Sponsored Link

月の裏側が見えない理由と探査機かぐや撮影の映像や写真からの秘密

身近な天体として思い浮かべるのが、地球の衛星である月ではないでしょうか?
そんな月の模様を日本では昔から「うさぎが餅を突いている」ように見えると言っています。

つまり月は常に同じ面を見せながら地球の周りを周っていることになるのですが、それはいったい何故なのか?そして知らぜざる月の裏側はどうなっているのか?
最新の月周回衛星「がくや」が撮影した画像をから確認してみたいと思います。



月の裏側が見えない理由

月が地球に同じ面を見せているということは、もしかしたら月は自転していないのか?と思ってしまうかも知れませんが、そんなことはなく月はちゃんと自転しています。

月の裏側が見えない理由は、簡単に言うと月の公転と自転スピードが同じだからです。

月の公転周期と自転周期はまったく同じの27日7時間43.193分。
つまり月が3分の1回転地球を公転すると、自転も3分の1回転する。
半回転公転すると自転も半回転する。このようにまったく同期しているため月は常に地球に対し同じ面を向けていることになります。

参考サイト:【月の自転と公転の同期】

Sponsored Link


月の裏側はどうなっている?

地球からは絶対に見ることが出来ない月の裏側。
そのため、月の裏側はどうなっているのか様々な想像をかき立て、宇宙人の基地や古代人の遺跡などが存在するなどの都市伝説もあったり、ある意味ロマンがあるのかも知れませんが、実際は表側同様、荒涼とした何も無いまったくの灰色の世界です。
ただ、月の表側と裏側が違うところは、表側は”海”と呼ばれるくぼ地が多数存在するのに対し、裏側はクレーターが多く存在するゴツゴツとした大地の広がる世界の大きな違いがあります。



月周回衛星「かぐや」の性能

月周回衛星「かぐや」は日本初の大型月探査機として2007年に打ち上げされました。

この「かぐや」には高性能のハイビジョンカメラが搭載されており、月面上空100キロの高度から鮮明な画像を多数送ってくれており、これまで調べられなかった月の表面の地形や鉱物組成、地下構造、重力場などを探査し、約2年間の役目を終え、現在は月面に落下させています。

「かぐやによる月の裏側映像」

「動画参照:YouTube (プライバシー ポリシー)

月の表側と裏側の違い

月の表側には”海”と呼ばれる暗い部分が多く見られますが、裏側はクレーターだらけでほとんど”海”が見当たりません。
つまり、月の表と裏ではまったく表情が違うワケで、裏側の状態が確認出来るようになってから謎とされて来ました。

この事は、現在も理由が明らかになっていませんが、仮説によると太古の昔、月の表側に巨大な天体が衝突したことで、元々あったクレーターを吹き飛ばしたことで、平坦な”海”が出来たのではないか?と考えられています。

Sponsored Link

3 Responses to “月の裏側が見えない理由と探査機かぐや撮影の映像や写真からの秘密”

  1. 通りすがり より:

    初めまして。
    月の裏側、面白いですね。

    でも私には、月の表と裏では無くて、地球から見えている面が回転半径の内側で、裏と呼ばれている面は回転半径の外側と言って貰えた方が何かしっくり来る気がします。
    内側の面は綺麗で外側はデコボコしている。
    たぶん外側のほうが隕石の衝突を受け易いのではないでしょうか。
    などと素人考えを述べさせて頂きました。
    では、失礼致しました。

  2. 黒吉 より:

    この[かぐや]の画像は、本物ですね。
    知的生命体が、いくつか映っていますね。
    ほとんどが擬態していますが、中には少し全体を表しているのもあります。たぶん この時点では、月の知的生命体が、どんな物なのか判断出来ず、みんな錯覚とか見逃しで放置しているんです。

  3. 星野 illudion より:

    何故,月の公転と自転が一致する理由を説明しないで皆さんは納得するのでしょうか? 現状を正確に観測してその値が一致しているから,裏側が見えない事の真の理由ではありません.原因が有って結果があるのです.
     地球と月は共通重心の廻りを互いに引かれながら巡っており,その共通重心も太陽を片側焦点として楕円軌道を描いてうケプラー運動をしています.此処で月が偏芯していると仮定すると,密度が大きい側を内側として安定して回転します.これが月が表面を常に地球に向けるメカニズムです.
     問題は何故密度差が形成されたかですが,マルチインパクト仮説では,月サイズのマントルだけのCERRA断裂片が地球軌道と交差しており,地球に衝突する速度と角度が理論計算で12.4km/sと36.5度と示されている.射出される月の軌道エネルギーも60×Re(≒6400km)と現状の月軌道と一致している.ちなみにジャイアントインパクト説もマルチプルインパクト説も仮説と云っていないのにその値は3×Reしか計算されずに,現実の月の軌道エネルギーとの差の57×Reは何処から加速できるのか.地球の静止衛星は時間がたつと制止せずに潮汐力で加速して月軌道まで届くのでしょうか? (笑い) 
     処で,マルチインパクト仮説ではマントル断裂片の衝突によりニュートンの揺り篭の様に地球のマントルが削られて射出する為に,地球マントルは中心側の方が高密度であり,溶融して球形には成るが偏芯した月が形成される.
    他の二つの説では均質な月しか形成できない.つまり,仮説と云っていい二つの説は,エネルギー不足だけでなく月が偏芯していて常に地球を表側を向いている根拠も示せない.まして,地球の深海洋底 (地球表面積の七割・平均深さ6km/地球半径6400km)の起源や小惑星帯の起源も示せない.木星第赤斑の起源もプレートテクトニスの起源なんてトンデモナイ別の仮説が必要です.マントルだけの月を形成すだけの計算凄いだろうダケです.(大笑い).
     貴方はどれを信じますか? それとも別の新仮説を提案?

    以上 種子 彰  拝 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ