Sponsored Link

冥王星探査の最新情報はハート形の地下に生命存在の可能性

人類はついに、太陽系外縁部まで探査機を送るまでになりました。
そんな太陽系外縁部探査で代表的なのがNASAの無人探査機「ニュー・ホライズンズ」の活躍。

ニュー・ホライズンズは、地球から遠く離れた冥王星まで到達し、これまで謎に包まれていた冥王星の様々な真実を伝えてくれました。

そしてさらに、ニュー・ホライズンズの探査で明らかになった最新情報が。
何と。超極寒の星である冥王星に、生命が存在するかも知れないって事。
今回は、冥王星の生命の有無について情報をまとめてみました。

探査で明らかになった冥王星の概要

かつては、太陽系第9番目の惑星だった冥王星。
しかし、観測技術の進歩によって、太陽系には冥王星と似た天体が次々に発見され、また衛星である地球の月よりも小さい天体だということなどから、2006年より準惑星に分類されることになりました。


「画像参照:Wikipedia

冥王星は、大きな楕円形の公転軌道を持っていますが、地球からの平均距離は約48億キロと離れており、1930年の発見以降、その全貌は謎のままでしたが、2015年に冥王星に到達したNASAの太陽系外縁天体無人探査機「ニュー・ホライズンズ」によって、少しずつ謎が解かれていくこととなりました。

冥王星の特徴的なハート形の地形の謎

地球からの観測では、見ることが出来なかった冥王星の地表。
ニュー・ホライズンズによって、その独特な地表が撮影され大きな話題になりました。

冥王星表面画像を見ると、すぐに目に入るのがハート形の地形。
この場所をスプートニク平原と呼び、何故このような地形が出来たのか?その調査が進められて来ました。


「画像参照:Wikipedia

調査の結果、このハート形の地形は、冥王星創成初期の40億年以上前に、他の天体の衝突によって形成されたモノだという事が判明し、衝突の衝撃は凄まじく、ハート形地形の基となる巨大なクレーターを形成し、さらには冥王星の地軸を傾けるほどだったと考えられています。

ハート形地形の下に生命の可能性?

”平原”と呼ぶだけあって、一見穏やかな場所にも思えますが、その地下は活動が活発で、冥王星が”生きている”証明になっていると考えられています。

「動画参照:YouTube (プライバシー ポリシー)

NASAが公開した冥王星のスプートニク平原で見られるなだらかな地形も、地下から湧き上がって来る窒素の氷が、表面に到達し地表のクレーターなどの凸凹を消し去ったことで、このような地形が保たれていると考えられています。

またこの場所には、アンモニアも含まれていることが判明しており、このアンモニアが不凍液の役割をして、地下で液体状の水が存在するとも考えられています。

つまり、地下に液体となった水があるとすれば、そこに生命がいるかも知れないという期待も捨てきれないワケで、今後の更なる調査結果が待たれることとなりそうです。

Sponsored Link


太陽系で地球以外は地下に生命が存在する可能性アリ?

これまでの太陽系探査で、火星以外は全て衛星の氷の下に生命がいる可能性が示唆されており、木星の衛星「エウロパ」や土星の衛星「エンケラドス」がその代表的な例です。

これらの生命存在の可能性がある天体は地表は氷で覆われており、地下に潮汐力等の地熱で氷が溶け、液体の海が広がっている可能性が高いとして期待されているのですが、冥王星の場合もまた地下に生命存在の可能性。

しかし、冥王星の場合、あまりにも太陽から離れていることもあり、そこに生命が宿る可能性は低い?!との意見もあり、エウロパやエンケラドスに比べると期待度はかなり低いのですが、それでもゼロではない!というのが専門家の考えだそうです。

そして、この太陽系外縁天体に再び探査機を送るかどうか?も議論の対象になっており、もしかしたら、今後数十年間は「ニュー・ホライズンズ」が冥王星に到達した最初で最後の探査機になる可能性もあり、そうなれば、これ以上の生命探査は進まないことも考えられます。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ