「宇宙開発」の記事一覧

宇宙ビジネスモデルの人工流星は成功?コストや需要の問題点

2019年1月18日に打ち上げられたJAXAの低コスト小型ロケット・イプシロン。 このロケットに積まれた7つの人工衛星のうち1つが、 新しい宇宙ビジネスモデルとして大きな話題になっています。 それはこのサイトで以前も取り・・・

アポロ月面着陸の真実とは?嘘の捏造説検証と事実だった証拠

2019年は、アメリカのアポロ計画で実施された月面着陸から50年。 1969年7月にアポロ11号が月面に降り立ち、 人類初の月面着陸の大偉業を成し遂げたのですが、 この偉業について、未だに捏造だったという陰謀論が囁かれて・・・

火星生命の可能性は地下?水や有機物を確認する地質学的探査

これまで人類が行って来た火星探査は、火星の地表が主な舞台でした。 しかし、2018年11月に火星に着陸した探査機・インサイトのミッションは地下調査です。 地下調査は、地質学的側面から火星内部を調べる事。 良く期待される生・・・

火星は第2の地球になり得る?テラフォーミングのNASA発表は

何かと話題の天体・火星。 最近では15年ぶりの大接近や、地下に水が発見されたり。 また、近い将来は有人探査や移住計画。 そして究極は火星をテラフォーミング(地球化)する計画等・・・ でも、この火星テラフォーミング計画にN・・・

宇宙ビジネスの将来性は民間企業の投資が市場規模拡大へ導く

かつての宇宙進出・開発は、国家主導で行う事業でした。 しかし今は、宇宙にビジネスチャンスを見出した民間企業が参入し、商業ベースでの宇宙開発が加速しています。 ただ、宇宙ビジネスはまだ始まったばかり。 これから宇宙には、ど・・・

月軌道ステーション計画が実現!目的と今後の宇宙進出へ期待

人類が初めて月面に到達してから半世紀。 以降、人類が月面に立つ事はありませんでしたが、 半世紀を経た今、ようやく?また月に向けて宇宙飛行士を送る計画が実現しようとしています。 それが、月軌道ステーション「Lunar Or・・・

スペースXのロケット開発に想う今後の宇宙事業の期待と不安

今や宇宙ベンチャー企業として世界一有名となったスペースX社。 同社が開発したロケットの打ち上げ実験は次々に成功し、かなり実用段階に近づいて来ていると言います。 そんなスペースX社の勢いは止まらず、次は月、そして火星有人飛・・・

スペースⅩ社の超大型火星ロケットにクルマが搭載される理由

宇宙ビジネスを展開する民間ベンチャーとしては、世界最大手企業となった「スペースX社」。 このスペースX社が開発した超大型ロケット「ファルコン・ヘビー」がついに完成! 2018年2月6日にアメリカ・ケネディ宇宙センターから・・・

宇宙エレベーター実現が理論上可能な理由と費用や完成予定は

エレベーターに乗って簡単に宇宙に行ける時代がやって来る?! 以前もこのサイトでご紹介しましたが、 これって、かなりSF的で空想上のおとぎ話のような話ですが、実はこれが理論上は実現可能と言うのです。 実際に実現に向けて構想・・・

国際宇宙ステーションに代わる後継機は月軌道ゲートウェイか

これまで、何人もの日本人宇宙飛行士も滞在した国際宇宙ステーション(以降、ISSと表記)。 ISSの運用限界は2020年代半ばとされ、その後を担う後継機がどうなるのか?まだハッキリしていませんでしたが、ここに来て新たに、そ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ