Sponsored Link

天王星の表面の色や大気組成の謎が解明?どうなる今後の探査

太陽系の惑星の中で最も調査が進んでいないと言われるのが天王星と海王星。

というのも、これらの惑星まで飛んで調査をしたのはボイジャー2号のみ。

現時点では、地上からの調査をする手段しかありません。

でも、最近の観測技術は精度が高く、様々な観測が行われ少しずつ謎が解明されつつあります。

そんな謎解明が進みつつある2つの惑星のうち、天王星について新たな調査結果が出たようです。

太陽系第7惑星・天王星の基礎知識

地球からの平均距離が約27億キロの彼方にある、太陽系7番目の惑星・天王星。


「画像参照:宇宙科学研究所 キッズサイト

太陽系の惑星の中で、木星、土星に次いで3番目に大きな星です。

大きさを地球と比較すると約4倍で、主にガスと氷から形成されていて、海王星と合わせて天王星型惑星と呼ばれています。


「画像参照:大きさ比較 地球(左)天王星(右)(Wikibooksより)」

天王星の最大の特徴は、大きく傾いた自転軸。

地球の自転軸が黄道面に対し、天王星の自転軸は約98度というほぼ横倒しと言ってよいほど傾いています。

何故、天王星の自転軸が横倒しになったのか?
については、これまで謎に包まれていましたが、

最近の研究シュミレーションでは、

数十億年前の太古、地球クラス、またはそれ以上の天体が、2度に渡り天王星に衝突したことによる衝撃で傾いてしまったのでは?という説が有力になっています。

Sponsored Link


天王星の衛星数と環

天王星には現時点で27個の衛星が確認されており、
その中でも”天王星5大衛星”と呼ばれるのが、天王星に近い軌道順に、
アリエル、ウンブリエル、タイタニア、オベロン、ミランダの5つです。


「画像参照:天王星5大衛星 ()内は直径(Wikipediaより)」

これらの衛星は、ほとんどが岩石質の天体で、どの衛星もそれほど大きな特徴は持っていないのですが、付けられたネーミングが特徴的で、どの衛星もシェイクスピアまたはポープというイギリスの作家作品から命名されています。

また、特徴的と言えば天王星の環(リング)もそうかも知れません。

環(リング)を持つ惑星として有名なのが土星。

しかし、太陽系で環を持つ天体は土星だけではなく、
木星や海王星、そして天王星にも環がある事は確認されています。

天王星の環は現在のところ11本発見されており、
直径10m以下という、岩石や炭素を含んだ薄くて暗い物質で構成されています。


「画像参照:天王星の環と衛星(Wikipediaより)」

天王星の環が縦に巡っているように見えるのは、自転軸がほぼ横倒しになっているからであり、一番外側にある明るい環はイプシロン・リングと呼ばれています。

また、環がある天体は、このような巨大惑星だけではなく、カリクローなど小惑星にも存在する事も最新の観測で明かになっています。

参考記事:【土星以外に環(輪)を持つ意外な天体

最近わかった天王星の意外な特徴

ボイジャー2号以来、天王星には探査機は行っていませんが、
ボイジャーの探査データと地上からの研究によって、最近になって天王星の大気について新たな謎が解明されています。

イギリスの研究チームが天王星の大気を詳しく観測。
その結果、大気中には硫化水素が含れている事が判明。

硫化水素は、地球上では温泉の臭いや卵の腐敗臭の原因としても知られており、いわゆる人間には不快に感じる臭いがする物質です。

天王星に硫化水素が見つかったという事はどういう意味があるのか?

それは、同じ巨大惑星でもガスで構成された木星や土星には硫化水素は見つかっておらず、おそらく天王星と同じような形成を辿っている海王星の大気にも硫化水素が含まれている可能性があるとの事。


「画像参照:ボイジャー2号が撮影した天王星の大気(Wikipediaより)」

これは、太陽系の誕生の謎に迫るモノで、惑星の形成時にどのような場所でその惑星が誕生したのか?

今後の研究を進める上で、大きな価値のある発見になり得ると言います。

今後の天王星探査計画はあるのか?

前述もしましたが、これまで天王星まで行って探査を行ったのは1986年のボイジャー2号のみ。

それ以降は、天王星の探査計画は実施されて来ませんでした。

しかし、欧州宇宙機関(ESA)が2030年代前半を目標に、天王星と海王星の探査を目的とした「ODINUS」ミッションを計画しています。

この「ODINUS」ミッションは、1機の探査機で天王星、海王星の順に探査を行うモノで、今回天王星の大気で確認された硫化水素の含有量も含め、これらを調査・分析する事で太陽系誕生の謎に迫るという計画です。


「画像参照:YouTUBE」

また、天王星の自転軸が大きく傾いている原因の究明や環(リング)の調査。

さらには、太陽系で唯一、他の衛星とは逆の周回軌道を持つ海王星の衛星・トリトンの謎解明等。

様々なミッションを行う予定とさRています。

とにかく、天王星や海王星の詳細な調査が行われるのはまだ先の事のようですが、今後NASAの動向も気になるところです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 この記事の内容にご満足いただけましたら
 ↓↓をクリックして下されば幸いです。
にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
「にほんブログ村」
Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ