Sponsored Link

太陽系外惑星で生命存在の確率が高い星を発見する方法とは?

人類が、はじめて太陽系の外に惑星を発見したのは1992年、つい最近の事です。

それ以降、人類は本格的に太陽系外惑星探査に乗り出し、現在では数千個もの惑星が太陽系の外に発見されています。

しかし、光の速さでも何年もかかる、あまりにも遠い場所にある惑星を発見しても、そこに生命が存在しているか?まではとても確認が出来ないのが現状です。
つまり、今の段階では、遥か遠い惑星に生命がいることを想像し、思いを馳せるしか出来ません。

そんな中、発見された太陽系外惑星に生命が存在するかどうか?を分析する方法が見つかったとのニュースが!
それはいったい、どんな方法なのでしょうか?

はじめて発見された太陽系外惑星

人類がはじめて太陽系外に惑星を発見したのは1992年。

太陽系から約980光年離れた場所にあるパルサーを観測していたところ、このパルサーの周りを公転する星を2個発見。
これが人類初の太陽系外惑星発見例だと言われています。

ちなみにパルサーとは、強力なX線や可視光線、および電波などを発する天体のことで、超新星爆発を起こした恒星の末路がこの天体になると考えられており、その正体は、超新星爆発の重力崩壊で残った中性子の塊、中性子星だと言われています。


「画像参照:パルサーを公転する惑星の想像図(Wikipediaより)

なお、人類がはじめて発見したこの惑星。
超新星爆発の残骸であるパルサーを公転する惑星であるため、この惑星に生命が存在する事は、常識的には考えられないでしょう!?

太陽系外惑星発見に大きく貢献する宇宙望遠鏡

本格的な太陽系外惑星探査に乗り出した人類。
2009年には、太陽系外惑星探査目的で、ケプラー宇宙望遠鏡を打ち上げ運用開始。


「画像参照:ケプラー宇宙望遠鏡(Wikipediaより)

運用開始から約3年間で4,000個以上の系外惑星を発見し、大きな結果を残しているケプラー宇宙望遠鏡。しかし、その中で生命存在が期待できそうな地球に似た岩石惑星は、わずか数十個に過ぎません。

さらなる系外惑星発見に期待!ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡

ケプラー宇宙望遠鏡は、太陽系外惑星発見に大きく貢献してくれましたが、この望遠鏡の視野は狭く、はくちょう座の一部の方向を向いて観測を行い、観測距離も最長で3,000光年ほど。

それでも4,000個以上の惑星を発見出来たということは、宇宙にはいかに惑星が多く存在するか?を物語っています。

そんなケプラー宇宙望遠鏡に代わって、新たに打ち上げるのがジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡。

運用開始は2018年以降のこの宇宙望遠鏡は、ケプラー宇宙望遠鏡だけでなく、老朽化が進むハッブル宇宙望遠鏡の後継機としても開発されて来ました。

つまり、太陽系外惑星探査だけでなく、広範囲に渡る宇宙の謎にも観測の目を向ける。
そんな意味でもオールマイティな次世代型宇宙望遠鏡として期待されています。

ちなみに、このジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡は、地球の衛星軌道上に投入されるのではなく、地球から150万キロ離れた太陽周回軌道上に投入され、地球からの電波障害や太陽光の影響を受けにくく、より鮮明に深宇宙が観測出来る軌道上に設置されます。

「動画参照:YouTube (プライバシー ポリシー)

発見された系外惑星に生命存在を確認する方法とは?

太陽系外惑星を発見した場合、そこに生命がいる可能性があるか?どうかは、おおまかに以下の方法で推測します。

  • 母天体が、太陽に似たスペクトル型を持つ恒星かどうか?
    (太陽のスペクトル型はG型)
  • 地球と同じ岩石惑星であるかどうか?
  • 母天体と惑星の距離関係が、生命居住可能領域(ハビタブルゾーン)に位置するかどうか?

もちろん、これだけの判断材料では、その惑星に生命がいるかどうかは判別できませんが、イギリスの天文研究チームが、観測データからわずか数秒で、その星に生命がいるかどうかを判別できるAIを開発し、話題になっています。

そのAIの名前は「RobERt」(ロバート)。

「RobERt」は、その惑星から反射される光によって、大気成分を分析し、生命が存在し得る波長を持つ惑星を瞬時に選別することが出来るらしいのです。

現在発見されている系外惑星もそうですが、今後、ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡の活躍などで、さらに多くの系外惑星の発見が期待されます。

「RobERt」が持つ能力は、その惑星に生命がいると断言できるモノではありませんが、これにより調査対象の惑星を絞り込むことが出来る。そうすることで、より詳細なデータを分析し、生命発見に近づける大きな判断材料になり得ることになります。

今後、「RobERt」の活躍よって、地球に似た大気成分を持つ惑星が見つかったら、将来人類が移住出来る星の選定、さらには、人類と同じような文明を持つ知的生命体と、コンタクトを持てる日が来るかも知れません。

Sponsored Link

One Response to “太陽系外惑星で生命存在の確率が高い星を発見する方法とは?”

  1. 主任 より:

    惑星に反射した光を観測ってすごいですね。
    自分ならまっさきにグリーゼ581gやウルフ1061cに大気があるのか知りたいです。

    ただジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡は運用コストが莫大な上に設計寿命が5年とかなり短いので、運用開始にはまだ色々問題があるようですが…

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ