Sponsored Link

Xクラスの大規模太陽フレアの磁気嵐による地球への影響は?

最大規模の太陽フレアが発生したら、地球への影響はどうなるのか?

実際、最大と言われるXクラス太陽フレアが発生したことで、メディアでも大きく取り上げられ、人々の不安を煽るような報道がされています。

最大規模の太陽フレアが起こると、メディアが報じているような被害が地球で起きるのでしょうか?




2017年9月6日。約11年ぶりという大規模な太陽フレアが発生。


「画像参照:NASA」

このニュースはメディアが一斉に報道。

地球上の電子機器、GPSや様々なインフラに影響が出る可能性ある。
として注意喚起を行いましたが、幸いな事に、それほど大きな事態になることなく、何とか収束を向かえました。

でも、何故、遠く離れた太陽で起こった出来事が地球に影響を与えるのか?

不思議に思った人も、少なくはなかったのではないでしょうか?

Sponsored Link


日常的に発生している太陽表面爆発~太陽フレア

↑上の画像を見ておわかりの通り、太陽を捉えた写真の右下(南半球)側で、閃光が走っているのが確認できます。

これが太陽フレアという現象で、太陽表面で起こった爆発です。

太陽表面付近では強い磁力線が複雑に走っており、その一部にエネルギーが溜まることで飛び出してしまいます。

その磁力線が飛び出した場所がいわゆる”黒点”と呼ばれるモノで、黒点の場所が周りの温度より若干低いことから黒く見えています。


「画像参照:太陽表面に飛び出した磁力線イメージ図(YouTUBEより)」

そんなエネルギーが溜まった場所が太陽の強力な圧力に耐えられなくなり、磁力線が断裂。
その衝撃により爆発現象が起こってしまいます。

その現象が太陽フレア(太陽表面爆発)で、爆発の威力は水爆の10万~1億倍と推測されています。

「動画参照:YouTube (プライバシー ポリシー)

実は、この太陽フレアは珍しい現象ではなく日常的に起こっており、小規模なモノだと活動期はほぼ毎日のように発生しています。

しかし、今回メディアでも大きく取り上げられた太陽フレアは、日常的に起こる”ソレ”より1000倍以上の規模があるとされ、このクラスの大規模太陽フレアは2006年12月に観測されて以来11年ぶりとの事です。

大規模太陽フレアで起きる地球への影響

太陽フレアは、爆発時に放出されるx線の強度によってランク付けされ、強度が弱い方からX⇒B⇒C⇒M⇒Xに分類されます。

そんな2017年の太陽フレアの強度はXクラスという最強強度。
そのため地球への大きな影響が懸念されていましたが、オーロラが広い地域で観測されたことや、GPSに狂いが起きたこと以外、人工衛星や通信障害等、特に被害の報告は挙がっていません。

結果として被害が少なかったことは喜ばしいことですが、Xクラスの太陽フレアが起こっても地球に影響はあまりない!と断言する事は非常に危険です。

あくまでも今回は幸運だったと判断すべきで、もし最悪な事態が起こった場合は、電子機器の障害や大規模停電他、現代の文明に不可欠なインフラに大きな影響が出てしまい、大参事になってしまう可能性もあります。


「画像参照:太陽フレアの影響?南極昭和基地で観測されたオーロラ(情報通信研究機構より)」

ちなみに、この時期、某国のミサイル発射が懸念されていましたが、結局ミサイルの発射はありませんでした。

その原因は、太陽フレアが発生したことで断念した!?という話もありましたが真偽は定かではありません。

Xクラス級の太陽フレアで観測された圧巻のオーロラ

幸いなことに地球には大きな被害が出なかった2017年9月の大規模太陽フレア。

そんな中、世界各地では普段では観られないような圧巻のオーロラが観測されて話題になっています。

例えば、9月8日ノルウェーのトムロソで観測されたオーロラ。


「画像参照:https://vk.com/

さらには、低緯度の地域でもオーロラが観測されています。

写真はアメリカ・マサチューセッツ州ケープコッドで観測されたオーロラ。


「画像参照:http://spaceweathergallery.com/

低緯度オローラと言えば、北海道でもオーロラが観測されることが期待されていましたが、残念ながら今回は観測することが出来なかったようです。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ