Sponsored Link

カイパーベルト天体とは?冥王星や第9惑星も含む深宇宙の謎

今、人類の宇宙探査ではカイパーベルト天体探査がアツい!
とは言っても、カイパーベルト天体って何?と思う人も多いのでしょうか?

カイパーベルト天体とは、地球からはるか遠くにある太陽系外縁天体群の事。
この天体に目を向けている人類。
いったい、そこに何があるのでしょうか?



カイパーベルト天体とは?

カイパーベルト天体は、8番目の惑星・海王星の外側に位置する天体群の事で、
冥王星も、このカイパーベルト天体に含まれます。


画像参照:自然科学研究機構 国立天文台

カイパーベルト天体は、正式にはエッジワース・カイパーベルト天体と呼び、
1950年代に、2人の天文学者(ケネス・エッジワース氏とジェラルド・カイパー氏)が、
彗星の故郷だと提唱した太陽系外縁部に存在する天体で、この2人天文学者の名前をとって
エッジワース・カイパーベルトと名付けられました。

しかし、実際にカイパーベルト天体が発見されたのは1992年。

冥王星もカイパーベルト天体なのですが、
当時は冥王星の外側の軌道を周る天体が、カイパーベルト天体とされていましたので、
海王星軌道の外側に、冥王星に匹敵する大きさの天体が発見されるようになり、
冥王星もそれらに含まれる天体と位置づけされるようになったことから、
冥王星は、惑星から準惑星に格下げになり、
現在では、カイパーベルト天体に含まれる天体と定義されています。

軌道半径も広大で、海王星軌道の外側から、数百億キロにも及ぶと考えられていて、
そこにある天体のほとんどが、岩塊や氷の塊などの小さな天体で構成されていると考えられています。

カイパーベルト天体を旅する無人探査機「ニュー・ホライズンズ」

地球から、遥か遠くにあるカイパーベルト天体ですが、
人類はすでに、その領域に足を踏み入れています。

それが、太陽系外縁天体探査機「ニュー・ホライズンズ」。

「動画参照:YouTube (プライバシー ポリシー)

2015年に冥王星に到達したニュー・ホライズンズは、
さらに、深宇宙に向かってカイパーベルト天体の中を進み、
直径が50キロにも満たない小天体「2014 MU69」など、
複数のカイパーベルト天体の探査を行う予定です。

Sponsored Link


冥王星発見に匹敵するカイパーベルト天体

1992年以降、観測技術の進歩により、次々と発見されているカイパーベルト天体。
その数はすでに1,000個を超えているのですが、
冥王星のような準惑星は、なかなか発見されず、
最近になって「2015 RR245」という推定の大きさ700キロほどの準惑星が発見されています。

この準惑星の特徴は、非常に長い公転周期を持つ事。
その周期は何と700年。つまり、太陽の周りを700年かけて一周している星です。

ちなみに、冥王星の公転周期が248年ですので、
2015RR245は、冥王星より遥かに遠い場所にある天体であることがわかります。

発見間近の太陽系第9惑星もカイパーベルト天体?

2016年初頭。大きな話題となった「太陽系第9惑星発見か?」のニュース。

既に発見されているカイパーベルト天体、
6つの軌道を科学者たちが調べているときに、
おかしな現象に気づきます。

それは、6つの天体が、何か巨大な重力にはじかれるように、
同じような傾いた楕円軌道を描いている事。


「画像参照:AstroArts

これを発見した科学者たちは、
何か未知の天体の影響で、軌道がこのようになったと結論づけ、
そこには、太陽系第9番目の惑星が存在する証拠だと世界中に発表しています。

ただ、この第9惑星は、とんでもなく遠い場所に存在すると考えられていて、
8番目の惑星である海王星軌道から20倍以上も遠い場所にあり、
1万年~2万年の公転軌道をとっている惑星ではないかとされています。

参考記事:【太陽系第9惑星を発見か?!】

これだけ遠い場所に存在するかも知れない第9惑星もまた、
カイパーベルト天体の1つではないか?と考えられ、
エッジワース・カイパーベルトの領域は果てしなく広く、
太陽系の最深部まで広がっているのでは?と考えられています。

カイパーベルト天体を探査する理由

太陽系外縁部の天体群・カイパーベルト天体の探査にチカラを入れる人類。

この領域は、太陽の光もほとんど届かず、
暗黒で超極寒の世界だということが想像出来ます。

そのため、この場所に生命がいるとは考えにくく、
生命探査を行っているというワケではないでしょう。

しかし、この場所には太古の太陽系の記憶が残っていると考えられ、
地球に生命をもたらしてくれた水や、有機物質などの起源も眠っていることが期待されています。

果てしなく遠い天体、カイパーベルト天体の探査・研究が進めば、
もしかしたら、我々人類を含む、
地球の生物の起源、ルーツの手がかりがそこにあるかも知れないのです。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ