Sponsored Link

ケプラー宇宙望遠鏡が発見したハビタブルゾーン存在の惑星数

NASA が2009年に打ち上げ、運用を続けて来た「ケプラー宇宙望遠鏡」は大きな成果をあげています。

この宇宙望遠鏡は、これまで遠い太陽系外の恒星系に目を向けて来て、
太陽系外惑星を多数発見し、その中には地球のように、生命が生存可能と思える惑星も数多く含まれています。

太陽系外惑星発見というのは、これまでの人類にとって未知の世界で、
もしかしたら、今後、異星人との接触の手掛かりとなるかも知れない大きな挑戦です。

今回は、このケプラー宇宙望遠鏡の成果について少し調べてみました。



ケプラー宇宙望遠鏡の太陽系外惑星の探し方

ケプラー宇宙望遠鏡は、NASAが太陽系外に地球に似た惑星を探すために打ち上げられた望遠鏡です。

このケプラー宇宙望遠鏡は、有名なハッブル宇宙望遠鏡とは違い、
地球低軌道上を周回する人工衛星ではなく、
より鮮明な観測が出来る、地球から約1億2000万キロも離れた場所で、
地球の公転をトレースする軌道に設置されています。

ちなみに、ケプラー宇宙望遠鏡と地球との通信は、電波の往復で13分もかかるとの事です。

ケプラー宇宙望遠鏡が太陽系外の惑星を探すと言っても、
自ら光を放つ恒星とは違い、
惑星は光を放たず、太陽系の惑星のように太陽の光を反射したとしても、
遥かに遠い地球まで、その反射光が届くことはありません。

そのため、惑星系を持つような恒星に焦点を当て、
その恒星の前を横切る天体のスペクトル分析を行い、
太陽系外の惑星を探し出すという方法をとっています。

「動画参照:YouTube (プライバシー ポリシー)

このスペクトル分析により、太陽系外の惑星の軌道や大きさ形を判別。
詳細の分析は出来ないまでも、おおまかな惑星の性質までわかるとの事です。

ケプラー宇宙望遠鏡が発見した太陽系外惑星の数

2009年から運用を続けてきたケプラー宇宙望遠鏡が、
2015年までに発見した太陽系外惑星の数は何と、1,284個。

数光年から数千光年に渡る広範囲で探し続けた結果がこの惑星数です。

そしてさらに、1,284個のうち、約半数に近い550は、
地球のような、表面が岩石で覆われた地球型惑星であることも判明しています。

しかし、地球型惑星と言っても、550個全てが地球のように大気や水が存在し、
生命が生存可能な惑星というワケでなく、そのような惑星はさらに絞られる結果となっています。

Sponsored Link


ケプラー宇宙望遠鏡が発見した生命が生存する下の星がある惑星数

ケプラー宇宙望遠鏡が発見した1,284個の惑星のうち、
地球型の岩石惑星は550個。そして生命生存の可能性がある惑星は12個だといいます。

遠く離れた太陽系外惑星なのに、何故、生命生存の可能性があると言えるのか?

その理由は、その恒星系のハビタブルゾーンに地球型惑星が位置するからであり、
ハビタブルゾーンは、生命が生存し得る、恒星からの距離から丁度良い領域の事をいい、
つまり、我々の太陽系でいうところの地球がある位置がハビタブルゾーンという事になります。



もし、このハビタブルゾーンにある地球型惑星に、大気や水が存在すれば、
十分に生命が生息する可能性があると考えられています。

宇宙に生命生存可能な星は意外と多かった!?

ケプラー宇宙望遠鏡が探査の目を向けたのは、数千光年先の宇宙までです。
その範囲内で、10個以上の”居住可能”な惑星が見つかったのは快挙。

もちろん、その全てに生命が存在するとは限らないですが、可能性はかなり高いとの事。
もしかしたら、この惑星の中に、人類のような知的生命体も存在するかも知れません。

また、我々の住む銀河系(天の川銀河)には2,000億個以上の恒星があることもわかっていて、
その恒星以上に惑星は多いのでは?ということも推測され、
さらに惑星が従える衛星にも、生命生存の可能性があるため、
宇宙では、意外と”我々の仲間”である地球外生命体は多いのかも知れません。



今後さらに期待される地球外生命体探査

ケプラー宇宙望遠鏡は大きな成果をあげ、そのミッションを終えよう(終えた)としています。

そのため、ケプラー宇宙望遠鏡に代わる、
新しい太陽系外惑星探査望遠鏡(衛星)も2018年に打ち上げられ、
さらに、20万個以上の恒星を調査し、そこから地球型惑星を探す予定になっています。

また、同じく役目を終えたハッブル宇宙望遠鏡も、世代交代を迎え、
新たに、超高性能なジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が投入されることになっています。


「画像参照:ウィキペディア

今後、続々と投入される新技術を詰め込んだ観測衛星。
これにより、近い将来、SFの世界でしかあり得なかった地球外生命体を確認出来、
地球外生命体との交信・接触もあるかも?

まだまだ夢物語でしかありませんが、
最新の技術は、夢を現実に変えてくれる可能性を秘めているのではないでしょうか。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ