Sponsored Link

地球外知的生命体の探査を赤色矮星に向ける理由と今後の成果の確率

「無限に広がる宇宙」と、どこかで聞いたことのあるフレ-ズですが、宇宙の広さは無限ではありませんが、我々には想像もつかないほど果てしなく広いということは間違いありません。

そんな広い宇宙に生命が存在するのは地球だけでしょうか?
「そんなハズはない!きっとどこかに地球外生命体はいるハズだ!」
そう考えるのは、宇宙を専門とする科学者たちも同じです。

宇宙の観測技術が発展した今、科学者たちは本気で地球外生命体を探そうとしています。



地球以外に生命が存在しないと言えない根拠

地球外生命体と言えば、火星人や金星人といった地球以外の太陽系の星々の惑星に住む異星人を思い浮かべる人もいるかも知れません。

太陽系の探査が火星や金星、さらには外縁部の冥王星まで進んだ現在、火星人や金星人などはいないことは分かっているのですが、何も地球外生命体の存在の可能性があるのは、太陽系内だけではありません。

そもそも広い宇宙から見れば、太陽系などちっぽけな空間でしかありません。

太陽系が属する銀河系(天の川銀河)は、2,000億個以上の太陽のような恒星が集まって構成されています。
さらにそんな銀河も宇宙には数千億個存在すると考えられており、想像を絶するほど数えきれないくらいの星が宇宙には存在します。

我々の太陽系、そして地球はそんな数えきれない星の中の1つにしか過ぎません。

果たしてそのような宇宙で生命が存在する星は、地球だけだと言い切れるでしょうか?
宇宙を研究している科学者たちは決してそうは思っておらず、「必ず地球外生命体」は存在すると考えています。

本格的に始まる地球外生命体探し

今、アメリカの非営利組織・SETI研究所が太陽系外の恒星系に望遠鏡を向け、本格的に地球外生命体の探査を行っています。

このような探査はこれまでも行われてきて、その対象となっていたのが太陽のような黄色矮星など。
つまり、太陽と似たような星なら、生命を保持し、あわよくば人類のような文明を持つ惑星があるかも知れない。

しかし、今のところそのような惑星は発見されておらず、地球外生命探査が難航している状態でした。

そんなことも踏まえてか、今度は太陽より温度の低い恒星・赤色矮星に目を向け始めたようです。

ちなみに、この赤色矮星の探査を行うのはアメリカ・カリフォルニア州にある巨大な天体観測施設「アレン・テレスコープ・アレイ」を使うとの事です。


「画像参照:ウィキペディア

地球外生命体探査のターゲットが赤色矮星である理由

恒星は表面温度の高さで分類されてもおり、太陽のような表面温度(6,000度位)だと黄色く見えることから黄色矮星と呼ばれていて、太陽よりさらに大きさや質量が小さい恒星は表面温度も低いため赤く見え、赤色矮星と呼ばれています。


「画像参照:ウィキペディア

では、何故太陽に似た恒星ではなく、温度も質量も小規模な赤色矮星に目を向けるのか?
その理由は、赤色矮星が長寿命で安定して活動している恒星だからです。

寿命の長い恒星だと、生命生息可能な惑星やその衛星などに進化を促し、熟成される期間が出来る。
例えば、地球に生命が誕生するまで40億年近くかかっています。

つまり、太陽より寿命の長い赤色矮星だとそれ以上に長い時間をかけて生命の進化が出来る環境が整っている可能性があり、そこには生命体が存在する可能性があるかも知れないという事です。

また、地球外惑星探査を行ったケプラー望遠鏡の観測データから、赤色矮星の2~6個にひとつは生命生存可能エリア(ハビタブルゾーン)内に惑星が存在することが判明していることも理由の1つのようです。

Sponsored Link


これまで赤色矮星が探査されなかった理由

これまで地球外生命体の探査には赤色矮星は目を向けられてきませんでした。
その理由は、太陽より質量の小さい恒星が生命生存に向かないとされてきたからです。

何故なら、その根拠はいくつかあり、

  • 赤色矮星は太陽の10%ほどの光度しかなく、生命生存のエネルギーが不足している。
  • 生命生存が可能だったとしても、ハビタブルゾーンが恒星と惑星、もしくは衛星の距離が近過ぎるため、太陽フレアなどの恒星の有害な影響を受けやすい。
  • 恒星と惑星の距離が近いと、地球と月の関係のように自転と公転の同期現象が起きやすく、そのような場合だと、惑星の半面が常にに太陽(恒星)側を向いていれば灼熱地獄になり、逆の半面は常に真っ暗で極寒地獄となる可能性がある。

このような要因から赤色矮星は生命が存在する可能性が低いと考えられてきました。

もし赤色矮星に生命の存在が確認できたら

赤色矮星は光度が低いため、非常に探査が困難な星です。
我々が普段見ている星空のほとんどが太陽以上に温度が高い星ばかり。
赤色矮星のような温度の低い星を肉眼で見ることは難しく、最先端の望遠鏡でも困難を極めることが予想されます。

そんな困難な恒星から惑星を探し出し、そして生命存在の痕跡をみつけるということは至難の業とも言えるでしょう。

それでもSETI研究所は、約2年間で2万個の赤色矮星を調査すると発表していますので、
それほど真剣で生命が存在する可能性に期待をしているということになります。

また、赤色矮星は太陽より寿命の長い恒星です。
そうなれば、もしその星に生命がいたとしたら、進化がかなり進んでいる可能性もあり、人類よりさらに進んだ文明を持つ異星人もいるかも知れません。

ただ、そのような異星人が居たとしたら電波など、地球に何らかのメッセージを送ってくることも考えられますが、今のところそのような形跡も見つかっていないということですので、少なくとも太陽系の近くには知的生命体のある星はないのでは?と思われます。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ