Sponsored Link

今週のオススメ動画

「出典:Astrum

はやぶさ2タッチダウンミッションと小惑星リュウグウの地名

小惑星リュウグウに到着した日本のJAXAが開発した小惑星探査機「はやぶさ2」。 「はやぶさ2」がリュウグウで行うメインのミッションは、 小惑星の地表にタッチダウンして、サンプル採取し地球に持ち帰る事。 しかし、リュウグウ・・・

宇宙ビジネスモデルの人工流星は成功?コストや需要の問題点

2019年1月18日に打ち上げられたJAXAの低コスト小型ロケット・イプシロン。 このロケットに積まれた7つの人工衛星のうち1つが、 新しい宇宙ビジネスモデルとして大きな話題になっています。 それはこのサイトで以前も取り・・・

子供向け宇宙学習サイト「アルマキッズ」は大人にもおすすめ

南米チリ標高5,000メートルのアタカマ砂漠にある「アルマ望遠鏡」。 ここの研究チームが展開する「アルマ望遠鏡プロジェクト」の一環で、 子供向けウェブサイト「ALMA Kids(アルマキッズ)」が運営されており人気となっ・・・

地球からの距離60億km以上の太陽系外縁天体の画像を接近撮影

このサイトでも何度も紹介している、 太陽系外縁天体無人探査機「ニュー・ホライズンズ」宇宙の旅。 いよいよ最終目的地でもある地球からの距離が60億キロ以上も彼方にある天体に到達。 ニュー・ホライズンズはその天体の全景の姿を・・・

アポロ月面着陸の真実とは?嘘の捏造説検証と事実だった証拠

2019年は、アメリカのアポロ計画で実施された月面着陸から50年。 1969年7月にアポロ11号が月面に降り立ち、 人類初の月面着陸の大偉業を成し遂げたのですが、 この偉業について、未だに捏造だったという陰謀論が囁かれて・・・

人類史上最も遠い天体に到達した探査機の偉業と任務とは?

2019年1月1日の元日。 人類の宇宙探査史上初の偉業が達成されている事に、 気付いている人はどれくらいいるのでしょうか? あの冥王星探査で話題となった太陽系外縁天体探査機ニュー・ホライズンズが、冥王星よりも遥かに遠い天・・・

火星生命の可能性は地下?水や有機物を確認する地質学的探査

これまで人類が行って来た火星探査は、火星の地表が主な舞台でした。 しかし、2018年11月に火星に着陸した探査機・インサイトのミッションは地下調査です。 地下調査は、地質学的側面から火星内部を調べる事。 良く期待される生・・・

太陽系の果て?観測史上最も遠い天体発見と第9惑星との関係

太陽系で最も遠い惑星は今のところ海王星。 その距離は地球から約45億キロと、気が遠くなるような距離ですが、 それよりも4倍も遠い場所に新たな天体が発見されて話題になっています。 そんな遠い場所にある天体を日本の”すばる望・・・

西郷星の正体が2年に1度の火星大接近スーパーマーズだった話

大河ドラマの「西郷どん」も惜しまれつつ放送終了。 個人的にはなかなか面白い歴史ドラマだったという感想なのですが、 ネットでは結構賛否が分かれているようですね。 でも何故、この天文系のサイトで「西郷どん~西郷隆盛」を取り上・・・

ボイジャー2号は通信可能な太陽系最遠部到達の偉大な人工物

NASAが40年以上前に打ち上げた無人惑星探査機・ボイジャー2号を覚えているでしょうか。 現在、このボイジャー2号は地球から遠く離れ、太陽圏を脱出したとのニュースが流れ話題になっています。 でも、ボイジャー2号よりも先に・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ