Sponsored Link

オーロラが見れる人気エリアでの神秘の天体ショーを疑似体験

神秘的で夜空を彩る光の芸術とも称されるオーロラを、「一度は見てみたい。」と憧れる人は多いかと思います。

しかし、オーロラってそう簡単に見れるワケではなく、
天気や宇宙の気象など、様々な条件が揃わないと見る事が出来ない、非常にレアな自然現象であり天体ショーでもあります。

そんなオーロラを日本で見るには難しく、やはり海外、それも高緯度な地域に行って観測するしかありません。

でも、オーロラを直接見ることは出来なくても、今の時代はインターネットで自由にいろんなオーロラを見る事が出来ます。

ここでは、そんなオーロラ鑑賞疑似体験が出来るサービスと、極めてレアなオーロラもご紹介したいと思います。

オーロラの原理を知っておこう

オーロラは、太陽からやって来る太陽風という高密度荷電粒子(プラズマ粒子)によって引き起こされる天文現象のひとつです。


「画像参照:Wikipedia」

太陽風は生物にとっては有害な放射線であり、
人類文明にとっても電子機器やインフラに障害を与える危険な存在なのですが、

幸いなことに、地球にはこの太陽風からシールドのように守ってくれる磁場が存在します。

この磁場は、地球の両極(北極・南極)から発生して、
磁気圏となり地球全体を覆っているのですが、

発生源である両極では、高層大気とプラズマ粒子とが衝突してしまい、
それによる発光現象が地上から100~500キロの高さで発生します。



その地球の大気と太陽のプラズマ粒子の衝突による放電・発光現象がオーロラです。

オーロラの種類

鮮やかでカラフルなオーロラは、赤や緑、ピンクなどの色で輝いています。

その色はどういった原理で発行するのか?
それは、プラズマ粒子が衝突する大気層の成分の違いで色が変化して来ます。

例えば、
高度100キロ以下なら大気成分に窒素が多く含まれているためピンク色に発光します。
高度100キロ以上なら酸素に反応し緑色。
さらに高度が上がり200キロ以上になると赤色に発光します。

Sponsored Link


紫色に光る珍しいオーロラ

通常、オーロラは緑や赤といった色で光ります。

しかし、最近になって紫色で光る非常に珍しいオーロラが確認され話題になっています。


「動画参照:The Aurora Named STEVE

この紫色に光るオーロラは「Strong Thermal Emission Velocity Enhancement」。
略称で「STEVE」と名付けられ、

発生するメカニズムは、加速して高温に熱せられたプラズマ粒子が、地球の電離層に衝突することによって作用し発光しているらしいとの事です。

自宅で楽しめるインターネット版オーロラ鑑賞

オーロラを見たくても、北欧やアラスカ、カナダなど遠くて寒い地域に行かないといけないし、そもそも行ったとしてもオーロラを見れる保証もない。

といった理由からか?
実際にオーロラを見た事があるって人はそれほど多くなく、
オーロラ見る事こそが貴重な体験になっています。

そんな貴重な体験であるオーロラ鑑賞をインターネットを使えば、
自宅で簡単に見る事が出来るサービスがあります。

それがコレ!

「動画参照:YouTube (プライバシー ポリシー)

画面左上のコントローラーを操作すれば、見たい方角360度の視野でオーロラ観測を疑似体験出来ます。

ちなみにこの映像は、アラスカ・フェアバンクスで撮影されたモノらしいです。

それでも直接オーロラ見たい方へ

当たり前ですが、ネットでオーロラ見ても、やはり本物には到底勝てません。

では、実際にオーロラが見える地域へ行って本物を堪能したい!

そう考えている方は、人気エリアはある程度限定されていますので、
時期や旅費等を考慮して、出掛けてみるのも良いのではないでしょうか?!

オーロラは、太陽からのプラズマ粒子が大気と反応するオーロラ・オーバル(もしくはオーロラ・ベルト)に位置する高緯度地域に名所が点在しています。


「画像参照:オーロラウォッチングガイド」

この中で、日本人観光客に人気のあるのは、距離的にも近い、アラスカのフェアバンクスやカナダのイエローナイフなどです。

なお、南半球にもオーロラ・オーバルはありますが、
その部分は海、もしくは南極大陸に該当するため、
実質的にオーロラが観測出来るのは北半球に限定されるようです。

オーロラ観測ツアーは天気と発生タイミングが重要

オーロラは季節に関係なく一年中見る事は出来ます。

しかし、一年中とは言っても時期的なタイミングはあります。

例えば、夏場だと高緯度地域は昼の時間が長くなるので観測には不向きかも!?

さらには、日照時間や天気だけではなく、太陽の活動期を狙って出かけないとオーロラが発生してくれない場合があります。

太陽活動が活発な時期は、太陽表面に黒点が多い時。

黒点情報は「SWC宇宙天気情報センター」で知る事が出来ます。

また、もっとお手軽なのはオーロラ発生予報サイトを利用する事。

そんなサイトで信頼性が高いのが、アメリカの宇宙予報センターSWPAC(Space Weather Prediction Center)からの情報を活用している「Aurora Forecast.」というサイトです。

Activity Image
「Aurora Forecast.」は30分単位でオーロラ発生予報が発信されており、
現地に行ったときに非常に重宝する情報になるとの事です。

なお、これにはスマホアプリもあり、iPhoneやiPadで利用する事が出来ます。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 この記事の内容にご満足いただけましたら
 ↓↓をクリックして下されば幸いです。
にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
「にほんブログ村」
Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ