Sponsored Link

種子島宇宙センターの見学とロケット打ち上げベストポイント

日本で一番宇宙に近い場所と言ったら、
鹿児島県の種子島ではないでしょうか。

何故ならそこには、宇宙への玄関口である、
種子島宇宙センターがあるから。

宇宙・天文に興味がある人なら、
一度は、見学に行ってみたい場所ではないでしょうか?!

今回は、そんな種子島宇宙センターのロケット打ち上げ見学方法と、見学に最適なベストポイントはどこなのか?等、いくつかの情報を調べてみました。

種子島宇宙センターの基本情報

種子島宇宙センターは、1969年に宇宙開発事業団 (NASDA)(現宇宙航空研究開発機構 (JAXA) )によって設立された、日本で最大規模の宇宙ロケット打ち上げ施設です。

場所については、ここでご説明しなくても、
ネット検索で「種子島宇宙センター」と検索すれば、
簡単に調べることは出来すので省略しますが、
種子島東南端の海岸線に位置する場所にあります。

何故、このような施設が種子島に建設されたのか?
その理由はいくつかあります。

「ロケット基地が種子島に造られた理由」
 
  • ロケット発射場は、赤道に近い方が有利①
    ロケットの打ち上げは、地球の自転を利用します。
    そのため、自転速度的に有利な赤道に近い、
    日本国土といった理由で種子島が選ばれた。
  • ロケット発射場は、赤道に近い方が有利②
    日本の国土で、赤道に近い場所なら、もっと赤道に近い沖縄や、小笠原諸島があるのでは?と思われるかも知れませんが、当時、沖縄はアメリカの統治下、小笠原も返還されたばかりだったため、当時日本の主権が及ぶ南端の島として、種子島が選ばれた。
  • 平坦な地形の種子島
    種子島の最高標高は282.4m。比較的平坦な島。
    そのため、天候を左右したり、観測に邪魔な山が存在しないため、種子島が最適と判断された。
  • 物資の輸送コストも削減!?
    本土に近いのも種子島が選ばれた理由。
    本土から、物資、資材を運ぶのに、
    コストを削減できるという意味でも種子島は最適だった。

などといった理由から、条件の良かった種子島が、
ロケット発射施設に選ばれたという背景があるようです。

なお、施設は大きく4つに分かれており、
打ち上げロケットを組み立てる施設
大型ロケット組立棟 」。

ロケットに搭載する、人工衛星の組み立て、
整備、実験を行う施設「衛星組立棟」。

ロケットの打ち上げ指揮、衛星の追尾・管理を行う、
総合指令棟

そして、是非見てみたいダイナミックで迫力の、
ロケット発射場

といった施設が、種子島南部の海岸線添いに、
総面積約970万平方メートルという、
島としてはかなりの規模の広さを利用して造られています。

参考資料:【ロケット発射場配置図】

Sponsored Link


どんなロケットを打ち上げているの?

種子島宇宙センターから打ち上げているロケットは、
主に大型のロケットです。

だからこそ、その打ち上げもダイナミックそのもの。
発射風景を見た人は、誰もがその迫力に圧倒されます。

最近では、国産ロケット最大級の液体燃料ロケット「H-IIA」。



そして、日本で最大の液体燃料ロケット「H-IIB」
このロケットの全長は約57メートルあります。



「動画参照:YouTube (プライバシー ポリシー)

無料で出来る施設見学

種子島宇宙センターの施設見学については、
一般の方でも無料で出来るそうです。

しかし、総合指令棟やロケット組立施設を見れるワケではなく、
施設内にある「宇宙科学技術館」

そこには、日本の宇宙開発の歴史や、実物大の試験モデルも展示してあり、宇宙開発の現場を疑似体験できるようになっています。

なお、施設見学できるのは火曜~日曜までの週6日間。
開館時間は午前9時30分~午後17時まで
(夏期7~8月は17時30分まで)

なお、種子島宇宙センターでは随時イベントも実施しているようで、見学に行かれる際は、それらのイベントに合わせるのも良いかも知れません。

参考サイト:【イベントカレンダー】

ロケット打ち上げを見れるベストポイント

種子島宇宙センターから打ち上げられるロケットを見るには、
もちろん、種子島に上陸して見学するのが良いでしょう。

種子島に渡る方法は2つ。飛行機か船です。
より、宇宙センターに近いのは種子島空港ですが、安価で渡るなら、鹿児島から種子島まで1時間半程度で行ける、高速船を利用する方が良いと思います。

そして、ロケット打ち上げを見る場所としては、平坦な地形の種子島なら、どこからでも打ち上げシーンを見ることができますが、より近くでダイナミックな打ち上げを見たいなら、公式見学場をオススメします。

公式見学場は4箇所。
  • 長谷展望公園
  • 南種子町営陸上競技場
  • 宇宙ヶ丘公園
  • 恵美之江展望公園
参考サイト:【ロケット打ち上げ見学場】

なお、肝心の今後のロケット打ち上げ予定は、
コチラを参照して下さい。

参考サイト:【ロケット打ち上げを予定しているミッション】

その他ロケット打ち上げ見学ベストポイント

公式見学場には、多くの見物客が集まり、かなり混雑します。

そのため、少しでも空いた場所で見学したいなら、
以下がオススメ!
  • 七色坂観望所
    種子島南部にある門倉岬の高台にある七色坂観望所
  • 上里地区
    門倉岬に通じる県道75号線沿いの上里地区。
    ロケット打上げ場に近いため、少し高台に上がると見えます。
  • 増田港
    この港周辺から宇宙センターが見えるため、見学にオススメです。

その他、「種子島までは行けない。」という人へ。

宇宙センターからは、かなり遠くなりますが、
鹿児島県や宮崎県南部の東部海岸線近くなら、
ロケット打ち上げシーンを見ることが出来ます。

特に、比較的行きやすくてオススメなのが、
鹿児島県志布志市の海岸線沿いでは良く見えます。

話題のイプシロンロケット打ち上げは種子島ではない!

地コスト化を実現して話題になっている「イプシロン」ロケット。
2013年から運用が始まり、度々話題になっていますが、このロケットも、種子島宇宙センターから打ち上げられていると思っている人がいるようです。

それは違います。
イプシロンが打ち上げられているのは、
鹿児島県(本土)にある「内之浦宇宙空間観測所」です。

イプシロンロケットはH-IIロケットに比べると約半分の大きさ。26メートルほどの固体燃料ロケットで、小型の人工衛星打ち上げに使用されます。

イプシロンの最大の特徴は、これまでのロケットに比べ、簡素製造出来、安価で即応性が高くコストパフォーマンスに優れている事。

これにより、HⅡロケットの打ち上げ費用が100億円前後かかるのに対し、イプシロンは30億円以下で出来ると言います。


「画像参照:JAXA宇宙航空研究開発機構

このイプシロン運用が始まったことで、今後のロケット打ち上げは、イプシロンの方が多くなると考えます。

そのため、打ち上げは本土から見る事が出来るワケで、
鹿児島県の大隅半島側にある、見学ポイントに行けさえすれば、ロケットの打ち上げシーンを間近に見ることが出来、それこそ、さきほどご紹介した、鹿児島県志布志市の海岸線沿いは、内之浦に近い場所にありますので、こちらもベストポイントになるでしょう。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ