Sponsored Link

太陽系外縁天体は環を持つ天体が意外と多い?期待と可能性

環(リング)を持つ天体と聞くと、誰もが思いつくのが土星。

しかし、太陽系には環を持つ天体は土星だけでなく、他にもいくつも天体が存在が確認されており、もしかしたら意外と多いのでは?という推測もあるようです。

そんな推測がある中で発見されたのは、準惑星として初めて環が確認された太陽系外縁天体ハウメア。

今回は、この準惑星・ハウメアの情報を中心に環を持つ天体について調べてみたいと思います。

環(リング)を持つ惑星

巨大な環を持つことで知られている太陽系の第六惑星・土星。


「画像参照:Wikipedia」

土星の環は、視覚的にもハッキリと見えて、それでいて美しい。
それ故に、この環は誰もが知っているほど有名なモノです。

環の成分は小さな塵や氷等が大半で、大きいものでも10メートルほどの粒子で形成されています。

しかし、環を持つ天体は土星だけ!と思っている人も多いようで、土星ほど見事な環ではありませんが、木星・天王星・海王星の大型惑星は、環を持っていることが判明しています。


「画像参照:(左)木星と環、(中央)天王星と環、(右)海王星と環(Wikipediaより)」

これらの惑星の環は、肉眼ではほとんど確認できないほど希薄のため、あまり知られていないのが現状です。

環(リング)を持つ天体は巨大惑星だけではなかった事実

これまで、土星や木星といった、巨大な重力を持つ惑星にのみに環は存在すると考えられて来ましたが、近年の観測技術の進歩により、小惑星や準惑星にも環を持つ天体が存在することが確認されています。

そんな小天体として初めて環が発見されたのが、土星と天王星の間の軌道にある、いわゆるケンタウルス族に属する「カリクロー」。

カリクローは直径が300キロにも持たない小惑星で、周囲を主に氷で構成された環が取り巻いていることが2001年に確認されています。


「画像参照:氷の環が取り巻く小惑星・カリクローの想像図(Wikipediaより)」

次に環を持つ小天体ではないか?と考えられているのが、これもケンタウルス族に属する小惑星「キロン」。

キロンは直径が170キロほどで、彗星と小惑星の特徴を併せ持つ天体だとされています。

ただ、キロンは彗星の特徴を特徴を持つ天体だけに、ガスや塵のジェットが噴出している可能性もあり、それが環のように見えているのかも知れないという推測もあり、現時点(2017年)ではそれがキロンの環であるとは確定はしていないようです。

Sponsored Link


準惑星で初めて環(リング)が発見された「ハウメア」

準惑星「ハウメア」は、2003年に発見された冥王星軌道に近い軌道を公転するエッジワース・カイパーベル天体の一つです。

ハウメアの形状は卵形をしていて、直径が2,000キロ弱、衛星も2つ従えていることが分かっています。

この天体が持つ環は、天体の破片を思われる小さな岩石や氷から出来ていると考えられており、その環の幅は70キロほどもあることが判明しています。


「画像参照:準惑星「ハウメア」と環の想像図((c)AFP/NATURE PUBLISHING GROUP-IAA-CSIC/UHU)」

環(リング)を持つ天体は意外に多い可能性

土星や木星等のように、巨大な重力を持つ天体なら分かりますが、準惑星や小惑星など、重力が小さな天体でさえも環を持つ事実が判明した以上、太陽系の天体には意外と多くの環を持つ星が存在するのでは?という予想が出てきています。

さらに、環が発見された天体は太陽系外縁部に属しており、環を持つ天体の条件がそこにはあるのではないか?という調査目的も、今後の探査対象に挙がって来るのでは?ともされています。

まだほどんど調査がされていない太陽系外縁部。

冥王星探査で大成功をおさめた探査機ニューホライズンズも、さらに深部の太陽系外縁部探査を行っています。

また、そこには太陽系第9番惑星の発見も期待されていますので、もし9番目の惑星が存在したとしたら、環が存在する可能性も大きく、そこにはどんな美しい環があるのか?も気になるところです。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ