Sponsored Link

宇宙に存在する銀河数が2兆個以上なら知的生命体可能性大?

宇宙の広さは有限だが無限に近いという、矛盾した表現も出て来るほど、宇宙の広さは我々人類には測り知れないスケールがあります。

そんな人類は宇宙の広さを知りたがり、様々な観測技術を使って研究を重ねています。

そして、つい最近になってわかった事。
宇宙は、想像を遥かに超えた広さを物語る、宇宙に散らばる銀河の数が桁違いだった事に衝撃が走っています。

いったい宇宙には、銀河がいくつ存在するのか?
さらには、銀河に属する星の数はどれくらいあり、その中に地球外知的生命体存在の可能性はあるのか?

そんな事について、少し調べてみました。

宇宙に存在する銀河の数は桁違いの多さだった。

これまで、宇宙に存在する銀河の数は数千億個と考えられてきましたが、最近の研究によって、その数は桁違いの2兆個以上であることが判明。

しかし、それは人類が観測可能な銀河の数であって、現在の技術では観測出来ない銀河まで含めると、その数は気が遠くなるほどの多さであると言います。

この観測結果は、地球の衛星軌道上を周るハッブル宇宙望遠鏡によってもたらされたモノ。


「画像参照:Wikipedia

ハッブル宇宙望遠鏡が、長年に渡り観測し続けたデータを集積した結果、宇宙の銀河はトンデモない数だったということが判明したそうです。

ちなみに、この観測により判明した銀河の数は2兆個以上ですが、まだ人類の技術では観測が不可能な銀河は、判明した2兆個の1割にも満たないと考えられ、いかに宇宙が広いのか思い知らされる結果となっています。

銀河1つの大きさはどれくらいあるのか?

判明しただけでも、2兆個もの銀河があるという宇宙。

でも、2兆分の1個の銀河は、どれくらいの規模を持っているのでしょうか?

例えば、我々の太陽系が属する天の川銀河も、
当然ながら2兆分の1個の銀河になります。

そんな天の川銀河は、最低でも2,000億個の星の集合体であり、その2,000億個分の1の星とは、地球のような惑星などではなく、太陽のような恒星のことを指します。

つまり、我が銀河には、2,000億個以上の太陽が存在し、その太陽に属する惑星や衛星まで入れると、これまた途方もない星が存在すると考えられており、さらには、お隣りの銀河であるアンドロメダ銀河は、天の川銀河の2倍以上の規模を持つ星の集合体です。

この2つの銀河だけでも気の遠くなるような星の数であることが、なんとなくでもわかると思うのですが、もちろん、宇宙に存在する銀河の規模は大小様々。我々の銀河のように必ずしも数千億個の星の集合体であるとは限りませんが、それでも、観測可能な宇宙全体の銀河の数を考えると、例えようのない星の数ではないかと考えられるのです。

Sponsored Link


果てしなく広い宇宙で人類は宇宙で唯一無二の存在と言えるのか?

わかっているだけでも、2兆個もの銀河が存在する宇宙。

そんな果てしない宇宙で、
我々人類は唯一無二の知的生命だと言えるのでしょうか?

もちろん、そう思っている人もいるでしょうし、
ただ、これだけ星を持つ銀河があるのなら、普通なら、宇宙にいる知的生命体は、人類だけではないと考えるのが自然ではないでしょうか?

しかし、科学文明が発達した現在、我々は未だに他の知的生命体の痕跡を確認出来ていませんし、もし人類以上の科学力を持つ文明が宇宙のどこかにあったとしたならば、地球にコンタクトを取って来ても良いハズ!?

残念ながら、現時点ではそんな形跡すらありません。

それは何故なのか?



広過ぎる宇宙が故に人類は他の文明に出会うことが出来ない

ある科学者が言っていましたが、宇宙のとんでもない広さが、知的生命体同士の交流を邪魔しているという事。

つまり、もし人類のような科学文明を持つ知的生命体がいたとしても、そこは光の速さで何年もかかる場所にある。

秒速30万キロで進む光の速さでさえ、何年もかかるワケですから、生命体がそこまで行くには物理的に無理なのでは?!と考えることが出来ます。

しかし、行くことが出来ないなら、
通信手段を使ってコンタクトを図ることだってできるハズ!?

現在人類は、通信手段を使って、地球外の知的生命体とのコンタクトを図ろうとしていますが、まだ成功にいたっていません。

ということは、地球から発する通信が届く範囲には、通信に応じれる知的生命体は存在しないということも考えられますし、存在したとしても他の理由で応じないという理由も考えられます。

いづれにせよ、現時点では太陽系の近くには知的生命体はいないであろう!?
しかし、広い宇宙のどこかには、必ず人類と同じ、もしくはそれ以上の知的生命体が存在しうると考えられます。

果たして、今後人類は、他の星の文明と出会うことが出来るのか?

そして新たにわかった銀河の数。
この中から、さらに未知の新しい発見があるのか?
今後の観測・研究に期待したいものです。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ