Sponsored Link

ブラックホールの謎や仕組みを観測するx線天文衛星「ひとみ」の性能

X線天文衛星「アストロH」して2016年2月17日に打ち上げられた日本が誇るH2Aロケット。
この衛星は地球周回軌道投入成功後に名前を「ひとみ」と改められました。

ここのところ日本の宇宙進出は目覚ましく、国際宇宙ステーションの運用参加、金星探査衛星の打ち上げ、そして期待の小惑星探査衛星「はやぶさ2」など様々な宇宙開発・探査を行っています。

そして今回のX線天文衛星「ひとみ」の打ち上げ成功。これでブラックホールの謎や仕組みを解明すると言います。
しかし、日本が打ち上げたX線天文衛星は、この「ひとみ」だけではなく、今回で6回目のX線天文衛星打ち上げとなります。

多額の費用がかかる人工衛星の打ち上げ。何故日本はX線天文衛星にこだわるのでしょうか?



日本のX線天文衛星の歴史

X線天文衛星打ち上げは今回の「ひとみ」で6度目。この打ち上げ回数はあのNASAよりも多く、日本はX線による宇宙の探査にチカラを入れています。

最初に打ち上げられたX線天文衛星は1979年の「はくちょう」
続いて1983年の「てんま」。1989年「ぎんが」。1993年「あすか」。2005年「すざく」
そして2016年の「ひとみ」と続きます。

これらの観測衛星は、宇宙の謎として解明出来ていない高エネルギーを発する天体を観測するモノ。
高エネルギーを発する天体のほとんどはX線を放出するため、それを宇宙空間で捉えることで宇宙の謎に迫ろうとしています。

Sponsored Link


最新のX線天文衛星の「ひとみ」の性能

地球上空約580キロの周回軌道に投入されたX線天文衛星6番機「ひとみ」。
これは日本だけでなく、NASAをはじめとする世界各国の協力のもと開発された人工衛星で、約400億円の費用を投じて作られています。

そのためこの「ひとみ」には、最先端のテクノロジーによるX線観測装置が搭載されています。

この性能については、これまでの10倍以上という精度でX線観測が出来、宇宙誕生にも迫れるほど、さらに深宇宙を覗き見ることが出来ると言います。

最新のX線装置で何を観測するのか?

「ひとみ」の観測目的のひとつは、約80億光年もの彼方にある高エネルギー天体を詳しく観測する事。
80億光年を言い変えれば、光が80億年かけて地球まで届いているので、太陽系が誕生する遥か以前の80億年も過去を見るということになります。

これを観測することによって、宇宙がどのように広がっていって現在の宇宙を形成しているのか?などの謎に迫るとの事。

また、他にもブラックホールの謎に迫るという目的も「ひとみ」に与えられた任務です。

ブラックホールは光を放たない天体。唯一の頼りといっていいのがX線で、ブラックホールに隣接する高エネルギーの天体がX線を放つことで、ブラックホールの位置を確認しその動きや磁場なども観測する。
また、我々の太陽系がある天の川銀河の中心にも巨大なブラックホールが存在するとされていますので、この謎にも迫る予定だと言います。

「動画参照:YouTube (プライバシー ポリシー)

X線天文衛星「ひとみ」の運用状況と期間

もともとは「アストロH」という名前だったX線天文衛星「ひとみ」。
この命名の由来は、熱い深宇宙を観るための”宇宙の瞳”でありたいという願いを込めて名付けられたとか!?

なお「ひとみ」の運用状況についてはJAXAの特設サイトで確認出来ます。

X線天文衛星「ひとみ」で、さらに詳細な宇宙の謎やブラックホールの解明も進むと期待されます。
そして「ひとみ」の運用期間は約3年。任務を終了した「ひとみ」は地球の大気圏に落され焼却処分となる予定です。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ