Sponsored Link

第9惑星の発見時期と実在する根拠からのより確実な探索方法

数年前「太陽系第9惑星発見か?」のニュースが世界中の話題になりました。

それから第9惑星はどうなったのか?

探索の進捗状況は?

発見はいつ頃になるのか?

そもそも第9惑星って本当に存在するのか?

天文ファンにとってはとても気になるところかとは思いますが、
現状で、この第9惑星存在の可能性について少し調べてみました。

非常に信憑性の高い”説”として挙がった第9惑星の存在

「太陽系の彼方に未知の惑星が存在する!?」と大きな話題になったのが2016年初頭。

その後、この話題はそれほど取り上げられていませんが、どうなったのか?

事の発端は、アメリカ・カリフォルニア工科大学の惑星科学者達が、太陽系外縁部の天体の動きをコンピュータ・シミュレーションしたところ、公転周期や遠日点(太陽から最も遠ざかる軌道地点)が、何らかの大きな重力の影響を受けた軌道を取っていることが判明。

この影響を与えているのが、未知の天体~いわゆる”第9惑星”ではないか?との説を唱えたのです。

「動画参照:YouTube (プライバシー ポリシー)

惑星科学者達の研究によると、太陽系外縁部エッジワース・カイパーベルトの複数の天体が、惑星レベルの大きな重力に作用さえている軌道を取っている形跡が見えると言い、それは地球より遥かに大きい質量を持つ天体ではないか?という事。


「画像参照:QUANTA MAGAZINE

しかもこれは、非常に信憑性の高い証拠であり、このような天体に軌道に影響を与える確率は0.007%。

つまり、ほぼ間違いなく太陽系第9番惑星は実在すると自信を持った研究結果が発表されています。

第9惑星が地球に及ぼす影響って何?

第9惑星存在の可能性~のニュースが流れた事によって、一部のネットがザワついているようですが・・・

それは、根も葉もない情報を流している不特定多数の人たち。

「第9惑星は、地球に害を及ぼす惑星Xだ!」とか、
カルトニュースに登場する架空の天体・ニビルやテュケーだ!等々。

邪悪な?天体である第9惑星が地球に接近して、人類滅亡を招くだとか?
地球に衝突してしまうだとか?

何故、こんなウワサがネット上に流れるのか?不思議でなりません。

このようなウワサを真に受ける前に、天文知識を少し持った良いか?と思います。

そもそも第9惑星と思われる天体は、地球から何百億キロも離れた位置にあります。
そんな遠くに離れた天体が、どうやって地球に影響を及ぼすでしょうか?

また、惑星同士の衝突なんて、太陽系創世期の乱れた時期ならともかくとして、安定したこの時代にこのような衝突なんてあり得ません。

ただ、小惑星や彗星の地球接近、衝突の危険性はありますが、決して第9惑星の影響によるモノではないでしょう。


「画像参照:Will the world end in October?」

第9惑星はどんな天体でどこにあるのか?

第9惑星存在の可能性を指摘した研究チームによると、この未知の惑星の大きさは地球の2~4倍ほどで、質量は地球の10倍ほどと推定。

場所は、元第9惑星・冥王星の遥か彼方の軌道上と思われ、その距離は太陽に最も近づくとき(近日点)でも、地球と太陽の距離(約1億5,000万キロ)の200~300倍。

最も離れたとき(遠日点)だと600~1,200倍という、気の遠くなるような場所に存在するのでは?と推測され、その公転周期は大きな楕円を描く軌道で1万~2万年だと考えられています。

さらに、第9惑星が存在するならどんな天体なのか?

もちろん、まだ詳しくはわかっていませんが、質量が地球の10倍ほどならスーパーアース級の岩石惑星か?
もしくは、天王星や海王星といったガスや岩石、氷で構成された天王星型惑星ではないか?と考えられます。


「画像参照:地球(左)第9惑星(中央)海王星(右)(Wikipediaより)」

第9惑星の存在はいつ確定するのか?

存在を指摘されてから数年経過していますが、未だその存在は確認されていません。

何故、まだ発見出来ないのか?

その理由は、大きく分けて2つ。

1つ目が、地球から恐ろしく遠く離れているという事。

もし、第9惑星の現在の位置が、近日点付近であれば多少は発見も早くなるかも知れませんが、遠日点当たりに位置していたとしたならば、発見が非常に困難になる可能性があります。

2つ目は、探索目標が目に見えない惑星である事。

探している天体が、電波や光を放つ太陽のような恒星なら発見もそれほど難しくはないでしょうが、太陽から遠く離れ、ほとんどその存在を示さない暗い天体であれば、真っ暗闇で広大な砂漠の中の1粒の黒ゴマを探すようなモノ。

このように第9惑星探しは、気の遠くなるような中で作業を行っており困難を極めているようです。

しかし、探索はやみくもに行っているのではなく、シュミレーションによって算出された軌道上を探していますので、おそらくはそう遠くない時期に発見され、世界中にそのニュースが流れることになるでしょう。

Sponsored Link


第9惑星探査で見つかった思わぬ大成果

現在、世界各国の天文台が第9惑星発見を目指して宇宙に望遠鏡を向けていますが、そんな中で思わぬ発見がありました。

それは、第9惑星探査のため木星方向に観測の目を向けていたところ、木星に新たな衛星が発見されたです。

それも一度に12個も!

発見された衛星はいずれも1~3キロ程度の小さな天体。

また、これらの衛星のうち9個は木星の自転方向とは逆向きの逆行衛星である事が判明。


「画像参照:新衛星12個の軌道。緑色の軌道は衛星ウァレトゥードCARNEGIE INSTITUTION FOR SCIENCEより)」

この発見により、新たに木星の衛星として加わった12個の天体で、木星はこれで79個もの衛星を持ち、これは太陽系で最も多くの衛星保有数を誇ります。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 この記事の内容にご満足いただけましたら
 ↓↓をクリックして下されば幸いです。
にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
「にほんブログ村」
Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ