Sponsored Link

近い将来地球に小惑星が衝突する可能性と潜在的に危険な天体

地球周辺軌道には、衝突の危険性が高い小惑星(地球近傍小惑星)が、数え切れないくらい多く存在すると言われています。

ただ、専門家の計算によると、少なくとも今後100年間は、地球に危険を及ぼす可能性のある小惑星がやって来ることはないとされています。

果たして、その計算は正しく、本当に地球に衝突する危険はないと断言できるのでしょうか?

そのような不安が過る理由には、毎年のように地球接近する小惑星の存在があります。

ここでは、地球に衝突するかも知れない?
潜在的に危険な小惑星についていくつか紹介してみたいと思います。

地球に接近する軌道を持つ危険な?地球近傍小惑星

地球周辺には、大小様々な小惑星が無数に存在し、地球に接近する軌道を周回しています。

その小惑星大きさは、数メートルから数百キロと幅広く、それら全ての天体に、人類の観測の目も行き届いていないのが現実です。

しかも、それらの天体は、軌道が不安定で地球や月などの大きな天体の引力で、簡単に軌道が変わってしまう可能性があり、危険性が無いとは言っても、専門家の計算を裏切る天体が出て来る危険性は潜在的に秘めています。

そんな”潜在的に危険な小惑星”の数は、判明しているだけでも約5,000個は存在しているとの事。

それらの1つでも地球に衝突すれば、核兵器に匹敵、それ以上の被害が出てしまう危険性も秘めています。

実際、近年においても予測していない小惑星の地球衝突があったのも記憶に新しいところです。

Sponsored Link


2013年チェリャビンスク州の隕石落下事件

記憶に新しいのは、2013年2月にロシアのチェリャビンスク州付近に落下した小惑星と思しき天体現象。

このとき落下したのは、直径が数メートルから15メートル位の大きさで、質量は10トンほどの小惑星と見られており、秒速15キロメートル以上の速度で大気圏に突入した小惑星は、高度10キロほどの高さで空中爆発したため、地上にはそれほどの被害が出なかった事件が、世界中で大きな話題になりました。


「画像参照:空中爆発した小惑星の隕石雲(Wikipediaより)」

この小惑星落下は、事前に予測出来なかった事例です。

これほど小さな天体の接近衝突は、現在の観測技術では難しく、ロシアの天体落下は被害が少なかったので良かったのですが、もし空中分解しないで地上に衝突していたとしたなら、甚大な被害が出ていた可能性があります。

2017年10月12日潜在的に危険な小惑星が接近

ロシアの小惑星落下は危険を予測出来ませんでしたが、2017年10月12日に地球に接近する小惑星は事前に予測が出来ています。

この小惑星は「2012TC4」という30メートル級の天体です。


「画像参照:sciencealert

「2012TC4」は5年周期で地球に接近する地球近傍小惑星で、発見されたのは2012年。

このとき、地球から約9万5,000キロのところを通過しました。

そして、2017年はさらに接近し、地球から6,800キロの地点を通過すると予想されています。

ただ、この予想距離は不確実で、実際に「2012TC4」が地球に接近して来ないと正確な距離計算は出来ないとの事。

もしかしたら、この距離より遠い場所を通過するかも知れませんが、ただ正確な事が言えるとしたなら、「2012TC4」の地球衝突はあり得ないとの見解のようです。

将来地球に被害を及ぼす危険性のある小惑星

現時点で、地球に衝突する可能性がある小惑星として危険視されているのが小惑星・ベンヌ。

この天体の平均直径は約560メートルで、地球近傍小惑星としては比較的大きな天体です。

ベンヌは、約2年で太陽の周りを周回し、6年毎に地球に接近することがわかっています。

そんなベンヌが最も地球に接近するのが2135年。

予測では、月の内側の距離まで接近するとされていて、一部の予測では地球の衝突コースに入るのでは?とも言われています。

もし、ベンヌのような500メートル級の小惑星が衝突するとなれば、広島に投下された原子爆弾の数百倍の威力になると考えられ、地球規模の大参事になり、地球に住む生態系にも壊滅的な影響を与えてしまう可能性もあります。

しかし、これはあくまでも最悪の場合を想定した予想であって、実際の衝突の可能性は極めて低く、現時点の衝突の確率は2,700分の1と算出されているようです。

もし、巨大小惑星が衝突したら地球はどうなる?

現在発見されている地球近傍小惑星で、最も巨大なのは(53319)1999JM8という直径約7キロの小惑星です。

しかもこの天体は潜在的に危険な小惑星に分類されており、少なくとも地球に衝突するリスクはあるとされています。


「画像参照:最も巨大な潜在的に危険な小惑星(53319)1999JM8(Wikipediaより)」

もし、万が一でもこの7キロ級の小惑星が地球に衝突したなら、どんな被害が出るのか?

そのような事態を想像する上で、参考になるのが約6,500万年前。

当時、地球上に君臨していた恐竜たちを絶滅させたと考えられる巨大隕石の衝突。

このとき、約10キロの巨大な小惑星が、現在の中米・ユカタン半島付近に衝突したと考えられています。

衝突の衝撃は凄まじく、深さ数キロ、直径約200キロのクレーターを作り出し、巨大な津波も発生。

さらには、衝突で巻き上がった大量の粉じんや水蒸気が地球上空を覆い、太陽光を遮断。

地球規模の大災害が引き起こされ、恐竜を含む地球上の生物の80%が絶滅したと考えられています。



つまり、(53319)1999JM8のような直径7キロもある巨大な小惑星が衝突すると、今度は人類を含む、大絶滅の危機が訪れるということになるのかも知れません。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ