Sponsored Link

ケプラー宇宙望遠鏡の地球型惑星発見で得た生命存在の期待度と証拠

「地球型惑星」つまり、惑星表面に陸地や海が存在し、恒星(太陽)との距離が丁度良い軌道を公転する惑星の事です。

近年、この地球型惑星の探査が本格的に行われています。
中でも2009年にアメリカ航空宇宙局(NASA)が打ち上げた「ケプラー宇宙望遠鏡」による探査の成果は目覚ましく、かなりの数の地球に良く似た惑星が発見されています。

となると、あとはこれらの星に生物が生息しているのか?が気になるところですが、果たして人類初の地球外生命がいると確証は得られる事が来るのでしょうか?



ケプラー宇宙望遠鏡の目的と成果

ケプラー宇宙望遠鏡は、太陽に良く似た恒星系を探し、そこに地球に似た惑星が存在しないかを探すために、地球の大気圏外に設置された宇宙望遠鏡です。

この宇宙望遠鏡における数年間の探査で約15万個の恒星系を観測し、惑星を発見したのは約1,000個。
うち地球に似た惑星は50個以上と、かなりの確率で太陽系外には地球に似た惑星が存在することが明らかになりました。

本来ケプラー宇宙望遠鏡の運用期間は3年半でしたが、期待以上の成果を出したということもあり運用を延長、さらなる太陽系外惑星の探査を行っています。

Sponsored Link


地球型惑星は意外と多く存在する

ケプラー宇宙望遠鏡の観測により、太陽に似た代謝を持つ恒星500億個のうち、実に20%以上が地球に似た惑星を持っていると判明。
つまり、大きな確率で宇宙には地球外生命体が存在しうるという分析も出来るということのようです。

そしてさらには、人類のような文明が発達した知的生命体(異星人)もいるのではとの期待も出来るとの事。

ちなみに、我々の太陽系が所属する天の川銀河には2,000億個以上の恒星が存在すると言われていますが、そのうちの約500億個は太陽に似た恒星であり、さらにその2割の恒星には地球型惑星を保有するのでは?と考えられています。

その考えが正しいということになると、銀河は意外と多く生命が存在していることも考える事が出来るのかも知れません。

「動画参照:YouTube (プライバシー ポリシー)

NASAも手応えを確信する地球外生命体の発見

ケプラー宇宙望遠鏡の成果により、NASAも地球外生命体の発見に向け大きく前進しているようです。

事実、2015年に行われたNASAの討論会で「10年以内には地球外生命体の有力な兆候を掴める可能性が高い。」
さらには「20~30年以内には地球外生命体確実な証拠が得られる。」との自信ものぞかせています。

こうなると「地球外生命体確実な証拠」とは、異星人との接触か?とも思わせるのですが、そうではなく微生物などの原始的生命体の証拠が見つかるということであって、地球に良く似た惑星が存在しても、必ずしもそこが生命に満ち溢れた星では無い事を示唆しています。

文明を持つ惑星は存在するのか?

地球型惑星に生命が存在する可能性はありますが、そこに人類のような高度な文明を持つ異星人がいる可能性は低いと考えられています。

では、地球以外に文明を持つ生命は存在しないのか?
事実、地球に人類という知的生命体が存在している以上、広い宇宙に他に知的生命体がいないとは考えにくいでしょう。

では、地球型惑星に文明を持つ惑星の条件とは何なのか?

基本的な条件は、その星のある環境が穏やかである事であり、周りに生命生存に危険のある天体がないこと。例えば巨大な恒星が隣接していて超新星爆発を起こしたりしていない事が大きな要因となってきます。

このような環境があると、そこに生まれた生命は地球のように何十年も存続し進化も促進して行きます。
そしてさらに我々の太陽以上に寿命の長い恒星だと、うまく進化が進めば人類以上の科学文明を持つ異星人が居る可能性もあります。

となると、SF映画のような世界が現実になっている可能性もあるかもしれないという事。
しかし、実際、そのような進化した文明があったとしても我々人類はその存在を知ることも出来ないし、お互いの接触もありません。

本当に高度な文明があったとしても、お互いがコンタクトを取るには宇宙はあまりにも広過ぎます。
そのため我々人類が出来ることは、遠い星々を望遠鏡で眺めてロマンを募らせることぐらいではないでしょうか。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ