思う人もいるかも知れません。

その理由はそれほど難しい事ではなく、
動いているように感じない理由をわかりやすい例えで説明すると。

地球の自転をアナログ時計の短針だと考えれば良くわかると思います。

時計の短針は12時間で1周するのに、見た目上動いているように見えませんよね!?



それと同じような事で、短針の2倍もの24時間で1周する地球の自転は、尚更動いているようには見えないワケです。

次に時速1,700キロ近いスピードで周っているのに振り落とされないのは何故?

地球には、周るときに発生する遠心力と自重による重力があり、遠心力より重力の方が強いため我々が振り落とされる事はないのです。



ちなみに、地球の遠心力と重力が同じ(同期)になる地点は、赤道上空約36,000キロの地点。

この場所は静止軌道と呼ばれ、地球の自転速度と公転軌道速度が同じになり、上空に静止しているように見えるため、気象衛星などが軌道に投入されています。

地球の公転速度は時速約10万8千キロ

地球の自転速度約1,700キロに加え、地球は太陽の周りを回っています。

地球と太陽との距離は約1憶5,000万キロ。
この距離を地球はほぼ真円の軌道で公転してしており、これを距離(円周)にすると約4億7千万キロ。


「画像参照:www.jpl.nasa.gov」

地球は約4億7千万キロもの長い距離を約365日で1周しているワケで、時速に直すと約108,000キロというとんでもないスピードになります。

太陽の公転速度は時速約86万4千キロ

「太陽が公転?」と聞いてピンと来ない人もいるかも知れません。

ですが、我が太陽系は銀河(天の川銀河)の中にあることをご存じの方は多いと思います。

つまり、太陽もまた銀河の中を移動(公転)しているのです。

銀河の中心から太陽系までの距離は約26,000光年。



銀河の中心には太陽質量の300万倍以上と推定される超巨大ブラックホールが存在しており、太陽はこのブラックホールの周りを約2億2,000万年~2億5,000万年かけて1周していることになります。

そんな太陽は時速約864,000キロという想像も出来ないほどの超高速で銀河の中を移動しています。

【参考動画:太陽系が銀河の中を移動するイメージ】


「動画参照:YouTube (プライバシー ポリシー)

なお、太陽系が誕生してからの銀河を周回した回数は、約20周ほどだと推測されています。

銀河の移動速度は時速約2百16万キロ

太陽系が属する天の川銀河もまた宇宙を高速で移動しています。

その速度は時速約2,160,000キロではないかと推測されています。

うみへび座方向へ移動しているとみられており、
さらに隣接する巨大銀河・アンドロメダ銀河と接近しつつあり、約40億年後には、天の川銀河とアンドロメダ銀河は衝突合体する運命にあると考えられています。


「画像参照:www.spacetelescope.org」

宇宙レベルで考えると寝ていても高速で移動している事実

これまで地球や太陽が動いている速度をまとめると。
  • 地球の自転速度:時速約1,674キロ

  • 地球の公転速度:時速約108,000キロ

  • 太陽系の公転速度:時速約864,000キロ

  • 銀河の移動速度:時速約2,160,000キロ

これを単純に加算してみると時速4.107.348キロとなるワケで、
寝ていてもこれだけの速さで動いているという事になるのですが・・・



実際にはそんなスピードで動いているワケではなく、
アインシュタインの特殊相対性理論によると、宇宙空間での物体の速度は他の物体に対する相対的な運動として捉え、地球や太陽の公転は銀河内においての相対的な運動であり、地球や太陽の公転運動は相殺され、銀河の移動速度が実際に移動している距離だという考えがあるようです。

つまり、銀河の移動速度である時速約2,160,000キロだととすると、我々は1日に5,184万キロほど宇宙空間を移動していることになり、1年間でいうと189億キロ以上移動することになるとの事。

また、宇宙は膨張を続けており、銀河を含む宇宙全体が時速約3,600.000キロという猛スピード外側に向けて膨らんでいるそうです。



私たちが日々生活している空間では、地球や太陽、銀河が動いているという感覚などありません。

それは我々の周りの全ての空間が同調して流れていて変化に気付かないことにあり、更にはあまりも壮大な宇宙の中で、我々の存在はチッポケ過ぎて、宇宙での移動という概念が当てはまらないのかも知れません。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 この記事の内容にご満足いただけましたら
 ↓↓をクリックして下されば幸いです。
にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
「にほんブログ村」
Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ